進学塾 
スクール21県立御三家合格専門教室  
北浦和校

  • 〒330-0074
  • 埼玉県さいたま市浦和区北浦和3-2-2(2F)
  • 048-789-7521
進学塾 
スクール21県立御三家合格専門教室  
北浦和校

アクセス

塾生(過去在籍含む)の通う主な学校

中学校
小学校

設置コース時間割・テスト対策日程

合格実績・教室通信・その他

お申し込みの流れ / 割引情報

最新ニュース

塾生の皆様へ

2022.06.28

みんなの願いをこめて!イラスト大募集!

日曜日に決死の覚悟で山に笹を取りに行って(笑、当然ウソです)、昨日から受付周辺に飾った七夕ツリー。みんな意外と気付かない。。笑 うーん。。

 

 

でね、本当は今日七夕ツリーを豪華にしようと思っていたのですが、やることが山積。。飾りつけの続きは明日以降にします。みんなごめんね。。でも昨日から夏イベント第1弾!「みんなの願いをこめて!イラスト大募集!」を開始しました! とりあえず応募台紙を2枚ずつみんなに配布。自由にイラストや絵を描いてもらいます。

 

七夕イベント_embed

 

提出締切は七夕の前日7月6日(水)。あまり余裕がありません、締切厳守!笑 提出してもらった作品から宇津木の独断で、最優秀作品1名、優秀作品を2名選びます! そして表彰者の3人には豪華賞品(?)をプレゼントします。また参加賞もありますので、ドシドシ応募してね。あと近日中に、正式な七夕短冊を渡して、みんなそれぞれ書いてもらいますね。みんなの願いなので、勉強以外のお願いでもOK牧場! さてどんな短冊ができあがるか楽しみです(笑)

日曜日に決死の覚悟で山に笹を取りに行って(笑、当然ウソです)、昨日から受付周辺に飾った七夕ツリー。みんな意外と気付かない。。笑 うーん。。

 

 

でね、本当は今日七夕ツリーを豪華にしようと思っていたのですが、やることが山積。。飾りつけの続きは明日以降にします。みんなごめんね。。でも昨日から夏イベント第1弾!「みんなの願いをこめて!イラスト大募集!」を開始しました! とりあえず応募台紙を2枚ずつみんなに配布。自由にイラストや絵を描いてもらいます。

 

七夕イベント_embed

 

提出締切は七夕の前日7月6日(水)。あまり余裕がありません、締切厳守!笑 提出してもらった作品から宇津木の独断で、最優秀作品1名、優秀作品を2名選びます! そして表彰者の3人には豪華賞品(?)をプレゼントします。また参加賞もありますので、ドシドシ応募してね。あと近日中に、正式な七夕短冊を渡して、みんなそれぞれ書いてもらいますね。みんなの願いなので、勉強以外のお願いでもOK牧場! さてどんな短冊ができあがるか楽しみです(笑)

塾生の皆様へ

2022.06.27

夏イベント第1弾! 七夕イベント!

↓下の「教室を写真で紹介」のところに写真を2枚アップしました~詳しいことは明日!笑

↓下の「教室を写真で紹介」のところに写真を2枚アップしました~詳しいことは明日!笑

塾生の皆様へ

2022.06.27

1学期期末テスト実施週間、2週目に入りました~

今週中1~中3の皆さんは、早くも1学期期末テスト実施週間の2週目に入りました。明日から期末がある中学は与野南中、大宮南中、市立浦和中、そしてあさって水曜からは川口戸塚中。そして来週月曜・火曜で常盤中の皆さんとテストが続きます。頑張れ~

また期末テストが終わるといよいよ中3の皆さんは、北辰第3回です。ここからが本当の勝負です。よろしいですね。ガーンと取るんですよ、ガーンと。狙いは押さえの私立の特待です。この7月と9月でキッチリ決めてください。そして夏期講習で総復習をし、5教科それぞれの弱点を徹底補強&ワンランク上の数学問題への対応力をつけ、9月からは本格的な県立対策に入ります。本格的な記述問題対策、英語、数学の学校選択型問題への対応。皆さんが取り組むべき課題は山ほどあります。そのひとつひとつを丁寧に、そして確実にこなしていきましょう。

さて今日の宇津木の授業は中3社会。先週与野南中の皆さんに確認したところ、テスト前日でも全員出席するとのこと。エライ!笑 ちょうど戦後の歴史の残りと総復習をやります。社会の期末は水曜日。今日で完璧にしようなー

そういえば先週水曜日の中1数学でも、本太中、木崎中のテスト前日のおふたりはちゃんと授業に参加してくれていました。エライぞ~笑 ホント、皆さんしっかり頑張ってくれています! 目指せ!目標突破! 1学期期末テスト目標点!&目標順位!

今週中1~中3の皆さんは、早くも1学期期末テスト実施週間の2週目に入りました。明日から期末がある中学は与野南中、大宮南中、市立浦和中、そしてあさって水曜からは川口戸塚中。そして来週月曜・火曜で常盤中の皆さんとテストが続きます。頑張れ~

また期末テストが終わるといよいよ中3の皆さんは、北辰第3回です。ここからが本当の勝負です。よろしいですね。ガーンと取るんですよ、ガーンと。狙いは押さえの私立の特待です。この7月と9月でキッチリ決めてください。そして夏期講習で総復習をし、5教科それぞれの弱点を徹底補強&ワンランク上の数学問題への対応力をつけ、9月からは本格的な県立対策に入ります。本格的な記述問題対策、英語、数学の学校選択型問題への対応。皆さんが取り組むべき課題は山ほどあります。そのひとつひとつを丁寧に、そして確実にこなしていきましょう。

さて今日の宇津木の授業は中3社会。先週与野南中の皆さんに確認したところ、テスト前日でも全員出席するとのこと。エライ!笑 ちょうど戦後の歴史の残りと総復習をやります。社会の期末は水曜日。今日で完璧にしようなー

そういえば先週水曜日の中1数学でも、本太中、木崎中のテスト前日のおふたりはちゃんと授業に参加してくれていました。エライぞ~笑 ホント、皆さんしっかり頑張ってくれています! 目指せ!目標突破! 1学期期末テスト目標点!&目標順位!

各種説明会

2022.06.27

最新入試状況説明会 + 入塾説明会

いよいよ今週末から夏期向けの説明会が始まります。参加ご希望の皆様は座席数に限りがございますので、お早目にお申し込みください。すでに7月入塾を含む夏期入塾および夏期講習の申し込みは始まっております。全学年ともかなり学校より授業が先行しておりますので、まず選抜テストをご受験いただいた上で、体験入塾および進度調整の補習等のご相談をさせてください。ちなみに中2・中3の皆様は直近の北辰会場テストのデーターをお持ちいただくことで、選抜テスト受験の代わりにすることも可能です。それではたくさんの皆様のお申し込みをお待ちしております。

 

最新入試状況説明会+入塾・夏期講習説明会

「この夏どうすれば県立御三家に合格できるか」

●県立御三家合格専門教室北浦和校の指導方針と指導システム
●2022年度埼玉県公立入試・最新入試状況 ●入塾および夏期講習受講に関するご案内

オンラインでも参加可能です!
(実施日の3日前までにお申込みください)

第1回 7月2日(土)15:00~16:20 定員12組

第2回 7月9日(土)15:00~16:20 定員12組

第3回 7月16日(土)15:00~16:20 定員12組

①感染症防止対策のため、連絡先が確認可能な事前の予約の方のみの参加とさせていただいております。(ご予約のない方は、当日お越しいただいても参加できません。)

②人数制限があり、1家族2名まで(大人1名・子供1名)の参加とさせていただいております。

③当日はご家庭で検温を実施し、平熱であることをご確認ください。また風邪症状のある場合は、参加をご遠慮ください。

④当日は会場入り口で検温を実施いたします。またマスクの着用をお願いします。

●オンラインでも参加可能です(実施日の3日前までにお申し込みください)

説明会終了後は、以下の時間帯で選抜テストを実施します。

選抜テスト(兼入塾テスト)

(時間帯)
小5・小6→16:30~18:00(算国各40分、途中休憩あり)
中1・中2→16:30~18:50(国数英各40分、途中休憩あり)
中3→16:30~19:20(国数英各50分、途中休憩あり)

※お電話にてご予約ください(テスト費用は無料です)。
※他の曜日・時間をご希望の場合は教室までご相談ください。

ご予約・お問い合わせは
048-789-7521
電話受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)
※14:00まではスクール21本部事務局に転送となります。

いよいよ今週末から夏期向けの説明会が始まります。参加ご希望の皆様は座席数に限りがございますので、お早目にお申し込みください。すでに7月入塾を含む夏期入塾および夏期講習の申し込みは始まっております。全学年ともかなり学校より授業が先行しておりますので、まず選抜テストをご受験いただいた上で、体験入塾および進度調整の補習等のご相談をさせてください。ちなみに中2・中3の皆様は直近の北辰会場テストのデーターをお持ちいただくことで、選抜テスト受験の代わりにすることも可能です。それではたくさんの皆様のお申し込みをお待ちしております。

 

最新入試状況説明会+入塾・夏期講習説明会

「この夏どうすれば県立御三家に合格できるか」

●県立御三家合格専門教室北浦和校の指導方針と指導システム
●2022年度埼玉県公立入試・最新入試状況 ●入塾および夏期講習受講に関するご案内

オンラインでも参加可能です!
(実施日の3日前までにお申込みください)

第1回 7月2日(土)15:00~16:20 定員12組

第2回 7月9日(土)15:00~16:20 定員12組

第3回 7月16日(土)15:00~16:20 定員12組

①感染症防止対策のため、連絡先が確認可能な事前の予約の方のみの参加とさせていただいております。(ご予約のない方は、当日お越しいただいても参加できません。)

②人数制限があり、1家族2名まで(大人1名・子供1名)の参加とさせていただいております。

③当日はご家庭で検温を実施し、平熱であることをご確認ください。また風邪症状のある場合は、参加をご遠慮ください。

④当日は会場入り口で検温を実施いたします。またマスクの着用をお願いします。

●オンラインでも参加可能です(実施日の3日前までにお申し込みください)

説明会終了後は、以下の時間帯で選抜テストを実施します。

選抜テスト(兼入塾テスト)

(時間帯)
小5・小6→16:30~18:00(算国各40分、途中休憩あり)
中1・中2→16:30~18:50(国数英各40分、途中休憩あり)
中3→16:30~19:20(国数英各50分、途中休憩あり)

※お電話にてご予約ください(テスト費用は無料です)。
※他の曜日・時間をご希望の場合は教室までご相談ください。

ご予約・お問い合わせは
048-789-7521
電話受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)
※14:00まではスクール21本部事務局に転送となります。

塾生の皆様へ

2022.06.26

冷蔵庫

今日は教室クローズしてます。だって山にあるモノを取りに行かないといけないからね(笑)。自習希望のみんなごめんね~来週7月2日(日)からはずっと教室開いてます! 自習したい子、待ってます!

さて今度講師室(2階のいちばん奥の先生方の控え室です)に冷蔵庫を置くことにしました。うん?冷蔵庫? そうです。冷蔵庫です(笑) 高校生は喜ぶだろうな~(笑) だって飲み物も冷やしておけるし、氷も作っておける。もう塾に住みついちゃう子が出るかも(笑) まあ今でも〇〇さんと〇〇さんは住みついているようなものだけど(笑) そうです、あの木崎中出身の一女の子たちです(笑)!

でもこれでかき氷機買ったらもう夏祭りができるかも(笑)

今日は教室クローズしてます。だって山にあるモノを取りに行かないといけないからね(笑)。自習希望のみんなごめんね~来週7月2日(日)からはずっと教室開いてます! 自習したい子、待ってます!

さて今度講師室(2階のいちばん奥の先生方の控え室です)に冷蔵庫を置くことにしました。うん?冷蔵庫? そうです。冷蔵庫です(笑) 高校生は喜ぶだろうな~(笑) だって飲み物も冷やしておけるし、氷も作っておける。もう塾に住みついちゃう子が出るかも(笑) まあ今でも〇〇さんと〇〇さんは住みついているようなものだけど(笑) そうです、あの木崎中出身の一女の子たちです(笑)!

でもこれでかき氷機買ったらもう夏祭りができるかも(笑)

塾生の皆様へ

2022.06.25

期末テスト後の話

今週23日(木)、24日(金)で大原中、木崎中、本太中、上大久保中、与野東中の皆さんの1学期期末テストが終わりました。どの程度の得点を取ってくれるか気になるところではありますが、今回の期末テストの重要性は事前にいろいろと話をしましたし、中1・中2の皆さんは事前の学習内容や目標点も相談して決めた上で勉強を進めてもらいましたので、まさかとんでもない点数を取ることはないと思っています。さて結果は。。そして今日の話はその「期末テスト後の話」です。

御三家北浦和校の皆さんはご存じの土曜午後の中間・期末テスト向けの勉強大会、「高速トレーニング大会」ですが、今日も14時半からたくさんの皆さんが参加をしてくれました。ちょうど皆さんが塾に向かう14時過ぎは気温も35度を超え、皆さん汗をかきながら、教室に入ってきてくれました。今日も事前に参加申込書を提出していただいた皆さんが予定通り参加していただいたわけですが、ここで宇津木から久々の辛口トークです。

この高速トレーニング大会は、当然中間・期末テスト向けの勉強大会ですが、事前に「期末テストが終わった皆さんは自習室として参加しても可」とアナウンスしていましたよね。実際、今日の参加者のうち、期末テストが終わったなかで最初から参加をしてくれたのは中1のおひとりだけでした。今日19時半から授業がある中3の皆さんは続々と夕方から参加をしていますが、他の中1・中2の皆さんはどうしましたか? 期末テストが終わってホッとひと安心していたわけでしょうか。当然テストが終わったわけですから、ちょっとくらいノンビリしたいという皆さんの気持ちもわかります。また高速トレーニング大会に参加をしないからといって、皆さんが遊びほうけているとも思っていません。

しかしせっかく期末テストに向けて、いろいろと知識を詰め込み、たくさん問題を解いて、皆さんの「頭脳レベルがMAXに近い状態」になっているところです。ここで休ませてしまうのはもったいないですし、ここでさらにもうひと踏ん張りしてほしいところです。期末テストが終わったばかりであれば、いろいろと反省点が明確になっているはずです。「この教科はここをもうちょっとやっておけばよかった」「この教科のこの単元はまだまだ完全に覚え切っていない」。。そういう自分で気づいた自分の「弱点ポイント」はすぐ補強しておかないと、結局力はつきませんし、苦手教科は苦手教科のままで終わってしまいます。

いかがでしょう? この宇津木の注文レベルは? 宇津木がふだんから口すっぱくなるほど言っている

 

成績を伸ばすためには、自ら考え、動けるかどうか、そしていろいろな工夫ができるかどうか

 

です。さて来週7月2日(土)の高速トレーニング大会はどうか。。

今週23日(木)、24日(金)で大原中、木崎中、本太中、上大久保中、与野東中の皆さんの1学期期末テストが終わりました。どの程度の得点を取ってくれるか気になるところではありますが、今回の期末テストの重要性は事前にいろいろと話をしましたし、中1・中2の皆さんは事前の学習内容や目標点も相談して決めた上で勉強を進めてもらいましたので、まさかとんでもない点数を取ることはないと思っています。さて結果は。。そして今日の話はその「期末テスト後の話」です。

御三家北浦和校の皆さんはご存じの土曜午後の中間・期末テスト向けの勉強大会、「高速トレーニング大会」ですが、今日も14時半からたくさんの皆さんが参加をしてくれました。ちょうど皆さんが塾に向かう14時過ぎは気温も35度を超え、皆さん汗をかきながら、教室に入ってきてくれました。今日も事前に参加申込書を提出していただいた皆さんが予定通り参加していただいたわけですが、ここで宇津木から久々の辛口トークです。

この高速トレーニング大会は、当然中間・期末テスト向けの勉強大会ですが、事前に「期末テストが終わった皆さんは自習室として参加しても可」とアナウンスしていましたよね。実際、今日の参加者のうち、期末テストが終わったなかで最初から参加をしてくれたのは中1のおひとりだけでした。今日19時半から授業がある中3の皆さんは続々と夕方から参加をしていますが、他の中1・中2の皆さんはどうしましたか? 期末テストが終わってホッとひと安心していたわけでしょうか。当然テストが終わったわけですから、ちょっとくらいノンビリしたいという皆さんの気持ちもわかります。また高速トレーニング大会に参加をしないからといって、皆さんが遊びほうけているとも思っていません。

しかしせっかく期末テストに向けて、いろいろと知識を詰め込み、たくさん問題を解いて、皆さんの「頭脳レベルがMAXに近い状態」になっているところです。ここで休ませてしまうのはもったいないですし、ここでさらにもうひと踏ん張りしてほしいところです。期末テストが終わったばかりであれば、いろいろと反省点が明確になっているはずです。「この教科はここをもうちょっとやっておけばよかった」「この教科のこの単元はまだまだ完全に覚え切っていない」。。そういう自分で気づいた自分の「弱点ポイント」はすぐ補強しておかないと、結局力はつきませんし、苦手教科は苦手教科のままで終わってしまいます。

いかがでしょう? この宇津木の注文レベルは? 宇津木がふだんから口すっぱくなるほど言っている

 

成績を伸ばすためには、自ら考え、動けるかどうか、そしていろいろな工夫ができるかどうか

 

です。さて来週7月2日(土)の高速トレーニング大会はどうか。。

塾生の皆様へ

2022.06.24

さて! 今年度イベント第1弾! 〇〇イベント!

熟慮した結果(笑)、今年度第1弾の教室イベント、〇〇イベントを来週月曜6月27日(月)以降やります! ヒントはこれです(もうバレバレ?笑)

 

短冊パート1_embed

 

今週末日曜に宇津木は山にあるものを取りに行ってきます!(笑)
ちょっと危険な場所なのでケガをして、月曜日の中3社会の授業はお休みするかも!(笑)
楽しみに待っててね~

 

熟慮した結果(笑)、今年度第1弾の教室イベント、〇〇イベントを来週月曜6月27日(月)以降やります! ヒントはこれです(もうバレバレ?笑)

 

短冊パート1_embed

 

今週末日曜に宇津木は山にあるものを取りに行ってきます!(笑)
ちょっと危険な場所なのでケガをして、月曜日の中3社会の授業はお休みするかも!(笑)
楽しみに待っててね~

 

教室の取り組み

2022.06.23

燃える御三家北浦和校の夏、いったんまとめます!

とにかくもりだくさんの御三家北浦和校の夏期講習、ここまでにご紹介しました教室の取り組みをいったんまとめます。題して、

県立御三家合格専門教室だから、ここまでやります!

 

20220706御三家合格専門北浦和校DMBweb用_embed

 

 

今年の夏から、この教室で頑張ってみようとやる気に満ちあふれている新入塾希望の皆さん、卒塾生の坂本一花さんの体験談をぜひ参考にしてね。大変な教室だけどやりがいはあります。待ってます~!

とにかくもりだくさんの御三家北浦和校の夏期講習、ここまでにご紹介しました教室の取り組みをいったんまとめます。題して、

県立御三家合格専門教室だから、ここまでやります!

 

20220706御三家合格専門北浦和校DMBweb用_embed

 

 

今年の夏から、この教室で頑張ってみようとやる気に満ちあふれている新入塾希望の皆さん、卒塾生の坂本一花さんの体験談をぜひ参考にしてね。大変な教室だけどやりがいはあります。待ってます~!

教室の取り組み

2022.06.22

燃える御三家北浦和校の夏その3

20日の書き込みに続いて、今日も「燃える御三家北浦和校の夏」の紹介です(さてこの「燃える」シリーズはいくつまで続くでしょう?笑)それは

 

「わかるまでやります!毎日の質問大会!」 

 

中3の皆さんの夏期講習は14:35~18:45までの75分授業×3コマ。以前お知らせしましたように、今年の夏期講習のテーマは「数学(算数)を徹底的に鍛える夏」。事前に解いてきてもらう問題は、一覧にして配布いたしますが、ポイントは「そのあとの行動」にあります。「事前に宿題で問題を解く→授業中に先生の解説を聞く」という流れでいきますが、毎日新しい問題にチャレンジするわけです。どこかで「復習」「見直し」をしないと学習効果はありません。また授業中に先生の解説を聞いていったんは理解したけれど、いざ自分でもう一回解いた時に、その問題が100%解けるかどうかはわかりません。宇津木がよくいう「数学は復習が大事」です。そこで18:45以降、授業教室および自習スペースで、最終下塾時間の22:00まで毎日質問大会を開催します。よろしいですね。ひとつの疑問点も残さず、帰るんだぞー。

 

 

去年の中3生も数学の松坂先生にずっと質問をしていました。ホント毎日頑張ってました。結果、北辰テストの数学の全塾クラス別順位では、1学期のテストは15位→37位→19位だったものが、9月は何と全塾3位! それ以降もずっと高い順位をキープしてくれました。去年の中3生(Ⅰ期生)の入試結果のすばらしさは、あの夏の数学の頑張りにあったといっても言い過ぎではありません。

それでは、とにかく今年の夏は頑張ってもらいます。もともと今年の中3生の数学は安定していますが、さらに一段階上のレベルを目指します。頑張ろう! ちなみに頑張ってもらうのは中3生だけではありませんからね(笑)。小5~中2のみんなにもとにかく徹底的に頑張ってもらいます。宇津木から数学(算数)の勉強はもう十分と言ってもらえるくらい(笑)頑張ろう!

20日の書き込みに続いて、今日も「燃える御三家北浦和校の夏」の紹介です(さてこの「燃える」シリーズはいくつまで続くでしょう?笑)それは

 

「わかるまでやります!毎日の質問大会!」 

 

中3の皆さんの夏期講習は14:35~18:45までの75分授業×3コマ。以前お知らせしましたように、今年の夏期講習のテーマは「数学(算数)を徹底的に鍛える夏」。事前に解いてきてもらう問題は、一覧にして配布いたしますが、ポイントは「そのあとの行動」にあります。「事前に宿題で問題を解く→授業中に先生の解説を聞く」という流れでいきますが、毎日新しい問題にチャレンジするわけです。どこかで「復習」「見直し」をしないと学習効果はありません。また授業中に先生の解説を聞いていったんは理解したけれど、いざ自分でもう一回解いた時に、その問題が100%解けるかどうかはわかりません。宇津木がよくいう「数学は復習が大事」です。そこで18:45以降、授業教室および自習スペースで、最終下塾時間の22:00まで毎日質問大会を開催します。よろしいですね。ひとつの疑問点も残さず、帰るんだぞー。

 

 

去年の中3生も数学の松坂先生にずっと質問をしていました。ホント毎日頑張ってました。結果、北辰テストの数学の全塾クラス別順位では、1学期のテストは15位→37位→19位だったものが、9月は何と全塾3位! それ以降もずっと高い順位をキープしてくれました。去年の中3生(Ⅰ期生)の入試結果のすばらしさは、あの夏の数学の頑張りにあったといっても言い過ぎではありません。

それでは、とにかく今年の夏は頑張ってもらいます。もともと今年の中3生の数学は安定していますが、さらに一段階上のレベルを目指します。頑張ろう! ちなみに頑張ってもらうのは中3生だけではありませんからね(笑)。小5~中2のみんなにもとにかく徹底的に頑張ってもらいます。宇津木から数学(算数)の勉強はもう十分と言ってもらえるくらい(笑)頑張ろう!

教室の取り組み

2022.06.20

燃える御三家北浦和校の夏その2

来月7月26日からみなさん待望(笑)の夏期講習が始まります(え!待ってません。。というたくさんの声が聞こえてきます笑) すでにこのホームページでもご案内している通り、今年の夏はホント盛りだくさんの夏になります。数学(算数)を徹底的に鍛える夏、早朝特訓&午前特訓、目指せ!勉強の達人!500時間特訓!、中3限定の48時間特訓終了イベント。。その他7月に入ってすぐ始まる七夕イベントなど、勉強にもイベントにも燃える御三家北浦和校らしく(笑)、大々的にやっていこうと思ってます。大変だけど頑張ろうな~

そして今日のお知らせは、御三家北浦和校の講習会といえば、これ!

何をやればいいかがわかる! テキスト&宿題一覧、事前配布!

塾生のみんなはご存じの夏期講習テキストとカリキュラム&宿題一覧の事前配布です。ちなみに参考に今年の春期講習の中1・中2のカリキュラム&宿題一覧を添付します。この一覧をみれば、宿題が一目瞭然。この宿題から逃がさない(笑)という御三家北浦和校の最強のアイテムのひとつです(笑)。

 

2022春期講習・カリキュラム・宿題一覧_embed

 

もともとはみんなに宿題をきちんとやってもらうことを目的に始めたものですが、時間は有効活用できるし、早目に塾の宿題課題をこなせば講習中もかなり楽になるし、この夏で入試必須内容のすべてを徹底的に学習し、完全定着を目指す中3の皆さん、部活動との両立を考えている中1、中2の皆さん、そして小学生から真剣に県立御三家合格を目指す小6・小5の皆さんにぴったりなシステムといえます。

ああ~やっぱり今年の夏もやるのか。。というため息が聞こえてきそうですが(笑)、なるはやで皆さんに配布できるよう準備を進めます。小5~中2のみんなには7月10日(日)の合同保護者会で配布しようかな。。有言実行の宇津木です、よろしく(笑)

来月7月26日からみなさん待望(笑)の夏期講習が始まります(え!待ってません。。というたくさんの声が聞こえてきます笑) すでにこのホームページでもご案内している通り、今年の夏はホント盛りだくさんの夏になります。数学(算数)を徹底的に鍛える夏、早朝特訓&午前特訓、目指せ!勉強の達人!500時間特訓!、中3限定の48時間特訓終了イベント。。その他7月に入ってすぐ始まる七夕イベントなど、勉強にもイベントにも燃える御三家北浦和校らしく(笑)、大々的にやっていこうと思ってます。大変だけど頑張ろうな~

そして今日のお知らせは、御三家北浦和校の講習会といえば、これ!

何をやればいいかがわかる! テキスト&宿題一覧、事前配布!

塾生のみんなはご存じの夏期講習テキストとカリキュラム&宿題一覧の事前配布です。ちなみに参考に今年の春期講習の中1・中2のカリキュラム&宿題一覧を添付します。この一覧をみれば、宿題が一目瞭然。この宿題から逃がさない(笑)という御三家北浦和校の最強のアイテムのひとつです(笑)。

 

2022春期講習・カリキュラム・宿題一覧_embed

 

もともとはみんなに宿題をきちんとやってもらうことを目的に始めたものですが、時間は有効活用できるし、早目に塾の宿題課題をこなせば講習中もかなり楽になるし、この夏で入試必須内容のすべてを徹底的に学習し、完全定着を目指す中3の皆さん、部活動との両立を考えている中1、中2の皆さん、そして小学生から真剣に県立御三家合格を目指す小6・小5の皆さんにぴったりなシステムといえます。

ああ~やっぱり今年の夏もやるのか。。というため息が聞こえてきそうですが(笑)、なるはやで皆さんに配布できるよう準備を進めます。小5~中2のみんなには7月10日(日)の合同保護者会で配布しようかな。。有言実行の宇津木です、よろしく(笑)

塾生の皆様へ

2022.06.20

教室通信6月18日号を本日から発行しています。

巻頭記事はすべてこの教室ホームページですでにご案内済の記事ですが、先週18日(土)に中3生と高速トレーニング大会に来ていた中2生に北辰テストの諸注意のために配布いたしました。今回の巻頭記事は、「北辰テストにおける当日およびテスト直後の注意点」、「中1・中2理科・社会の学習の重要性」です。また巻末に最新の夏期講習時間割予定版を添付し、配布を始めています。生徒の皆さんは行事予定の確認を!

 

2022夏期講習時間割予定版(6月20日現在最新版)_embed

巻頭記事はすべてこの教室ホームページですでにご案内済の記事ですが、先週18日(土)に中3生と高速トレーニング大会に来ていた中2生に北辰テストの諸注意のために配布いたしました。今回の巻頭記事は、「北辰テストにおける当日およびテスト直後の注意点」、「中1・中2理科・社会の学習の重要性」です。また巻末に最新の夏期講習時間割予定版を添付し、配布を始めています。生徒の皆さんは行事予定の確認を!

 

2022夏期講習時間割予定版(6月20日現在最新版)_embed

塾生の皆様へ

2022.06.19

北辰自己採点大会実施中~

今日は北辰中3第2回、中2第1回!
ただいまテストが終わった中3のみんなと自己採点大会中~
メチャ良かった子もいれば、いくつかの教科で失敗した子もいて、一進一退(?)という感じ。
どの程度の偏差値が出るか。。

とにかく本番は7月の第3回からなので、気持ちを切り替えさせて明日から再スタートを切らせます。
次は早い中学では23日(木)から始まる期末です。頑張らせます。

今日は北辰中3第2回、中2第1回!
ただいまテストが終わった中3のみんなと自己採点大会中~
メチャ良かった子もいれば、いくつかの教科で失敗した子もいて、一進一退(?)という感じ。
どの程度の偏差値が出るか。。

とにかく本番は7月の第3回からなので、気持ちを切り替えさせて明日から再スタートを切らせます。
次は早い中学では23日(木)から始まる期末です。頑張らせます。

塾生の皆様へ

2022.06.18

いよいよ明日は北辰テスト! 健闘を祈ってます!

いよいよ明日は中3第2回&中2第1回北辰テストです。すでに中2の時に2回、中3の4月に第1回を受け、かなりテスト慣れしている中3生と異なり、中2生は前回の3月は受験人数は少なかったこともあり、実質今回がみんなで受ける初の北辰テストになります。今日も定期テストの勉強がメインである高速トレーニング大会に用事があって参加できなかった1名を除いて全員参加。理社を中心に明日の北辰の勉強に集中して取り組んでいました。珍しく緊張感が漂っていました(笑)

それもそのはず、過去の保護者会や教室通信等で耳にタコができるくらい県立御三家を狙うなら偏差値はいくつとずっと聞かされてきて、明日はとうとうその本番。緊張しないほうがおかしいかもしれません。中2初の6月実施の回なので過去問もありませんし、半数以上のみんなは初めての会場テスト。昨日の宇津木の授業中にもいろいろな情報や諸注意を与えましたし、今日もテスト後の自己採点および誤答チェックに関する詳細な指示を出しました。とにかく準備も十分とはいえませんが、やれるだけの準備をして、明日のテストに臨んでくれます。とにかく凡ミスをしないこと、問題を解く順番に気をつけること、そして時間の使い方に注意をしてほしいと心の底から願っています。中2のみんな、頑張れ!

いよいよ明日は中3第2回&中2第1回北辰テストです。すでに中2の時に2回、中3の4月に第1回を受け、かなりテスト慣れしている中3生と異なり、中2生は前回の3月は受験人数は少なかったこともあり、実質今回がみんなで受ける初の北辰テストになります。今日も定期テストの勉強がメインである高速トレーニング大会に用事があって参加できなかった1名を除いて全員参加。理社を中心に明日の北辰の勉強に集中して取り組んでいました。珍しく緊張感が漂っていました(笑)

それもそのはず、過去の保護者会や教室通信等で耳にタコができるくらい県立御三家を狙うなら偏差値はいくつとずっと聞かされてきて、明日はとうとうその本番。緊張しないほうがおかしいかもしれません。中2初の6月実施の回なので過去問もありませんし、半数以上のみんなは初めての会場テスト。昨日の宇津木の授業中にもいろいろな情報や諸注意を与えましたし、今日もテスト後の自己採点および誤答チェックに関する詳細な指示を出しました。とにかく準備も十分とはいえませんが、やれるだけの準備をして、明日のテストに臨んでくれます。とにかく凡ミスをしないこと、問題を解く順番に気をつけること、そして時間の使い方に注意をしてほしいと心の底から願っています。中2のみんな、頑張れ!

塾生の皆様へ

2022.06.17

目指せ!歴女!

いよいよ今週末日曜の中2、中3の北辰テストまであと2日となりました。15日に書き込んだように、中3のみんなはあまり心配していません。たぶんきちんと取ってくれるはず(え?そんな先生、心配してよ~って言ってる子もいるかもしれませんが。。笑)

やはり心配なのは、今年初めて受験する中2のみんなです。また数学で凡ミスをしないかどうか。。理社で不得意な単元が出たらどうしよう。。ちゃんと国語の作文書けるだろうか。。まあ心配ばかりしていても仕方がないので、あとはあの子たちの頑張りを信じます。とにかく頑張るんだぞー

今年の中3生が去年の中3生、Ⅰ期生と決定的に違うのは、やはり理社が取れること。中2の夏期講習から5科に切り替えて、徹底的に理社に取り組ませた成果ともいえます。まだまだ完璧ではないし、不完全な単元、分野もあるけれど、北辰テスト前にさほど対策をしなくてもある程度の点数は取ってくれる。これ、ホントに大きいです。それに比べて、去年の中3生、Ⅰ期生は教室開設の3月からすべての勉強が始まったため、6月時点では苦手な単元や分野のオンパレードでした。社会でいえば地理も歴史もとにかく不完全で、北辰で目標の偏差値を取らせるために、テストの都度、毎回毎回補習や対策をやってました。

そして現中2生。今回の北辰テストと1学期の期末テストさえ何とか乗り切れば、夏から5科の学習が始まります。三者面談でも話した通り、宿題・課題は以前と比べて2倍以上にはなりますが、理社の勉強が始まることにより、グッと成績は安定してくるはずです。とにかくやれるだけの準備をして、テスト本番に臨んでください。まあ結果が悪くても今回は怒りません(笑)

 

話を変えます。地理、歴史、公民と3分野ある社会のなかで、いちばん細かな知識が問われるのは何だと思います? 確かに地理や公民も自分で勉強するのは大変ですが、塾の授業、宇津木の授業を受けると、自分で言うのも変ですが(笑)、何の不安もなくなるはずです。「何を覚えればいいか」「どのように知識をつなげていくか」が明確になっていき、時間はかかるものの、確実にできるようになっていきます(ホントです!笑) ただしいちばんやっかいなのが実は歴史です。入試でも北辰でもいちばん細かな知識が問われるのは歴史なのです。宇津木も工夫をしながら授業を進めたり、何回も何回も繰り返すようにしていますが、歴史が苦手な子がある程度の点数を取れるようになるためにはやはり時間がかかります。特に歴史があまり好きではない女の子はそうです。ところが何かのきっかけで歴史にちょっとでも興味を持つようになると、ガラッと変わります。宇津木が授業中によく小ネタをはさむのはそういう理由で、一見つまらなそうな歴史にも面白い話はたくさんあります。そこで今回は特別に宇津木お勧めの歴史の本や作家を2回にわたり、ご紹介します。

目指せ!歴女!(笑)

 

まず宇津木お勧めの一人目は北方謙三。知ってます?

昔はハードボイルド作家。以前日テレでやってたあの嵐の番組「嵐にしやがれ」で、超渋いところを見せてました。あまり知られてはいませんが、ハードボイルド小説以前は純文学の作家。最近は、三国志や水滸伝などの大作続きで、ホント超売れっ子作家のひとり。

その北方作品にはまるきっかけになったのが、北方謙三が歴史小説に初挑戦、それも南北朝という誰もが避けていた時代を描いた「武王の門」。全国のほとんどを足利尊氏が勢力下に治めた南北朝期 。懐良親王と菊池武光という稀代の勇将ふたりが九州を席巻するものの、最後は敗れ去るという一大歴史ロマンの作品。

九州南朝の柱のひとつでありながら一族内はバラバラ。当時庶子の身でありながら、虎視眈々とその機会を狙っていた菊池武光。その武光が初めて懐良親王に拝謁を願い出た場面。
何度読んでも涙が出てきます。。

この「武王の門」のあとに書かれた「破軍の星」も秀逸。

これまた「歴史小説初登場」ともいえる北畠顕家を主人公に、奥州の山奥にひっそり暮らす安倍氏の末裔といわれる安家一族や南部帥行、結城宗広など、奥州の気骨溢れる武将たちとの交流、そして陸奥国府から一路京都を目指す奥州騎馬軍団の激闘を熱く描いています。

陸奥守として下向したのが十六歳。そして高帥直と和泉・石津浜で激戦を繰り広げ、討ち死にしたのが二十一歳。中性的な雰囲気も合わせ持ち、今でいうとジャニーズジュニアみたいな感じかも(笑) アニメの王子様系のキャラが好きな子ならはまること間違いなし(笑)。

その後「三国志」で中国の歴史物に挑戦。そして「水滸伝」で大ブレーク。「水滸伝」は第9回司馬遼太郎賞を受賞。その「水滸伝」を「日本の大衆小説の最高峰」と絶賛するひともいるくらい。

その「続水滸伝」といえるのが、先生お気に入りの「楊令伝」。

梁山泊陥落時、宋江から「替天行道」の旗を託され、次の頭領たることを宿命づけられた楊令。その後女真の地で、阿骨打と共に、苛烈な戦いを繰り広げる。梁山泊の同志からの帰還要請を固辞していたが、ようやく帰還。その際の史進とのやり取り、ホント泣かせます。

最後悲運の死を遂げるものの、楊令の遺志は、その後出版された「岳飛伝」に引き継がれます。軍神童貫との激闘、そして中華の覇権を争う金国、南宋との激闘を経て、多くの同志を失った梁山泊。

楊令が夢見た国、実現しかかった国。
男たちの熱い想い。。

いつ、どんな時代になっても、人は夢を見る。
それを夢で終わらせるかどうか。。

 

ね、どうですか? 少しは興味が出ました?
読みたい子は宇津木まで、貸してあげます(笑) ただし「楊令伝」は全15巻あります(笑)

え~やっぱり歴史なんて絶対ムリ~っていう中2の子は夏期講習の社会の授業まで待っていなさい(笑) とにかく鍛えます! 覚えてもらいます!

それでは北辰&期末テスト、頑張るぞー

いよいよ今週末日曜の中2、中3の北辰テストまであと2日となりました。15日に書き込んだように、中3のみんなはあまり心配していません。たぶんきちんと取ってくれるはず(え?そんな先生、心配してよ~って言ってる子もいるかもしれませんが。。笑)

やはり心配なのは、今年初めて受験する中2のみんなです。また数学で凡ミスをしないかどうか。。理社で不得意な単元が出たらどうしよう。。ちゃんと国語の作文書けるだろうか。。まあ心配ばかりしていても仕方がないので、あとはあの子たちの頑張りを信じます。とにかく頑張るんだぞー

今年の中3生が去年の中3生、Ⅰ期生と決定的に違うのは、やはり理社が取れること。中2の夏期講習から5科に切り替えて、徹底的に理社に取り組ませた成果ともいえます。まだまだ完璧ではないし、不完全な単元、分野もあるけれど、北辰テスト前にさほど対策をしなくてもある程度の点数は取ってくれる。これ、ホントに大きいです。それに比べて、去年の中3生、Ⅰ期生は教室開設の3月からすべての勉強が始まったため、6月時点では苦手な単元や分野のオンパレードでした。社会でいえば地理も歴史もとにかく不完全で、北辰で目標の偏差値を取らせるために、テストの都度、毎回毎回補習や対策をやってました。

そして現中2生。今回の北辰テストと1学期の期末テストさえ何とか乗り切れば、夏から5科の学習が始まります。三者面談でも話した通り、宿題・課題は以前と比べて2倍以上にはなりますが、理社の勉強が始まることにより、グッと成績は安定してくるはずです。とにかくやれるだけの準備をして、テスト本番に臨んでください。まあ結果が悪くても今回は怒りません(笑)

 

話を変えます。地理、歴史、公民と3分野ある社会のなかで、いちばん細かな知識が問われるのは何だと思います? 確かに地理や公民も自分で勉強するのは大変ですが、塾の授業、宇津木の授業を受けると、自分で言うのも変ですが(笑)、何の不安もなくなるはずです。「何を覚えればいいか」「どのように知識をつなげていくか」が明確になっていき、時間はかかるものの、確実にできるようになっていきます(ホントです!笑) ただしいちばんやっかいなのが実は歴史です。入試でも北辰でもいちばん細かな知識が問われるのは歴史なのです。宇津木も工夫をしながら授業を進めたり、何回も何回も繰り返すようにしていますが、歴史が苦手な子がある程度の点数を取れるようになるためにはやはり時間がかかります。特に歴史があまり好きではない女の子はそうです。ところが何かのきっかけで歴史にちょっとでも興味を持つようになると、ガラッと変わります。宇津木が授業中によく小ネタをはさむのはそういう理由で、一見つまらなそうな歴史にも面白い話はたくさんあります。そこで今回は特別に宇津木お勧めの歴史の本や作家を2回にわたり、ご紹介します。

目指せ!歴女!(笑)

 

まず宇津木お勧めの一人目は北方謙三。知ってます?

昔はハードボイルド作家。以前日テレでやってたあの嵐の番組「嵐にしやがれ」で、超渋いところを見せてました。あまり知られてはいませんが、ハードボイルド小説以前は純文学の作家。最近は、三国志や水滸伝などの大作続きで、ホント超売れっ子作家のひとり。

その北方作品にはまるきっかけになったのが、北方謙三が歴史小説に初挑戦、それも南北朝という誰もが避けていた時代を描いた「武王の門」。全国のほとんどを足利尊氏が勢力下に治めた南北朝期 。懐良親王と菊池武光という稀代の勇将ふたりが九州を席巻するものの、最後は敗れ去るという一大歴史ロマンの作品。

九州南朝の柱のひとつでありながら一族内はバラバラ。当時庶子の身でありながら、虎視眈々とその機会を狙っていた菊池武光。その武光が初めて懐良親王に拝謁を願い出た場面。
何度読んでも涙が出てきます。。

この「武王の門」のあとに書かれた「破軍の星」も秀逸。

これまた「歴史小説初登場」ともいえる北畠顕家を主人公に、奥州の山奥にひっそり暮らす安倍氏の末裔といわれる安家一族や南部帥行、結城宗広など、奥州の気骨溢れる武将たちとの交流、そして陸奥国府から一路京都を目指す奥州騎馬軍団の激闘を熱く描いています。

陸奥守として下向したのが十六歳。そして高帥直と和泉・石津浜で激戦を繰り広げ、討ち死にしたのが二十一歳。中性的な雰囲気も合わせ持ち、今でいうとジャニーズジュニアみたいな感じかも(笑) アニメの王子様系のキャラが好きな子ならはまること間違いなし(笑)。

その後「三国志」で中国の歴史物に挑戦。そして「水滸伝」で大ブレーク。「水滸伝」は第9回司馬遼太郎賞を受賞。その「水滸伝」を「日本の大衆小説の最高峰」と絶賛するひともいるくらい。

その「続水滸伝」といえるのが、先生お気に入りの「楊令伝」。

梁山泊陥落時、宋江から「替天行道」の旗を託され、次の頭領たることを宿命づけられた楊令。その後女真の地で、阿骨打と共に、苛烈な戦いを繰り広げる。梁山泊の同志からの帰還要請を固辞していたが、ようやく帰還。その際の史進とのやり取り、ホント泣かせます。

最後悲運の死を遂げるものの、楊令の遺志は、その後出版された「岳飛伝」に引き継がれます。軍神童貫との激闘、そして中華の覇権を争う金国、南宋との激闘を経て、多くの同志を失った梁山泊。

楊令が夢見た国、実現しかかった国。
男たちの熱い想い。。

いつ、どんな時代になっても、人は夢を見る。
それを夢で終わらせるかどうか。。

 

ね、どうですか? 少しは興味が出ました?
読みたい子は宇津木まで、貸してあげます(笑) ただし「楊令伝」は全15巻あります(笑)

え~やっぱり歴史なんて絶対ムリ~っていう中2の子は夏期講習の社会の授業まで待っていなさい(笑) とにかく鍛えます! 覚えてもらいます!

それでは北辰&期末テスト、頑張るぞー

塾生の皆様へ

2022.06.16

昨日の書き込みに続いて、今日も昔の話です。

昔、大真面目に考えたことがあります。
政治家になりたい!
驚きました?(笑)

実は、今やってる仕事と根本は同じ。
地域のみんなや国のみんなのために尽くしたい。。

今からうん十年前、まだ若かりし頃、ずっとある教室で責任者をやってました。
子供たちはホントいい子ばかりだったし、お父さん、お母さんもいいひとばかりだった。

塾生も近所の子が多くて、隣の呉服屋さんの娘、本屋さんの息子、苗屋さんの息子。。そしてビルのオーナー一家のお住いも教室の上にあってその兄弟たちも通ってくれていました。いわゆる昭和の商店街のなかにあった教室。

道を歩いてると「お茶でも飲んでいきなさいよ」ってよく声かけられるし、なかには先生の結婚相手は私が決めるんだからなんていう超おせっかいなお母さんもいました(笑)。で、実際お見合い写真を持ってこられたこともあったし、私をお嫁さんにして~なんて強烈な売り込み(笑)もあった。

担当の先生の団結力も抜群で、当時他の教室では、ウチの教室のことを石原軍団になぞらえて、宇津木軍団って呼んでたらしい(笑)

毎年年度終わりに異動の話があっても、ずっと断り続けてました。
だって自分の教室が好きだったし、そんなお父さん、お母さん方の期待を裏切りたくなかった。
そして。。。そんな人情味のある街が大好きだった。

そんなことを毎年やっていて、ある時別の教室のお手伝いに行ったわけです。
で、あるクラスの授業を代講して、もう教えてみて愕然としました。
何にも知らないし、ふだんからきちんと教わっていない。
いわゆる鍛えられてない。。。

この子たちはこのあとどうなるんだろう。
自分の教室だったら、絶対このままにはさせないのに。。

そして思ったわけ。
自分の手の届く範囲の生徒だけ面倒をみればそれでいいのかって。
何千人もいる塾生をどう救うのかって。
それが28歳の時、本部へ異動をしたきっかけです。

その後、うん十年。
とにかく仕事は忙しかったけれど、塾全体が良くなること、在籍している塾生全員を満足させてあげることに没頭してきました。
そしていろいろなところに新教室を作りました。

そしてまさか自分が現場復帰することになるとは思わなかった、南浦和の浦高一女合格専門教室。
その南浦和も9年やりました。

そして現在。

あと何年、現役でバリバリやれるだろう。。。
ふとそう考えます。

でも気力、体力の続く限りは頑張るつもりです。
さあて、今週末、さらにパワーアップするよ~
まずは今週末の期末対策、そして日曜日の北辰テスト。頑張れー

昨日の書き込みに続いて、今日も昔の話です。

昔、大真面目に考えたことがあります。
政治家になりたい!
驚きました?(笑)

実は、今やってる仕事と根本は同じ。
地域のみんなや国のみんなのために尽くしたい。。

今からうん十年前、まだ若かりし頃、ずっとある教室で責任者をやってました。
子供たちはホントいい子ばかりだったし、お父さん、お母さんもいいひとばかりだった。

塾生も近所の子が多くて、隣の呉服屋さんの娘、本屋さんの息子、苗屋さんの息子。。そしてビルのオーナー一家のお住いも教室の上にあってその兄弟たちも通ってくれていました。いわゆる昭和の商店街のなかにあった教室。

道を歩いてると「お茶でも飲んでいきなさいよ」ってよく声かけられるし、なかには先生の結婚相手は私が決めるんだからなんていう超おせっかいなお母さんもいました(笑)。で、実際お見合い写真を持ってこられたこともあったし、私をお嫁さんにして~なんて強烈な売り込み(笑)もあった。

担当の先生の団結力も抜群で、当時他の教室では、ウチの教室のことを石原軍団になぞらえて、宇津木軍団って呼んでたらしい(笑)

毎年年度終わりに異動の話があっても、ずっと断り続けてました。
だって自分の教室が好きだったし、そんなお父さん、お母さん方の期待を裏切りたくなかった。
そして。。。そんな人情味のある街が大好きだった。

そんなことを毎年やっていて、ある時別の教室のお手伝いに行ったわけです。
で、あるクラスの授業を代講して、もう教えてみて愕然としました。
何にも知らないし、ふだんからきちんと教わっていない。
いわゆる鍛えられてない。。。

この子たちはこのあとどうなるんだろう。
自分の教室だったら、絶対このままにはさせないのに。。

そして思ったわけ。
自分の手の届く範囲の生徒だけ面倒をみればそれでいいのかって。
何千人もいる塾生をどう救うのかって。
それが28歳の時、本部へ異動をしたきっかけです。

その後、うん十年。
とにかく仕事は忙しかったけれど、塾全体が良くなること、在籍している塾生全員を満足させてあげることに没頭してきました。
そしていろいろなところに新教室を作りました。

そしてまさか自分が現場復帰することになるとは思わなかった、南浦和の浦高一女合格専門教室。
その南浦和も9年やりました。

そして現在。

あと何年、現役でバリバリやれるだろう。。。
ふとそう考えます。

でも気力、体力の続く限りは頑張るつもりです。
さあて、今週末、さらにパワーアップするよ~
まずは今週末の期末対策、そして日曜日の北辰テスト。頑張れー

塾生の皆様へ

2022.06.15

七夕イベント

数日更新が遅れました。宇津木先生、何かあったんだろうかと心配してくれた皆さんもいたようですが(笑)。また今日から元気いっぱいに更新していきます。

いよいよ今週末19日(日)に中3第2回、そして中2第1回の北辰会場テストがおこなわれます。中3の皆さんは、各教科それぞれ過去問演習やかなりの類題演習をやってきましたので、ある程度の結果は残してくれるだろうとふんでいますが、さて本番はどうか。。また中2になって初の受験となる中2の皆さん。こちらは初の6月実施で過去問すらない状況ですし、通常塾で学習していない理社の得点が心配ではありますが、3科はそうそうミスらないはず。とにかくせいっぱいやってくれればOK牧場(笑)

そして翌週の6月23日(木)からは日程が早い中学ではいよいよ期末テストが始まります。先週第1回の高速トレーニング大会も実施しましたし、現在中1、中2の皆さんとは、期末テストに向けた学習内容と目標点を宇津木と面談しながら策定し、勉強を進めてもらっています。とにかくやれるだけのことをやってもらおうと考えています。

 

さてそれら北辰や期末テストが一段落する7月上旬に、さぞかし頑張ってくれたであろう皆さんのために何らかの七夕イベントをできないか検討しています。詳細が決まりましたらお知らせしますので、楽しみに待っていてください。でこの七夕イベントといえば、宇津木の旧南浦和教室では恒例のイベントのひとつでもありました。なぜかいうと某テーマパークの年間パスポートを持っていた宇津木が足しげく某テーマパークに通い、某テーマパークに来場すると無料でもらえる七夕短冊やいろいろなグッズを購入、塾生の皆さんにプレゼントしていたからなのです(当時教室では「宇津木先生が教室にいなければ舞浜を探せ」が合言葉でした笑)。ただしこれがもう超大変で、お金がかかるのは当然のことながら、買う量がハンパな個数ではないので、怪しい業者と勘違いされるわけです(笑) また当時はグッズの販売期間が1週間程度しかなかった上に、人気が出そうなグッズを確実にゲットするためには、初日にいかないと絶対に売り切れになってしまうわけです。

さらに。。難関がもうひとつ。それは大量に買うと、キャスト(某テーマパークのスタッフ)にいろいろ聞かれること。だって買う量が何十ではなく、ひと商品150とか200とかって単位。普通こんな単位で買うひといませんよね。でその七夕グッズを大量に買うために、某年某月某日、レジに並んだ時のキャストとの会話。実話です(笑)

キャスト「よろしければ、この買い物の御用途をお教えいただきたいのですが?」
(ふ~ん、また聞かれたか。。仕方なく答える)
宇津木「知り合いへのお土産です(もう~ホント面倒くさい…)」

その後キャストは社内用の携帯を取り出し、誰かと電話で話している。そして、何も言わず、商品の梱包を始める。当然、ものすごい個数なので、かなり時間がかかっている。。

その後1分くらい経って、きちんとした服装の女性社員が現れる。
(あれ? 今年は社員が出てくるのね。。もう~イライラ…)

どういうことか分かります?

つまりこんな大量買いをするひとは、完全に何かの業者だと思われてるわけです。オークションへの出品とか買い物代行とか。。
とにかく七夕グッズって人気があるので。
(まったく~、イライラ、イライラ。。)

社員「このお買いになられた商品の御用途をお聞きしたいのですが」
宇津木「(キター!) さっきそちらの女性にお土産と言いましたが」
社員「はい」
宇津木「お聞きになっていませんか」

最初に応対したキャストは完全にドギマギしてる感じ。。
でもさすがは社員、颯爽としてる。
(イライラ、イライラ。。)

宇津木「この買い物に何か問題があるのでしょうか」
社員「は!? ……しばらく無言……」
(ヤバい! う~ん、キレそう…)

宇津木「このように大量に購入することは、不可であるとどちらかに明示されてるのでしょうか」

(プチン…と何か切れた…)

宇津木「こちらはわざわざ交通費をかけて、知り合いのために、買い物に来てるわけです。この買い物のどこが問題なのでしょうか」

と言い放ったあと、キッと社員を睨む。
普通ならここでひるむところ。
でもさすが社員。きちんとした受け答え。

社員「大量にご購入される方がいらっしゃいますと、すぐに品切れを起こしてしまい、他のお客様にご迷惑をおかけすることもございますので、ご確認させていただきました。申し訳ありません。」
宇津木「それはそちらの問題でしょう。この世の中、どこに大量に品物を買ってくれるお客様を逐一咎める会社があるのですか。おかしいと思いませんか? それにもしそうなら、最初から何個までしか買えないってことにすればいいじゃないですか」

某年某月某日の午後、ショップでキレてた客ってこの私です(笑)
キャストの皆さん、ホントごめんなさい。。。

そして翌日の買い物は先生の奥さんに任せたのですが、何と奥さんとレジのキャストがニコニコ談笑してるわけです(笑)。

キャスト「そうなんですか~。大変なんですね。塾の皆さん、ホント合格してくれるといいですね」

あ然! 買い物の事情をチラッと話しただけで、あっという間にキャストと仲良くなってる!
う~ん、どうしてこうも違うものか(笑)

翌日この話を当時の生徒に話したところ、それから1週間くらい特に女の子の目がキツかったです。。笑 そんなこと私たちにしたら許さないといった感じでした(笑)。ホントごめんなさい。ちなみに現在某テーマパークでは、このような人気商品はお一人様〇個までという制限があります。ご安心を(笑)

さて、どんなイベントをやろうか。。楽しみに待っててね。

数日更新が遅れました。宇津木先生、何かあったんだろうかと心配してくれた皆さんもいたようですが(笑)。また今日から元気いっぱいに更新していきます。

いよいよ今週末19日(日)に中3第2回、そして中2第1回の北辰会場テストがおこなわれます。中3の皆さんは、各教科それぞれ過去問演習やかなりの類題演習をやってきましたので、ある程度の結果は残してくれるだろうとふんでいますが、さて本番はどうか。。また中2になって初の受験となる中2の皆さん。こちらは初の6月実施で過去問すらない状況ですし、通常塾で学習していない理社の得点が心配ではありますが、3科はそうそうミスらないはず。とにかくせいっぱいやってくれればOK牧場(笑)

そして翌週の6月23日(木)からは日程が早い中学ではいよいよ期末テストが始まります。先週第1回の高速トレーニング大会も実施しましたし、現在中1、中2の皆さんとは、期末テストに向けた学習内容と目標点を宇津木と面談しながら策定し、勉強を進めてもらっています。とにかくやれるだけのことをやってもらおうと考えています。

 

さてそれら北辰や期末テストが一段落する7月上旬に、さぞかし頑張ってくれたであろう皆さんのために何らかの七夕イベントをできないか検討しています。詳細が決まりましたらお知らせしますので、楽しみに待っていてください。でこの七夕イベントといえば、宇津木の旧南浦和教室では恒例のイベントのひとつでもありました。なぜかいうと某テーマパークの年間パスポートを持っていた宇津木が足しげく某テーマパークに通い、某テーマパークに来場すると無料でもらえる七夕短冊やいろいろなグッズを購入、塾生の皆さんにプレゼントしていたからなのです(当時教室では「宇津木先生が教室にいなければ舞浜を探せ」が合言葉でした笑)。ただしこれがもう超大変で、お金がかかるのは当然のことながら、買う量がハンパな個数ではないので、怪しい業者と勘違いされるわけです(笑) また当時はグッズの販売期間が1週間程度しかなかった上に、人気が出そうなグッズを確実にゲットするためには、初日にいかないと絶対に売り切れになってしまうわけです。

さらに。。難関がもうひとつ。それは大量に買うと、キャスト(某テーマパークのスタッフ)にいろいろ聞かれること。だって買う量が何十ではなく、ひと商品150とか200とかって単位。普通こんな単位で買うひといませんよね。でその七夕グッズを大量に買うために、某年某月某日、レジに並んだ時のキャストとの会話。実話です(笑)

キャスト「よろしければ、この買い物の御用途をお教えいただきたいのですが?」
(ふ~ん、また聞かれたか。。仕方なく答える)
宇津木「知り合いへのお土産です(もう~ホント面倒くさい…)」

その後キャストは社内用の携帯を取り出し、誰かと電話で話している。そして、何も言わず、商品の梱包を始める。当然、ものすごい個数なので、かなり時間がかかっている。。

その後1分くらい経って、きちんとした服装の女性社員が現れる。
(あれ? 今年は社員が出てくるのね。。もう~イライラ…)

どういうことか分かります?

つまりこんな大量買いをするひとは、完全に何かの業者だと思われてるわけです。オークションへの出品とか買い物代行とか。。
とにかく七夕グッズって人気があるので。
(まったく~、イライラ、イライラ。。)

社員「このお買いになられた商品の御用途をお聞きしたいのですが」
宇津木「(キター!) さっきそちらの女性にお土産と言いましたが」
社員「はい」
宇津木「お聞きになっていませんか」

最初に応対したキャストは完全にドギマギしてる感じ。。
でもさすがは社員、颯爽としてる。
(イライラ、イライラ。。)

宇津木「この買い物に何か問題があるのでしょうか」
社員「は!? ……しばらく無言……」
(ヤバい! う~ん、キレそう…)

宇津木「このように大量に購入することは、不可であるとどちらかに明示されてるのでしょうか」

(プチン…と何か切れた…)

宇津木「こちらはわざわざ交通費をかけて、知り合いのために、買い物に来てるわけです。この買い物のどこが問題なのでしょうか」

と言い放ったあと、キッと社員を睨む。
普通ならここでひるむところ。
でもさすが社員。きちんとした受け答え。

社員「大量にご購入される方がいらっしゃいますと、すぐに品切れを起こしてしまい、他のお客様にご迷惑をおかけすることもございますので、ご確認させていただきました。申し訳ありません。」
宇津木「それはそちらの問題でしょう。この世の中、どこに大量に品物を買ってくれるお客様を逐一咎める会社があるのですか。おかしいと思いませんか? それにもしそうなら、最初から何個までしか買えないってことにすればいいじゃないですか」

某年某月某日の午後、ショップでキレてた客ってこの私です(笑)
キャストの皆さん、ホントごめんなさい。。。

そして翌日の買い物は先生の奥さんに任せたのですが、何と奥さんとレジのキャストがニコニコ談笑してるわけです(笑)。

キャスト「そうなんですか~。大変なんですね。塾の皆さん、ホント合格してくれるといいですね」

あ然! 買い物の事情をチラッと話しただけで、あっという間にキャストと仲良くなってる!
う~ん、どうしてこうも違うものか(笑)

翌日この話を当時の生徒に話したところ、それから1週間くらい特に女の子の目がキツかったです。。笑 そんなこと私たちにしたら許さないといった感じでした(笑)。ホントごめんなさい。ちなみに現在某テーマパークでは、このような人気商品はお一人様〇個までという制限があります。ご安心を(笑)

さて、どんなイベントをやろうか。。楽しみに待っててね。

塾生の皆様へ

2022.06.11

御三家専門教室通信6月10日号を昨日から発行しています。

ひさしぶりの発行となってしまい大変申し訳ありません。今回の巻頭記事は、教室ホームページのリニューアルの件、「勝負の6月」関連の記事、「お子さまをやる気にさせる接し方」、そしてⅠ期生(現高1生)の塾内表彰の件とすでにこのホームページで先行してお知らせをした記事4本です。ちなみに「勝負の6月」関連の記事は、5月21日にアップした記事に加筆をしています。また本編には、5月月例結果報告、1学期中間テスト結果報告、夏期講習の案内(再掲)、期末テスト向け高速トレーニング大会、第2回合同保護者会、そして中3生対象の「浦高・一女・大宮合格セミナー」実施のお知らせと今回も内容が満載です。本編2でお知らせしておりますが、今回より生徒の皆さんにはそれぞれ2部ずつ配布をしております。塾生の皆さんはファイリング&熟読を!

ひさしぶりの発行となってしまい大変申し訳ありません。今回の巻頭記事は、教室ホームページのリニューアルの件、「勝負の6月」関連の記事、「お子さまをやる気にさせる接し方」、そしてⅠ期生(現高1生)の塾内表彰の件とすでにこのホームページで先行してお知らせをした記事4本です。ちなみに「勝負の6月」関連の記事は、5月21日にアップした記事に加筆をしています。また本編には、5月月例結果報告、1学期中間テスト結果報告、夏期講習の案内(再掲)、期末テスト向け高速トレーニング大会、第2回合同保護者会、そして中3生対象の「浦高・一女・大宮合格セミナー」実施のお知らせと今回も内容が満載です。本編2でお知らせしておりますが、今回より生徒の皆さんにはそれぞれ2部ずつ配布をしております。塾生の皆さんはファイリング&熟読を!

塾生の皆様へ

2022.06.10

いよいよ6月19日は中3北辰第2回です! 

前回の記事では、事前準備を中心とした内容を掲載いたしましたが、今回は残り9日となった北辰テストに向けてテスト当日とテスト後の対応を中心にまとめます。

★テスト当日

1.余裕を持って起床
余裕を持って起床しましょう。ある程度家でゆっくりできる程度の時間に起床することが望ましいです。寝坊は絶対ダメです!笑 当日は、7:50~8:20の間に受付を行いますので、8:00少し前に会場に着くように家を出てください。初めての会場の場合は、さらに10~20分程度早く家を出てください。

2.時間配分と解く順番
試験中は、制限時間を最大限有効に利用できるよう、時間配分と解く順番に気をつけてください。ポイントは次の通りです。

★チェック&ポイント
◇短時間で解答できるものから解く。
◇ひとつの問題で長時間考えすぎない(一旦後回しにする)。
◇解答の根拠を問題用紙にメモしておく(書き込みを残しておく)。
◇計算等は問題用紙の広いスペースを利用する。

★解く順番の例
(英語)1→2→5→3→4  (社会)3→4→5(6)→1→2

3.試験と試験の間の休み時間
前回の第1回で経験していただいた通り、北辰テストの場合は本番の入試と異なり、間の休み時間は10分です。実はこの時間の使い方にもポイントがあります。

★チェック&ポイント
◇座りっぱなしにならないで、屈伸や背筋を伸ばす等、体を動かす。
◇終わった教科のことは決して振り返ってはならない。

★テスト直後の対応(~テスト後1週間以内)

1.自己採点と解き直し
テスト終了後、前回同様教室で自己採点大会を実施します。必ず参加をし、その日のうちに自己採点と解き直しを確実におこなってください。自己採点大会および直後の授業で、できなければいけない問題、今はできなくてもよい問題等各先生方に確認してください。ちなみに今年度の自己採点シートの実物は以下。

 

北辰自己採点シート2022中3第2回_embed

 

まさか自己採点シートに収まらない(右の余白まで使うような場合)ほどの失点は絶対ダメ!笑

2.誤答分析(ミス・知識・思考力・時間)
できなかった問題は、「なぜできなかったのか」を確認することがとても重要です。正答に至らない原因は主に以の4つに集約されます。

■ミスによる失点
最ももったいない失点ですし、絶対になくしてほしいのですが、こればかりは今回も起きてしまう可能性があります。自己採点時に必ずミスの原因を確認しておいてください。特にどの場面でミスしたのかの振り返りは重要です。
① 問題文を読むときに起こるミス(読み違い、勘違い、読んでない等々)。
② 解く過程で起きるミス。
③ 解答欄に答えをかくときに起きるミス(指定された答え方をしていない、違うことを答えている等々)

■知識不足による失点
要するに、知っているか知らなかったかで勝負がつく問題です。その問題だけでなく、その周辺の知識事項も覚え直す必要があります。

■思考力が追いつかなくてできなかった
そのときはできなかったとしても、どのように考え、答えに至るのかの道筋をしっかりと確認し、同じタイプの問題あればできるようにしておく必要があります。

■時間がなかった
ひとつの問題に時間をかけすぎ、手が回らなかった問題があった場合、もし時間があればできたのかどうかの確認を必ずおこなってください。もしミスがなかったら何点になっていたのかの確認も前回同様おこなっていただきます。今回も誤答分析自己採点シートに正確に記入しておき、次回の北辰の前に再確認します。

3.補強学習
自己採点後には、できなかった問題に関する補強学習を担当の先生の指示のもと、実施してください。知識不足であれば、ワークや塾のテキスト、高速トレーニングなどで覚え直しを行います。思考力に関する問題であれば、似たタイプの問題や過去問の解き直しをしましょう。

4.目標の達成度を確認
およそ試験から10日後の6月30日に成績データが郵送されます。平均点や自分の偏差値を確認し、目標に達していたかどうかを確認してください。万が一、目標に達していなかった場合、どの教科のどの問題が課題だったのかの再確認しください。このときには、自己採点シートが有効活用できるはずです。

いかがでしょう。皆さんの真の本番は7月の第3回からですが、そのステップとして今回の第2回に臨んでもらいます。頑張れ!御三家北浦和生! さあ、過去最高値を取ろう!

前回の記事では、事前準備を中心とした内容を掲載いたしましたが、今回は残り9日となった北辰テストに向けてテスト当日とテスト後の対応を中心にまとめます。

★テスト当日

1.余裕を持って起床
余裕を持って起床しましょう。ある程度家でゆっくりできる程度の時間に起床することが望ましいです。寝坊は絶対ダメです!笑 当日は、7:50~8:20の間に受付を行いますので、8:00少し前に会場に着くように家を出てください。初めての会場の場合は、さらに10~20分程度早く家を出てください。

2.時間配分と解く順番
試験中は、制限時間を最大限有効に利用できるよう、時間配分と解く順番に気をつけてください。ポイントは次の通りです。

★チェック&ポイント
◇短時間で解答できるものから解く。
◇ひとつの問題で長時間考えすぎない(一旦後回しにする)。
◇解答の根拠を問題用紙にメモしておく(書き込みを残しておく)。
◇計算等は問題用紙の広いスペースを利用する。

★解く順番の例
(英語)1→2→5→3→4  (社会)3→4→5(6)→1→2

3.試験と試験の間の休み時間
前回の第1回で経験していただいた通り、北辰テストの場合は本番の入試と異なり、間の休み時間は10分です。実はこの時間の使い方にもポイントがあります。

★チェック&ポイント
◇座りっぱなしにならないで、屈伸や背筋を伸ばす等、体を動かす。
◇終わった教科のことは決して振り返ってはならない。

★テスト直後の対応(~テスト後1週間以内)

1.自己採点と解き直し
テスト終了後、前回同様教室で自己採点大会を実施します。必ず参加をし、その日のうちに自己採点と解き直しを確実におこなってください。自己採点大会および直後の授業で、できなければいけない問題、今はできなくてもよい問題等各先生方に確認してください。ちなみに今年度の自己採点シートの実物は以下。

 

北辰自己採点シート2022中3第2回_embed

 

まさか自己採点シートに収まらない(右の余白まで使うような場合)ほどの失点は絶対ダメ!笑

2.誤答分析(ミス・知識・思考力・時間)
できなかった問題は、「なぜできなかったのか」を確認することがとても重要です。正答に至らない原因は主に以の4つに集約されます。

■ミスによる失点
最ももったいない失点ですし、絶対になくしてほしいのですが、こればかりは今回も起きてしまう可能性があります。自己採点時に必ずミスの原因を確認しておいてください。特にどの場面でミスしたのかの振り返りは重要です。
① 問題文を読むときに起こるミス(読み違い、勘違い、読んでない等々)。
② 解く過程で起きるミス。
③ 解答欄に答えをかくときに起きるミス(指定された答え方をしていない、違うことを答えている等々)

■知識不足による失点
要するに、知っているか知らなかったかで勝負がつく問題です。その問題だけでなく、その周辺の知識事項も覚え直す必要があります。

■思考力が追いつかなくてできなかった
そのときはできなかったとしても、どのように考え、答えに至るのかの道筋をしっかりと確認し、同じタイプの問題あればできるようにしておく必要があります。

■時間がなかった
ひとつの問題に時間をかけすぎ、手が回らなかった問題があった場合、もし時間があればできたのかどうかの確認を必ずおこなってください。もしミスがなかったら何点になっていたのかの確認も前回同様おこなっていただきます。今回も誤答分析自己採点シートに正確に記入しておき、次回の北辰の前に再確認します。

3.補強学習
自己採点後には、できなかった問題に関する補強学習を担当の先生の指示のもと、実施してください。知識不足であれば、ワークや塾のテキスト、高速トレーニングなどで覚え直しを行います。思考力に関する問題であれば、似たタイプの問題や過去問の解き直しをしましょう。

4.目標の達成度を確認
およそ試験から10日後の6月30日に成績データが郵送されます。平均点や自分の偏差値を確認し、目標に達していたかどうかを確認してください。万が一、目標に達していなかった場合、どの教科のどの問題が課題だったのかの再確認しください。このときには、自己採点シートが有効活用できるはずです。

いかがでしょう。皆さんの真の本番は7月の第3回からですが、そのステップとして今回の第2回に臨んでもらいます。頑張れ!御三家北浦和生! さあ、過去最高値を取ろう!

教室の取り組み

2022.06.08

燃える御三家北浦和校の夏

↓ですでに予告をいたしましたように日々の業務と並行してコツコツと夏の準備を進めている「有言実行の宇津木」です(笑)。さてここまでに確定した今年の夏期講習の教務イベントの数々をご紹介します。以前お知らせしたものと若干日程が変更となっています。

★「朝は脳のゴールデンタイム(早朝版)」早朝特訓

各期の最終日(7/30、8/5、8/20、8/27)全4日間 早朝6時30分より開催!
脳を活性化させよう。

今年の夏もやります。基本自学自習形式で進めていただきます。恒例の宇津木からの差し入れは今年は何でしょう?(笑) やはり〇ナナ&〇ィーツ? バレバレだね(笑) ちなみにこれ昨年の中3生の様子です。撮影時間に注目! 何と午前7:05です!

★「朝は脳のゴールデンタイム(午前版)」午前特訓

午前8時30から開催(7/28、7/29、8/4、8/18、8/19、8/25、8/26)全7日間
苦手な暗記物や計算特訓で朝から脳をフル回転させよう。

今年初開催を計画している午前特訓です。早朝特訓より少し遅めの朝8時半から始めます。けして早朝6時半からの実施がツラいので8時半開始にしたわけではありません(笑) 宇津木はメチャクチャ早起きですからすべて6時半開始でも全然OK牧場!(笑) つまりみなさんの体力を考えてこうしたわけです(笑)。

すでに数学計算1000題特訓を実施する件はお知らせしましたが、その他にも英単語道場、埼玉県公立入試によく出る漢字猛特訓、目指せ!県公立入試満点!歴史年号暗記など多数の講座を開講する予定です。学年によって使用教材は一部異なりますが、参加者はランキング形式で出来を競います。成績優秀者は、アッと驚く賞品をもらえるかも(笑)。ちなみにこの午前特訓に参加する皆さんは、上記のような講座をおこなうか、早朝特訓のような自主学習をおこなうかを選択できます。

★「目指せ!勉強の鉄人!500時間特訓」

塾内での学習時間を含めた総学習時間をランキング形式で競います。
上位3名は特別表彰あり。はたして何人が鉄人マスターに到達するか。

去年もやったあの総学習時間を競う夏の一大イベントです(笑)。まず昨年皆さんに配布をした記録用紙(1枚目)は以下。ポスターサイズにして、教室に掲示しましたので、皆さん覚えていますよね。

 

夏の500時間特訓_embed

 

昨年の中3生の記録は当時のまま3階の自習スぺ-スに残してありますので、どれくらい勉強できるものなのか皆さんもぜひ確認してみてください。8月31日集計でランキング上位5名の皆さんは440時間くらいでした。ですから500時間超えを達成するというのはいかに大変なことかわかると思います。ちなみに上位5名のうち2名はそれぞれ別の中学の吹奏楽部の部長でしたので、夏期講習中に部活動の練習やコンクールがなければこのおふたりは500時間近くいっていたかもしれません。また昨年は中1、中2のランキング上位の皆さんも表彰いたしましたが、この皆さんは夏の猛勉強によりその後成績を大きく伸ばしていってくれました。さて今年みんなはどれくらい頑張ってもらえるか。今年は午前特訓をたくさん実施いたしますので、勉強をできる環境は昨年以上に整っています。ぜひ頑張りましょう! 期待しています。

そして最後にこれは中3限定なのですが、昨年予算不足により断念した(苦笑)あることを今年はやります。あること? うん? 何だろう? 詳細は後日発表! 乞うご期待! Ⅰ期生のみんな去年はごめんなー。でもみんなの分も用意するからね。またこれも中3限定ですが、48時間特訓の最終日8月15日に終了イベントをやります! 去年の先輩方の写真でバレバレですが、今年もやります! ちなみにこれ去年の宇津木です。初公開です!笑

 

その他にも現在宇津木が全身全霊を傾けて思案中です(笑) 確定次第またみなさんにお知らせしますね。あ! 当然夏期講習自体の勉強内容もちゃんと考えてます!笑 任せろー笑

↓ですでに予告をいたしましたように日々の業務と並行してコツコツと夏の準備を進めている「有言実行の宇津木」です(笑)。さてここまでに確定した今年の夏期講習の教務イベントの数々をご紹介します。以前お知らせしたものと若干日程が変更となっています。

★「朝は脳のゴールデンタイム(早朝版)」早朝特訓

各期の最終日(7/30、8/5、8/20、8/27)全4日間 早朝6時30分より開催!
脳を活性化させよう。

今年の夏もやります。基本自学自習形式で進めていただきます。恒例の宇津木からの差し入れは今年は何でしょう?(笑) やはり〇ナナ&〇ィーツ? バレバレだね(笑) ちなみにこれ昨年の中3生の様子です。撮影時間に注目! 何と午前7:05です!

★「朝は脳のゴールデンタイム(午前版)」午前特訓

午前8時30から開催(7/28、7/29、8/4、8/18、8/19、8/25、8/26)全7日間
苦手な暗記物や計算特訓で朝から脳をフル回転させよう。

今年初開催を計画している午前特訓です。早朝特訓より少し遅めの朝8時半から始めます。けして早朝6時半からの実施がツラいので8時半開始にしたわけではありません(笑) 宇津木はメチャクチャ早起きですからすべて6時半開始でも全然OK牧場!(笑) つまりみなさんの体力を考えてこうしたわけです(笑)。

すでに数学計算1000題特訓を実施する件はお知らせしましたが、その他にも英単語道場、埼玉県公立入試によく出る漢字猛特訓、目指せ!県公立入試満点!歴史年号暗記など多数の講座を開講する予定です。学年によって使用教材は一部異なりますが、参加者はランキング形式で出来を競います。成績優秀者は、アッと驚く賞品をもらえるかも(笑)。ちなみにこの午前特訓に参加する皆さんは、上記のような講座をおこなうか、早朝特訓のような自主学習をおこなうかを選択できます。

★「目指せ!勉強の鉄人!500時間特訓」

塾内での学習時間を含めた総学習時間をランキング形式で競います。
上位3名は特別表彰あり。はたして何人が鉄人マスターに到達するか。

去年もやったあの総学習時間を競う夏の一大イベントです(笑)。まず昨年皆さんに配布をした記録用紙(1枚目)は以下。ポスターサイズにして、教室に掲示しましたので、皆さん覚えていますよね。

 

夏の500時間特訓_embed

 

昨年の中3生の記録は当時のまま3階の自習スぺ-スに残してありますので、どれくらい勉強できるものなのか皆さんもぜひ確認してみてください。8月31日集計でランキング上位5名の皆さんは440時間くらいでした。ですから500時間超えを達成するというのはいかに大変なことかわかると思います。ちなみに上位5名のうち2名はそれぞれ別の中学の吹奏楽部の部長でしたので、夏期講習中に部活動の練習やコンクールがなければこのおふたりは500時間近くいっていたかもしれません。また昨年は中1、中2のランキング上位の皆さんも表彰いたしましたが、この皆さんは夏の猛勉強によりその後成績を大きく伸ばしていってくれました。さて今年みんなはどれくらい頑張ってもらえるか。今年は午前特訓をたくさん実施いたしますので、勉強をできる環境は昨年以上に整っています。ぜひ頑張りましょう! 期待しています。

そして最後にこれは中3限定なのですが、昨年予算不足により断念した(苦笑)あることを今年はやります。あること? うん? 何だろう? 詳細は後日発表! 乞うご期待! Ⅰ期生のみんな去年はごめんなー。でもみんなの分も用意するからね。またこれも中3限定ですが、48時間特訓の最終日8月15日に終了イベントをやります! 去年の先輩方の写真でバレバレですが、今年もやります! ちなみにこれ去年の宇津木です。初公開です!笑

 

その他にも現在宇津木が全身全霊を傾けて思案中です(笑) 確定次第またみなさんにお知らせしますね。あ! 当然夏期講習自体の勉強内容もちゃんと考えてます!笑 任せろー笑

教室の取り組み

2022.06.07

1学期期末テスト目標点設定および具体的な学習行動

昨日で1学期の中間テストを実施をしたすべての中学の皆さんの得点および学年順位が判明しました。昨年同様、本太中、与野東中は中間テストがなかったため、教室の皆さん全員のデーターではありませんが、結果は以下となりました。

まずは昨年度と今年度の教室平均を比較してみます。

   2021年度     2022年度

中3 448.4点 → 451.9点  

中2 451.7点 → 445.9点

中1 446.7点 → 454.8点

となり、惜しくも中2生は昨年度を上回ることはできませんでしたが(つまり現中3生です)、中1、中3生は昨年以上の結果を残してくれました。具体的に、440点以上の方は以下。

中3468点、463点、462点、457点、449点、447点、441点

中2462点、453点、447点、446点、445点、441点

中1485点、461点、451点

同様に学年順位で校内ベスト10に入ってくれた皆さんは以下(順位と中学名の表記は一致していません) こちらも残念ながら中2生のベスト10はいませんでした。

中32位、4位、4位、10位(大原中、与野南中、鳩ケ谷中)

中14位、8位(木崎中、大宮南中)

種々の宿題や課題をこなしながらのけして十分とはいえない勉強で臨んだ今年度最初の中間テスト。470点台、480点台という高得点の方は少なかったものの、ほぼ全員の皆さんが440点以上と全体的に大変よく頑張ってくれたと宇津木は思います。ただしある特定教科を失敗してしまった方や前学年に比べて大きく学年順位を下げてしまった方もいます。とにかく次回の期末テストでは何としても点数を取ってもらいます。何としてもです。皆さんは御三家専門教室に通っているんですよね? そんなやる気に燃える皆さんが周りの子に負けてしまうなんて悔しくないですか?

とにかく次回の期末テストで高得点を取ってもらうために昨日から教室では動き出しています。それがこれです。

 

1学期期末テスト目標点設計用紙_embed

 

「1学期期末テスト目標点および具体的な学習行動」の設定です。昨日全館放送で話したように、提出日は今週10日(金)。具体的に計画を練ってもらいます。不十分であれば即呼び出し、再提出です。そして決めたことは、100%確実にやってもらいます。またこれはお父さんお母さんにも見ていただきます。よろしいですね。宇津木との約束です。とりあえず今回は中1、中2限定とします。中3の皆さんはふだんと同じようにとにやくやれるだけのことをやっていきましょう。みんななら大丈夫!

さてこの教室で県立御三家を狙うということは、同時にいくつもの課題や勉強をこなしていかないといけません。先日中3のある子と中間の結果について話をしたとき、その子は「なかなか時間が取れずに思うような勉強はできなかったけれど過去最高の順位が取れた」と。↓の記事にも書いたように、去年の半分程度の勉強しかできなくても、ふだんからいろいろと取り組むことにより、点数や学年順位を上げていってほしい。ムチャな話であることは当然承知の上です。しかしそうやって先輩たちは塾の勉強と学校の定期テストの勉強を両立させてきました。そしてちゃんと結果を残してくれました。先輩たちにできて、皆さんにできないわけがありません。宇津木は、みなさんの御三家北浦和校生としての意地とプライドを信じています。さて次回は全中学期末テストが実施されます。今度は実技教科もあります。とにかくやれるだけの準備を! とにかく早目早目に取りかかりましょう! 今週末からいよいよ高速トレーニング大会です。中3のみんなは北辰対策と同時進行でいこう! 頑張りましょう!

昨日で1学期の中間テストを実施をしたすべての中学の皆さんの得点および学年順位が判明しました。昨年同様、本太中、与野東中は中間テストがなかったため、教室の皆さん全員のデーターではありませんが、結果は以下となりました。

まずは昨年度と今年度の教室平均を比較してみます。

   2021年度     2022年度

中3 448.4点 → 451.9点  

中2 451.7点 → 445.9点

中1 446.7点 → 454.8点

となり、惜しくも中2生は昨年度を上回ることはできませんでしたが(つまり現中3生です)、中1、中3生は昨年以上の結果を残してくれました。具体的に、440点以上の方は以下。

中3468点、463点、462点、457点、449点、447点、441点

中2462点、453点、447点、446点、445点、441点

中1485点、461点、451点

同様に学年順位で校内ベスト10に入ってくれた皆さんは以下(順位と中学名の表記は一致していません) こちらも残念ながら中2生のベスト10はいませんでした。

中32位、4位、4位、10位(大原中、与野南中、鳩ケ谷中)

中14位、8位(木崎中、大宮南中)

種々の宿題や課題をこなしながらのけして十分とはいえない勉強で臨んだ今年度最初の中間テスト。470点台、480点台という高得点の方は少なかったものの、ほぼ全員の皆さんが440点以上と全体的に大変よく頑張ってくれたと宇津木は思います。ただしある特定教科を失敗してしまった方や前学年に比べて大きく学年順位を下げてしまった方もいます。とにかく次回の期末テストでは何としても点数を取ってもらいます。何としてもです。皆さんは御三家専門教室に通っているんですよね? そんなやる気に燃える皆さんが周りの子に負けてしまうなんて悔しくないですか?

とにかく次回の期末テストで高得点を取ってもらうために昨日から教室では動き出しています。それがこれです。

 

1学期期末テスト目標点設計用紙_embed

 

「1学期期末テスト目標点および具体的な学習行動」の設定です。昨日全館放送で話したように、提出日は今週10日(金)。具体的に計画を練ってもらいます。不十分であれば即呼び出し、再提出です。そして決めたことは、100%確実にやってもらいます。またこれはお父さんお母さんにも見ていただきます。よろしいですね。宇津木との約束です。とりあえず今回は中1、中2限定とします。中3の皆さんはふだんと同じようにとにやくやれるだけのことをやっていきましょう。みんななら大丈夫!

さてこの教室で県立御三家を狙うということは、同時にいくつもの課題や勉強をこなしていかないといけません。先日中3のある子と中間の結果について話をしたとき、その子は「なかなか時間が取れずに思うような勉強はできなかったけれど過去最高の順位が取れた」と。↓の記事にも書いたように、去年の半分程度の勉強しかできなくても、ふだんからいろいろと取り組むことにより、点数や学年順位を上げていってほしい。ムチャな話であることは当然承知の上です。しかしそうやって先輩たちは塾の勉強と学校の定期テストの勉強を両立させてきました。そしてちゃんと結果を残してくれました。先輩たちにできて、皆さんにできないわけがありません。宇津木は、みなさんの御三家北浦和校生としての意地とプライドを信じています。さて次回は全中学期末テストが実施されます。今度は実技教科もあります。とにかくやれるだけの準備を! とにかく早目早目に取りかかりましょう! 今週末からいよいよ高速トレーニング大会です。中3のみんなは北辰対策と同時進行でいこう! 頑張りましょう!

塾生の皆様へ

2022.06.06

ルーティン

宇津木は教室をオープンしてから授業が終わって教室をクローズするまで、めまぐるしく一日動いています。今日はその教室での一日を簡単にご紹介します。実は午後イチ教室をオープンして、室内の照明、コミル、PCなどの機器をすべてオンにしたあと、宇津木は必ずやることが3つあります。

その1、出席簿と教室内に掲示している宿題指示書のチェックから始まります。当然自分が担当した昨日の授業クラスの分はすべて昨日中に終わっていますので、チェックはしません。つまり昨日実施をした宇津木以外の授業クラスのそれらを念入りにチェックをするわけです。実は、出席簿には生徒の皆さんの出欠以外に担当の先生はいろいろなことを書いてくれます。漢字、語句、英単語などの毎回の確認テストの結果は当然のことながら、宿題の進捗状況や何か気になったことがあるとそこにちょこっと書いてくれるのです。当然、大きな問題があれば授業後報告してくれますが、だいたいこれらのものを一通りチェックすると皆さんの様子が手に取るように分かります。また宇津木は時たま用事もないのに授業中にいろいろなクラスの様子を覗きにいくことがありますよね?(まあそこで必ず宇津木からいじられる子もいるわけですが。。笑)正式用語でいうとこれは教室巡回といいます。そこでの皆さんの様子と翌日のチェック作業での皆さんの学習の進捗状況はほぼ一致します。やはり明るく元気いっぱいに授業を受けている皆さんは確認テストの出来もいいですし、当然いろいろな課題もきちんとやってきてくれます。いいですか? 宿題課題忘れは全学年全教科とも宇津木に分かってしまってるんですからね(笑)仏の顔も三度ではなく、もしそのようなことが二回ならまだしも三回続くと宇津木の逆鱗にふれます(笑)要注意です(笑)

その2、スクパスのチェックです。これも宇津木が担当している小5、小6算数や中1、中2数学は授業開始までに反転学習でちゃんと授業動画を見て予習をしているかチェックを終えていますが、それ以外の学年、教科の分を同じようにチェックをしていきます。小学生の算数のデイリートレーニング、中学生の基礎トレ、その他全学年実施しているエレメントテストの種々のフォロー学習などの進捗状況を丁寧にチェックしていきます。いちおうここまではだいたい皆さんこなしてきてくれていますが、ずばり言います(笑) 完璧ではありません(笑) 上記その1の出席簿の記載内容をチェックした結果とこのスクパスの進捗状況の結果は実はほぼ一致しています。ちゃんとやっている子は当たり前ですが、確認テスト等もちゃんと合格点を取ってくれているわけです。繰り返します(笑) 宇津木は全部チェックしています(笑) たまたま1回の忘れならまだしも2回、3回続くと。。言わなくてもわかりますね(笑) 要注意です(笑) 皆さん、ご承知のように宇津木は滅多に皆さんを怒りません。だって皆さんちゃんとやってきてくれますからね。でも昨年ある学年では何回もカミナリを落とした経験があることはその学年の皆さんは記憶していますよね(笑) 何回もいいます(笑) 要注意です(笑)

そして最後、その3です。毎日の授業アンケートのチェックです。皆さんが毎回授業を終わったあとに書いてくれているあの毎日の満足度アンケートです。これまた自分の授業クラスの分は授業後にチェックをしますので、その他の学年のアンケートをこれまた丁寧にチェックします。特に宇津木が注目している箇所は「きょうの授業内容で一番大事だと思ったことはなんですか?」といちばんの下の自由記入欄です。当然「きょうの授業がわかりやすかったかどうか」「きょうの授業は楽しかったかどうか」そして「宿題はやってきましたか」もチェックしますが、上記の2点は特に時間をかけます。場合によっては3回見直す場合もあります(笑) 今回の三者面談でも宇津木から「復習の重要性」「復習の具体的なやり方」を徹底的に言われた方がいますよね? その日の授業が終わったあと、短時間でもいいのでこうやって今日の授業内容を振り返る。これはとりもなおさず授業の復習です。「ああ今日はこういうことをやったんだ」「今日の授業のなかでいちばん大事なポイントはこれだよね」と今日の授業を振り返って皆さんアンケートに書いてくれています。実はこの「きょうの授業内容で一番大事だと思ったことはなんですか」は、昨年より今年のほうが数段きちんと書いてくれています。去年の中3、Ⅰ期生の中には早く帰りたい気持ちが満々で、適当にアンケートを書いて帰ってしまう子も一部いたのですが(ね、〇〇さんと〇〇さんです!笑)今年はどの学年も本当にちゃんと書いてくれています。エライぞ~笑 こういう当たり前のことがきちんとできる子は必ず成績が伸びます! 絶対です!

次に別の記事でも書いたことがある下の空白、自由記入欄です。去年の中3、Ⅰ期生はホント絵心のある子が多くて、ここにいろいろなイラストや似顔絵などを書いてくれて毎回宇津木を楽しませてくれたのですが、今年の皆さんもいろいろ書いてくれています。ただし大半の皆さんは真面目なコメントを残してくれています。先日小学生の算数の授業後にある子が書いてくれたアンケートをご紹介します。本当に「塾生の鏡」のようなアンケートでした(笑)

 

いかがでしょうか。これ小学生のアンケートです。ここまで書かれてしまうと「よし!何としても成績を上げてあげよう」と思います(笑) ホントこの子のような、真面目で前向きな子が圧倒的に多いのがこの御三家北浦和校なのです。ごめん! 全員と言えないところがちょっとツラいところです(笑)

さて塾生の皆さん、けして宇津木を面白がらせなくてもかまいません(笑) 今のまま、みんななりにきちんとアンケートを書いていってください。今でもたまに何か困ったことやツラいことがあった場合にここに正直に書いてくれる子もいます。大丈夫! 宇津木はちゃんと見てます! 直接言いにくいことはこれからもアンケートに書いてね。

さて今日も明るく、元気いっぱいに授業をやりますかー さて今日も毎日の満足度アンケートが楽しみです。たまには面白いことを書いていいからね(笑)

宇津木は教室をオープンしてから授業が終わって教室をクローズするまで、めまぐるしく一日動いています。今日はその教室での一日を簡単にご紹介します。実は午後イチ教室をオープンして、室内の照明、コミル、PCなどの機器をすべてオンにしたあと、宇津木は必ずやることが3つあります。

その1、出席簿と教室内に掲示している宿題指示書のチェックから始まります。当然自分が担当した昨日の授業クラスの分はすべて昨日中に終わっていますので、チェックはしません。つまり昨日実施をした宇津木以外の授業クラスのそれらを念入りにチェックをするわけです。実は、出席簿には生徒の皆さんの出欠以外に担当の先生はいろいろなことを書いてくれます。漢字、語句、英単語などの毎回の確認テストの結果は当然のことながら、宿題の進捗状況や何か気になったことがあるとそこにちょこっと書いてくれるのです。当然、大きな問題があれば授業後報告してくれますが、だいたいこれらのものを一通りチェックすると皆さんの様子が手に取るように分かります。また宇津木は時たま用事もないのに授業中にいろいろなクラスの様子を覗きにいくことがありますよね?(まあそこで必ず宇津木からいじられる子もいるわけですが。。笑)正式用語でいうとこれは教室巡回といいます。そこでの皆さんの様子と翌日のチェック作業での皆さんの学習の進捗状況はほぼ一致します。やはり明るく元気いっぱいに授業を受けている皆さんは確認テストの出来もいいですし、当然いろいろな課題もきちんとやってきてくれます。いいですか? 宿題課題忘れは全学年全教科とも宇津木に分かってしまってるんですからね(笑)仏の顔も三度ではなく、もしそのようなことが二回ならまだしも三回続くと宇津木の逆鱗にふれます(笑)要注意です(笑)

その2、スクパスのチェックです。これも宇津木が担当している小5、小6算数や中1、中2数学は授業開始までに反転学習でちゃんと授業動画を見て予習をしているかチェックを終えていますが、それ以外の学年、教科の分を同じようにチェックをしていきます。小学生の算数のデイリートレーニング、中学生の基礎トレ、その他全学年実施しているエレメントテストの種々のフォロー学習などの進捗状況を丁寧にチェックしていきます。いちおうここまではだいたい皆さんこなしてきてくれていますが、ずばり言います(笑) 完璧ではありません(笑) 上記その1の出席簿の記載内容をチェックした結果とこのスクパスの進捗状況の結果は実はほぼ一致しています。ちゃんとやっている子は当たり前ですが、確認テスト等もちゃんと合格点を取ってくれているわけです。繰り返します(笑) 宇津木は全部チェックしています(笑) たまたま1回の忘れならまだしも2回、3回続くと。。言わなくてもわかりますね(笑) 要注意です(笑) 皆さん、ご承知のように宇津木は滅多に皆さんを怒りません。だって皆さんちゃんとやってきてくれますからね。でも昨年ある学年では何回もカミナリを落とした経験があることはその学年の皆さんは記憶していますよね(笑) 何回もいいます(笑) 要注意です(笑)

そして最後、その3です。毎日の授業アンケートのチェックです。皆さんが毎回授業を終わったあとに書いてくれているあの毎日の満足度アンケートです。これまた自分の授業クラスの分は授業後にチェックをしますので、その他の学年のアンケートをこれまた丁寧にチェックします。特に宇津木が注目している箇所は「きょうの授業内容で一番大事だと思ったことはなんですか?」といちばんの下の自由記入欄です。当然「きょうの授業がわかりやすかったかどうか」「きょうの授業は楽しかったかどうか」そして「宿題はやってきましたか」もチェックしますが、上記の2点は特に時間をかけます。場合によっては3回見直す場合もあります(笑) 今回の三者面談でも宇津木から「復習の重要性」「復習の具体的なやり方」を徹底的に言われた方がいますよね? その日の授業が終わったあと、短時間でもいいのでこうやって今日の授業内容を振り返る。これはとりもなおさず授業の復習です。「ああ今日はこういうことをやったんだ」「今日の授業のなかでいちばん大事なポイントはこれだよね」と今日の授業を振り返って皆さんアンケートに書いてくれています。実はこの「きょうの授業内容で一番大事だと思ったことはなんですか」は、昨年より今年のほうが数段きちんと書いてくれています。去年の中3、Ⅰ期生の中には早く帰りたい気持ちが満々で、適当にアンケートを書いて帰ってしまう子も一部いたのですが(ね、〇〇さんと〇〇さんです!笑)今年はどの学年も本当にちゃんと書いてくれています。エライぞ~笑 こういう当たり前のことがきちんとできる子は必ず成績が伸びます! 絶対です!

次に別の記事でも書いたことがある下の空白、自由記入欄です。去年の中3、Ⅰ期生はホント絵心のある子が多くて、ここにいろいろなイラストや似顔絵などを書いてくれて毎回宇津木を楽しませてくれたのですが、今年の皆さんもいろいろ書いてくれています。ただし大半の皆さんは真面目なコメントを残してくれています。先日小学生の算数の授業後にある子が書いてくれたアンケートをご紹介します。本当に「塾生の鏡」のようなアンケートでした(笑)

 

いかがでしょうか。これ小学生のアンケートです。ここまで書かれてしまうと「よし!何としても成績を上げてあげよう」と思います(笑) ホントこの子のような、真面目で前向きな子が圧倒的に多いのがこの御三家北浦和校なのです。ごめん! 全員と言えないところがちょっとツラいところです(笑)

さて塾生の皆さん、けして宇津木を面白がらせなくてもかまいません(笑) 今のまま、みんななりにきちんとアンケートを書いていってください。今でもたまに何か困ったことやツラいことがあった場合にここに正直に書いてくれる子もいます。大丈夫! 宇津木はちゃんと見てます! 直接言いにくいことはこれからもアンケートに書いてね。

さて今日も明るく、元気いっぱいに授業をやりますかー さて今日も毎日の満足度アンケートが楽しみです。たまには面白いことを書いていいからね(笑)

教室の取り組み

2022.06.04

反転学習

御三家北浦和校独自の指導システムのうち、今回は中学生の英語・数学と小学生の算数で実施している「反転学習」についてご紹介いたします。

前述しましたように、実施をしている教科は中学生の英語・数学と小学生の算数。生徒の皆さんがふだん取り組んでいる「スクパス」を利用します。具体的には、このスクパスに収納されている授業動画を見て、「次回の授業内容を予習」してきます(1回の授業のために見る授業動画は4~6本程度ありますが、1本ずつは数分で終わります)。その後、数学であればそれぞれのUNITのQuestionを解きます(答え合わせは実際の授業でおこないます)。1学期の学習内容はすべて新出単元ですので、通常のやり方で授業を進めるとこの「導入を理解」させるためにけっこう時間を取られるものですが、御三家北浦和校の皆さんは「自宅で1回予習をしている」ため、「本番の授業が2回目の学習」となり、スムースに進めることができます。当然、自宅で予習をしてきたからといって我々担当者は説明を省略することはしませんので、結果、新出単元の理解度が通常の授業の進め方に比べて、2倍、3倍となり、定着度も抜群となるわけです。

実は、この「反転学習の恩恵」をいちばん受けているのが小学生の算数です。御三家北浦和校の小5、小6生は国語、算数の2教科指導。使用テキストは他の教室のRXコースの皆さんが使用しているSCメソッドシリーズと先進コースの皆さんが使用しているフロンティアを併用しています。通常、このSCメソッドシリーズは週2コマでこなしますが、反転学習で予習をしていることもあり半分の1コマで進め、もう1コマでフロンティアを進めることができます。つまり、2倍のスピードで進めても十分に理解、定着が図られ、さらにフロンティアで応用力、発展力を鍛えることができるという優れもののシステムなのです。

さらに御三家北浦和校ではトレーニングジムという無料の特訓授業を小6生は月2回、小5生は月1回(そろそろ小5生も月2回にしようと考えています)実施し、月例テスト対策や弱点補強講座を実施。↓でご説明した「小5、小6から県立御三家合格」を目指し、生徒の皆さんと一緒に頑張っています。宇津木が↓でご説明をした「小学生のうちから県立御三家合格という高い目標に向かってきちんと学習し、4年後、5年後を目指して真剣に頑張っている」わけです。

いかがでしょうか。「御三家北浦和校の秘密(笑)」のいったんをご理解いただけましたでしょうか。実際、単元によっては上記のように進まない場合もありますが、そこは算数を担当している宇津木が上手に調整をしています。この専門校の名にふさわしい「確実に実力をつける指導システム」によって、5月月例テストのダントツ全塾1位が達成できたわけです。来週もまた小5、小6の皆さんと一緒に明るく、元気いっぱいに頑張っていきます。

御三家北浦和校独自の指導システムのうち、今回は中学生の英語・数学と小学生の算数で実施している「反転学習」についてご紹介いたします。

前述しましたように、実施をしている教科は中学生の英語・数学と小学生の算数。生徒の皆さんがふだん取り組んでいる「スクパス」を利用します。具体的には、このスクパスに収納されている授業動画を見て、「次回の授業内容を予習」してきます(1回の授業のために見る授業動画は4~6本程度ありますが、1本ずつは数分で終わります)。その後、数学であればそれぞれのUNITのQuestionを解きます(答え合わせは実際の授業でおこないます)。1学期の学習内容はすべて新出単元ですので、通常のやり方で授業を進めるとこの「導入を理解」させるためにけっこう時間を取られるものですが、御三家北浦和校の皆さんは「自宅で1回予習をしている」ため、「本番の授業が2回目の学習」となり、スムースに進めることができます。当然、自宅で予習をしてきたからといって我々担当者は説明を省略することはしませんので、結果、新出単元の理解度が通常の授業の進め方に比べて、2倍、3倍となり、定着度も抜群となるわけです。

実は、この「反転学習の恩恵」をいちばん受けているのが小学生の算数です。御三家北浦和校の小5、小6生は国語、算数の2教科指導。使用テキストは他の教室のRXコースの皆さんが使用しているSCメソッドシリーズと先進コースの皆さんが使用しているフロンティアを併用しています。通常、このSCメソッドシリーズは週2コマでこなしますが、反転学習で予習をしていることもあり半分の1コマで進め、もう1コマでフロンティアを進めることができます。つまり、2倍のスピードで進めても十分に理解、定着が図られ、さらにフロンティアで応用力、発展力を鍛えることができるという優れもののシステムなのです。

さらに御三家北浦和校ではトレーニングジムという無料の特訓授業を小6生は月2回、小5生は月1回(そろそろ小5生も月2回にしようと考えています)実施し、月例テスト対策や弱点補強講座を実施。↓でご説明した「小5、小6から県立御三家合格」を目指し、生徒の皆さんと一緒に頑張っています。宇津木が↓でご説明をした「小学生のうちから県立御三家合格という高い目標に向かってきちんと学習し、4年後、5年後を目指して真剣に頑張っている」わけです。

いかがでしょうか。「御三家北浦和校の秘密(笑)」のいったんをご理解いただけましたでしょうか。実際、単元によっては上記のように進まない場合もありますが、そこは算数を担当している宇津木が上手に調整をしています。この専門校の名にふさわしい「確実に実力をつける指導システム」によって、5月月例テストのダントツ全塾1位が達成できたわけです。来週もまた小5、小6の皆さんと一緒に明るく、元気いっぱいに頑張っていきます。

教室の取り組み

2022.06.03

小6SUG全塾1位達成!

5月月例テストデーターが到着し、すでに皆さんに配布をいたしました。前回4月月例テストでは他教室の中学受験コースの皆さんも同じテストを受験しているため、全塾クラス別順位はお知らせいたしませんでしたが、今回他教室ではRXコースというスクール21の小学生の皆さんの一般的なクラスのみ受験しており成績比較ができるため、後日発行予定の教室通信の最新版で各学年の全塾クラス別順位はお知らせいたしますが、まずこちらで先にご報告いたします。

結果は国語、算数、合計とも堂々全塾1位。それもダントツの全塾1位でした。

教室平均は国語62.8、算数64.4、合計65.2

国語は2位の教室、クラスとの偏差値の差は6.5。算数の差は7.7。そして合計の差は何と7.9。小学生から県立御三家を目指す皆さんにふさわしいぶっちぎりの1位でした。ホントよく頑張ってくれました。エライぞ~笑

しかし宇津木はこの結果はある意味当然だと思っています。こんなに小学生のうちから県立御三家合格という高い目標に向かってきちんと学習し、4年後、5年後を目指してここまで真剣に頑張っている方は普通いません。保護者会や三者面談ですでにご案内済の通り、宇津木が課している小学生の皆さんのこの月例テストの在籍目安は、問題が標準レベルであれば得点160点以上、偏差値58以上。そして目標は偏差値60以上ですが、すでに全員の皆さんがその目標をクリアーしています。小6から持ち上がった現中1の皆さんが順調に頑張ってくれているように、現小5、現小6の皆さんも本当に頑張ってくれています。

目指せ! 小5・小6から県立御三家合格! 

さらに頑張っていきましょう!

追伸。また月例テストで国語、算数、合計のトリプル全塾1位を取ってくれたらみんなでお祝いをしような~(笑)

5月月例テストデーターが到着し、すでに皆さんに配布をいたしました。前回4月月例テストでは他教室の中学受験コースの皆さんも同じテストを受験しているため、全塾クラス別順位はお知らせいたしませんでしたが、今回他教室ではRXコースというスクール21の小学生の皆さんの一般的なクラスのみ受験しており成績比較ができるため、後日発行予定の教室通信の最新版で各学年の全塾クラス別順位はお知らせいたしますが、まずこちらで先にご報告いたします。

結果は国語、算数、合計とも堂々全塾1位。それもダントツの全塾1位でした。

教室平均は国語62.8、算数64.4、合計65.2

国語は2位の教室、クラスとの偏差値の差は6.5。算数の差は7.7。そして合計の差は何と7.9。小学生から県立御三家を目指す皆さんにふさわしいぶっちぎりの1位でした。ホントよく頑張ってくれました。エライぞ~笑

しかし宇津木はこの結果はある意味当然だと思っています。こんなに小学生のうちから県立御三家合格という高い目標に向かってきちんと学習し、4年後、5年後を目指してここまで真剣に頑張っている方は普通いません。保護者会や三者面談ですでにご案内済の通り、宇津木が課している小学生の皆さんのこの月例テストの在籍目安は、問題が標準レベルであれば得点160点以上、偏差値58以上。そして目標は偏差値60以上ですが、すでに全員の皆さんがその目標をクリアーしています。小6から持ち上がった現中1の皆さんが順調に頑張ってくれているように、現小5、現小6の皆さんも本当に頑張ってくれています。

目指せ! 小5・小6から県立御三家合格! 

さらに頑張っていきましょう!

追伸。また月例テストで国語、算数、合計のトリプル全塾1位を取ってくれたらみんなでお祝いをしような~(笑)

塾生の皆様へ

2022.06.01

部活の引退

いよいよ今日から6月です。↓で宇津木が言った「勝負の6月」となりました。今年の中3生。御三家北浦和校のⅡ期生にあたる学年。中2から2年ごしで鍛えている学年ですが、ホントここまで順調にきてくれました(エライぞ~笑)。中2の12月保護者会からすでに「みんなが確実に県立御三家に合格できるかどうかは中3の1学期をどう頑張るか、どう乗り切るかが勝負」と檄をとばし続け、あれからもう半年です。ホント早いね。。本当にここまでよく頑張ってきてくれました。

最近授業の1コマ目と2コマ目の間の10分の休憩時間に、疲れた感じで机に突っ伏している姿を多く見かけるようになりました。「う~ん。。疲れてるんだろうな。。」とにかく部活も一生懸命頑張る子が多いので、そんなみんなを見て宇津木は心の中で「あともうちょっとだぞ~頑張れ~」と檄をとばしています、心の中でね。

そんな中3生の部活の引退状況を把握するために、授業教室にもうひとつあるホワイトボードに中3生に部活の引退日を書いてもらいました。これです。写真を撮るためにいったん名前は消しました。

 

 

本当にあともうちょっとです。もうちょっとの間、辛抱するんだぞ。もうちょっとの我慢だからね。部活を引退したらみんなでお祝いしような(笑) そしてそこからがみんなの頑張り、第二章の始まりだよ。

追伸。明日先生は1週間ぶりに休みます。土日の怒涛の三面で身体がもうヘトヘト。。明日は月例テスト! 頑張れー! 何かあれば安場先生まで相談しなさい。ホームページの更新も明日はお休みね。ではまたあさって金曜日に。

いよいよ今日から6月です。↓で宇津木が言った「勝負の6月」となりました。今年の中3生。御三家北浦和校のⅡ期生にあたる学年。中2から2年ごしで鍛えている学年ですが、ホントここまで順調にきてくれました(エライぞ~笑)。中2の12月保護者会からすでに「みんなが確実に県立御三家に合格できるかどうかは中3の1学期をどう頑張るか、どう乗り切るかが勝負」と檄をとばし続け、あれからもう半年です。ホント早いね。。本当にここまでよく頑張ってきてくれました。

最近授業の1コマ目と2コマ目の間の10分の休憩時間に、疲れた感じで机に突っ伏している姿を多く見かけるようになりました。「う~ん。。疲れてるんだろうな。。」とにかく部活も一生懸命頑張る子が多いので、そんなみんなを見て宇津木は心の中で「あともうちょっとだぞ~頑張れ~」と檄をとばしています、心の中でね。

そんな中3生の部活の引退状況を把握するために、授業教室にもうひとつあるホワイトボードに中3生に部活の引退日を書いてもらいました。これです。写真を撮るためにいったん名前は消しました。

 

 

本当にあともうちょっとです。もうちょっとの間、辛抱するんだぞ。もうちょっとの我慢だからね。部活を引退したらみんなでお祝いしような(笑) そしてそこからがみんなの頑張り、第二章の始まりだよ。

追伸。明日先生は1週間ぶりに休みます。土日の怒涛の三面で身体がもうヘトヘト。。明日は月例テスト! 頑張れー! 何かあれば安場先生まで相談しなさい。ホームページの更新も明日はお休みね。ではまたあさって金曜日に。

塾生の皆様へ

2022.05.31

中1・中2の理社の重要性

今日は中1、中2の皆さん向けに、埼玉県立入試における「理社の中1・中2内容の重要性」について、ご説明をします。熟読してください!笑 皆さん、驚くかもしれませんが、実は、入試に出題される7~8割程度の問題は、中1、中2内容からの出題です。知ってましたか? それでは今回の分析では2020年度の問題を使って、説明をします。

(1)「高校入試から見た理科・社会の教科特性」
それでは下記の2020年度の埼玉県公立入試の、理科・社会の問題の大問ごとの出題分析表を見てください。

 

中1中2理社_embed

 

理科も社会も、中1・中2で学習した単元・内容が入試問題の大半を占めていることが分かると思います。つまり県公立入試を考えた場合、理科・社会の学習は、中1・中2の学習内容の定着が特に重要であるということが言えるわけです(ここ、超重要です! マーカーを引いておいてください!笑)。国語・数学・英語の3教科が、中学1年→中学2年→中学3年と、学習内容が積み上がって難易度・重要度が増していくのに対して、理科・社会は、各学年の学習内容は単元ごとに独立しており、そのまま入試に直結していきます。また、原則として中1・中2で学習したことは、学年が上がっても、再び出てきませんよね。たとえば数学であれば、中1の比例・反比例は中2では一次関数、そして中3では二次関数と内容がレベルアップしていくものの「関数」なるものは毎年学習するのに対して、理科、社会は学校では再度勉強するチャンスはありません。ですから皆さんが定期的にしっかりと復習しておかないと、徐々に忘れていってしまう可能性が高い教科とも言えます。「後でやろう、後でやれる」ということは、忘れてしまう可能性を高めてしまうことになりがちです。どの教科も中1・中2の学習は大切ですが、理科・社会においては、特にその度合いが強いと言えます。4月の保護者会に参加をしてくれた高1の卒塾生のみんなも全員が「理社はちゃんとやっておいたほうがいい」って言ってくれていましたよね。

(2)「高校入試における理科・社会の重要度」
来春の埼玉県公立入試の合否判定も、入試得点+内申点の加算された得点の合計点で判定されます。内申点の比重がけして低くないことは今回の保護者会でもご説明した通りですが、やはり勝負を分けるのは「各教科100点満点の5教科の総合得点」です。今年度の中3第1回の北辰テストでは偏差値70が405点。また今春の埼玉県公立入試における卒塾生の合格者平均点は浦和412点、大宮普通401点、浦和一女386点であったことから考えても、皆さんが入試本番で県立御三家を狙う場合は380点~410点程度の得点が必要となります。保護者会でもご案内した通り、埼玉県の入試問題は、特に数学が難しく、数学の苦手な方は入試本番で50点または60点台の得点で終わってしまう可能性もあります(特に今年は難しく、50点以下の方もたくさんいたわけです)。そういうなかで上記の点数を取るためには、やはり理科・社会の得点を確実に取っていくことが必要ですし、ある意味、理科・社会の得点が合否を左右するといっても過言ではありません。中1、中2の皆さんも県公立入試で、「英語・数学・国語はできたけれど、理科・社会が思うように得点できなかった」、「理科社会をもっと勉強しておけば良かった」という、残念な結果にならないように、普段からしっかりと頑張っていきましょう。すでにご案内している通り、普段3教科で勉強している中1・中2の皆さんは、夏期講習では5教科となりますし、中2生は9月から正式に5教科受講に移行していきます。徹底的に頑張りましょう。

(3)「通常の学習における理科・社会の重要度」
実は、理科、社会の学習をすることは理社の成績を上げるということ以外に、いろいろな学習効果があります。いろいろな知識を覚えることによって雑学的な知識も増え、特に国語や英語の語学系の教科に大変良い効果をもたらしますし、結果的に英数国の3教科の成績も上がっていくものなのです。埼玉県公立入試は5教科ですし、入試の調査書も9教科全体での数値ですから、3教科の成績よりも5教科全体の数字を上げていくことが、何よりも入試では重要なこととなるわけです。
なお中1、中2生の『月例テスト』は通常は3教科受験ですが、中2生は講習会月である8月と1月は5教科受験となります。また中2生は来月6月19日に北辰第1回が、そして中1・中2生とも来年3月5日には北辰会場テストがあります。普段から徹底的に勉強を進め、来年3月の北辰テストでは全員5科偏差値70を超えられるように頑張っていきましょう。

 

さて1学期の中間テストの結果もだいたい判明しました。細かな集計結果は、近日中にお知らせいたしますが、今回470点台や480点台という方は少なかったものの、教室全体としては大変良好な結果となっています。塾の宿題・課題をやりながらのテスト勉強でしたので、なかなか勉強の時間が取れなかった方も多かったと思いますし、中1の皆さんは初めてのテスト勉強でなかなかペースもつかめなかったことと思います。でも御三家北浦和校の皆さんは、宇津木からの厳しい注文にもへこたれずによく頑張ってくれました(笑) 今回の記事を読んでわかってくれたと思いますが、中1、中2の皆さんもふだんから理社の勉強はやらないといけません。中1の皆さんであれば学校の授業と並行しての学習を、そして中2の皆さんは6月19日の北辰テストに向けて理社の総復習に早速とりかかってください。欲しい教材がある子や何をやったらいいかわからない子は宇津木まで。相談をして即決めますし、即用意します。頑張りましょう!

今日は中1、中2の皆さん向けに、埼玉県立入試における「理社の中1・中2内容の重要性」について、ご説明をします。熟読してください!笑 皆さん、驚くかもしれませんが、実は、入試に出題される7~8割程度の問題は、中1、中2内容からの出題です。知ってましたか? それでは今回の分析では2020年度の問題を使って、説明をします。

(1)「高校入試から見た理科・社会の教科特性」
それでは下記の2020年度の埼玉県公立入試の、理科・社会の問題の大問ごとの出題分析表を見てください。

 

中1中2理社_embed

 

理科も社会も、中1・中2で学習した単元・内容が入試問題の大半を占めていることが分かると思います。つまり県公立入試を考えた場合、理科・社会の学習は、中1・中2の学習内容の定着が特に重要であるということが言えるわけです(ここ、超重要です! マーカーを引いておいてください!笑)。国語・数学・英語の3教科が、中学1年→中学2年→中学3年と、学習内容が積み上がって難易度・重要度が増していくのに対して、理科・社会は、各学年の学習内容は単元ごとに独立しており、そのまま入試に直結していきます。また、原則として中1・中2で学習したことは、学年が上がっても、再び出てきませんよね。たとえば数学であれば、中1の比例・反比例は中2では一次関数、そして中3では二次関数と内容がレベルアップしていくものの「関数」なるものは毎年学習するのに対して、理科、社会は学校では再度勉強するチャンスはありません。ですから皆さんが定期的にしっかりと復習しておかないと、徐々に忘れていってしまう可能性が高い教科とも言えます。「後でやろう、後でやれる」ということは、忘れてしまう可能性を高めてしまうことになりがちです。どの教科も中1・中2の学習は大切ですが、理科・社会においては、特にその度合いが強いと言えます。4月の保護者会に参加をしてくれた高1の卒塾生のみんなも全員が「理社はちゃんとやっておいたほうがいい」って言ってくれていましたよね。

(2)「高校入試における理科・社会の重要度」
来春の埼玉県公立入試の合否判定も、入試得点+内申点の加算された得点の合計点で判定されます。内申点の比重がけして低くないことは今回の保護者会でもご説明した通りですが、やはり勝負を分けるのは「各教科100点満点の5教科の総合得点」です。今年度の中3第1回の北辰テストでは偏差値70が405点。また今春の埼玉県公立入試における卒塾生の合格者平均点は浦和412点、大宮普通401点、浦和一女386点であったことから考えても、皆さんが入試本番で県立御三家を狙う場合は380点~410点程度の得点が必要となります。保護者会でもご案内した通り、埼玉県の入試問題は、特に数学が難しく、数学の苦手な方は入試本番で50点または60点台の得点で終わってしまう可能性もあります(特に今年は難しく、50点以下の方もたくさんいたわけです)。そういうなかで上記の点数を取るためには、やはり理科・社会の得点を確実に取っていくことが必要ですし、ある意味、理科・社会の得点が合否を左右するといっても過言ではありません。中1、中2の皆さんも県公立入試で、「英語・数学・国語はできたけれど、理科・社会が思うように得点できなかった」、「理科社会をもっと勉強しておけば良かった」という、残念な結果にならないように、普段からしっかりと頑張っていきましょう。すでにご案内している通り、普段3教科で勉強している中1・中2の皆さんは、夏期講習では5教科となりますし、中2生は9月から正式に5教科受講に移行していきます。徹底的に頑張りましょう。

(3)「通常の学習における理科・社会の重要度」
実は、理科、社会の学習をすることは理社の成績を上げるということ以外に、いろいろな学習効果があります。いろいろな知識を覚えることによって雑学的な知識も増え、特に国語や英語の語学系の教科に大変良い効果をもたらしますし、結果的に英数国の3教科の成績も上がっていくものなのです。埼玉県公立入試は5教科ですし、入試の調査書も9教科全体での数値ですから、3教科の成績よりも5教科全体の数字を上げていくことが、何よりも入試では重要なこととなるわけです。
なお中1、中2生の『月例テスト』は通常は3教科受験ですが、中2生は講習会月である8月と1月は5教科受験となります。また中2生は来月6月19日に北辰第1回が、そして中1・中2生とも来年3月5日には北辰会場テストがあります。普段から徹底的に勉強を進め、来年3月の北辰テストでは全員5科偏差値70を超えられるように頑張っていきましょう。

 

さて1学期の中間テストの結果もだいたい判明しました。細かな集計結果は、近日中にお知らせいたしますが、今回470点台や480点台という方は少なかったものの、教室全体としては大変良好な結果となっています。塾の宿題・課題をやりながらのテスト勉強でしたので、なかなか勉強の時間が取れなかった方も多かったと思いますし、中1の皆さんは初めてのテスト勉強でなかなかペースもつかめなかったことと思います。でも御三家北浦和校の皆さんは、宇津木からの厳しい注文にもへこたれずによく頑張ってくれました(笑) 今回の記事を読んでわかってくれたと思いますが、中1、中2の皆さんもふだんから理社の勉強はやらないといけません。中1の皆さんであれば学校の授業と並行しての学習を、そして中2の皆さんは6月19日の北辰テストに向けて理社の総復習に早速とりかかってください。欲しい教材がある子や何をやったらいいかわからない子は宇津木まで。相談をして即決めますし、即用意します。頑張りましょう!

塾生の皆様へ

2022.05.30

数学計算1000題特訓

 お待たせしました!(って待ってないって?笑) 今年の夏期講習の午前特訓で使用する数学計算1000題特訓の中3用№1が完成しました!

とりあえずプリントの1枚目だけどうぞ。

 

1000題特訓_embed

 

合計260問! 北辰テストの過去問から問題を拾って、プリントを作成しました! ね、宇津木先生は有言実行なのです。でもあと残り740問作らないと。。(って作らなくてもいいよって声が聞こえます。。笑)

任せろ~! みんなのために頑張ります!笑

 お待たせしました!(って待ってないって?笑) 今年の夏期講習の午前特訓で使用する数学計算1000題特訓の中3用№1が完成しました!

とりあえずプリントの1枚目だけどうぞ。

 

1000題特訓_embed

 

合計260問! 北辰テストの過去問から問題を拾って、プリントを作成しました! ね、宇津木先生は有言実行なのです。でもあと残り740問作らないと。。(って作らなくてもいいよって声が聞こえます。。笑)

任せろ~! みんなのために頑張ります!笑

塾生の皆様へ

2022.05.28

似顔絵

先日ホームページ中段の「教室を写真で紹介」に、現高1の山口くんが中3の時にアンケートに描いてくれた先生方の似顔絵をアップしました。似顔絵もさることながら、先生方のセリフがもう最高!(笑) ホント各先生方の特徴をつかんでいます。ぜひ下を見てみてください。

現高1生は絵心のある子が多くて、授業アンケートにも毎回いろいろな絵を描いてくれた子が多く、毎回楽しませてくれました(笑)。

そして宇津木がかつて教室長を務めた浦高一女合格専門教室、旧南浦和教室で、先生方の似顔絵コンテストを実施した年がありました。その優秀作品の数々です。

当時宇津木はメガネをかけていたので今とはちょっと感じが違っていますが、もう力作、大作のオンパレードでした(笑)。そのなかのある一枚を拡大してみました。

どうして宇津木の似顔絵っていつもこうなるのか(笑) もうホント燃える闘魂です(笑)

今先生方はふだんマスクをしていますので、似顔絵って描きにくいのですが、御三家北浦和校でもちょっと企画してみようかなと考えています(笑)

先日ホームページ中段の「教室を写真で紹介」に、現高1の山口くんが中3の時にアンケートに描いてくれた先生方の似顔絵をアップしました。似顔絵もさることながら、先生方のセリフがもう最高!(笑) ホント各先生方の特徴をつかんでいます。ぜひ下を見てみてください。

現高1生は絵心のある子が多くて、授業アンケートにも毎回いろいろな絵を描いてくれた子が多く、毎回楽しませてくれました(笑)。

そして宇津木がかつて教室長を務めた浦高一女合格専門教室、旧南浦和教室で、先生方の似顔絵コンテストを実施した年がありました。その優秀作品の数々です。

当時宇津木はメガネをかけていたので今とはちょっと感じが違っていますが、もう力作、大作のオンパレードでした(笑)。そのなかのある一枚を拡大してみました。

どうして宇津木の似顔絵っていつもこうなるのか(笑) もうホント燃える闘魂です(笑)

今先生方はふだんマスクをしていますので、似顔絵って描きにくいのですが、御三家北浦和校でもちょっと企画してみようかなと考えています(笑)

塾生の皆様へ

2022.05.27

いよいよ「勝負の6月」が近づいてきました! さあ頑張れ! 前回の続きです。

いよいよ来週より6月に入ります。3月から始まったこの県立御三家合格専門教室・北浦和校での授業も早いもので4か月目となり、前回5月21日の記事で説明をした「勝負の6月」を迎えます。特に中3の皆さんは前回の記事を読んでもらって、その重要性を痛感してくれたはずです。よろしいですね、この6月を徹底的に頑張らないと、早ければ1か月後に「残念な結果」が次々と現れます。この6月の皆さんへの対応は、今までの宇津木と違って、かなり厳しいものになるということだけはお知らせしておきます。それでは前回の続きです。

①来週実施される6月月例テストできちんと得点を取れるかどうか。
試験範囲を含む詳細は来週30日に発行予定の教室通信で再度まとめますが、全学年来週6月1日(水)2日(木)で6月月例テストが実施されます。すでに中3以外の学年は、授業およびトレーニングジムで月例テスト対策を1回または2回以上実施しています。過去問を見れば、次回の6月月例前に何を事前に勉強してくればよいかは明確です。間違ったところ、できなかったところは大丈夫ですか? 月例テスト本番で似たような問題が出題されても解けるようになっていますか? 必要であればさらに過去問も用意しますので、宇津木や担当の先生に直接声をかけてください。また中3生には先週20日(金)に過去問一年分を配布いたしました。テスト本番まであまり時間はありませんが、とにかくやれるだけの準備をして、テスト本番に臨んでください。クリアーすべき目標最低偏差値は4月、5月は65以上、6月、7月は66以上です。ちなみに4月月例で5科65以上をクリアーしてくれた方は在籍8名中7名で、おひとりの方以外は全員クリアーしています。月例テストの偏差値は北辰テストとは異なりますが、この数値はスクール21の卒塾生の御三家合格者の平均です。とにかくやれるだけ頑張りましょう。
ポイントは、全学年とも新出単元がきちんとできるかどうかです。とうとう中1数学は小学生の復習単元よりも中1内容のほうが配点が高くなりますし、中3数学ではいよいよ因数分解が出題されます。過去問をやってみて、出来が完璧でなければ、テキストやワークなどを月例テスト前に解き直しましょう。

②中間テスト結果を冷静に分析し、期末テストで同じ失敗を繰り返さない。
来週5月30日発行予定の教室通信でここまでに判明している1学期中間テスト結果をまとめます。5教科すべての結果が判明した方は8割程度ですが、中3生はほぼ全員が450点以上をクリアーしています。

前回の記事で細かくご説明しましたが、今回得点が低かった方は「なぜこのような結果となったのか」、至急分析と次回の期末テストに向けての「対策」が必要です。厳しい言い方になりますが、自分なりに取り組んだものの、勉強不足だったと思える方は勉強量を増やすしかありませんし、「最後は何とかなる」と甘く考えていた方がいるとすれば、そう簡単ではなかったということを認識していただくしかありません。宇津木としては全員450点以上、問題の難易度も考慮して少なくとも440点以上は全員に取ってほしいと思っています。とにかく不振者の奮起に期待しますが、次回の期末テストに向けて、再度個人ファイルでのチェックのやり方を説明します。まず塾に来た時は必ず個人ファイルを取り出し、中間期末テストに向けた勉強の進捗状態が一目でわかるような印をつけていってください。たとえば、マーカーを3色用意し、1回目の勉強が終わった単元が黄色、2回目の勉強が終わった単元は緑色、3回目の勉強が終わった単元は赤色のように、試験範囲表を塗っていくというやり方です。試験範囲表が出ていない段階であれば、「いつ、何の教科の、どの単元を」勉強したのかを記入するあのフォーマットに学習内容を記入していきます。ここで重要なことは、自分の勉強を自分で把握する「見える化」です。次回の高速トレーニング大会に参加をする方も前回同様、始める前にファイルを取り出し、終了した際には宇津木にそのファイルを見せチェツクを受けてから帰宅するようにしてください。当然このマーカーチェックには自宅で勉強をした分も含めますので、ファイルは教室に置いておくようにしてください。また近日中に、次回の期末テストに向けた目標点も記入する用紙を配布をします。今回の中間テストの結果の反省と合わせて、自分なりに立てるようにしてください。その後、その目標点に問題があるようであれば、宇津木や担当の先生からいろいろと指導をおこないます。

③6月19日実施の中3第2回北辰テストでは確実に目標偏差値をクリアーしよう。
3月新学期開講後、約3ヶ月が経過しようとしています。ここまで順調に成績を伸ばしてきてくれた方や安定している方が多いなか、なかなか思うような結果を残せていない方もいます。残り2ヶ月足らずでもう夏休みに突入しますし、これから体育祭や部活の大会などの各種行事も続き、落ち着いて勉強に集中するのが難しい時期を迎えます。ただ他の中3生も状況はまったく同じですから、確実に成績を伸ばすためにはこの非常に慌ただしい2ヶ月をどう乗り切り、夏および9月につなげるかにかかってきます。成績を伸ばすポイントはいくつかありますが、北辰テストを例にとると、方法は以下の2つしかありません。

①全教科少しずつ点数をUPさせる。

        →1教科+5点で合計25点UP、すると5科偏差値は約2.5UP!
②苦手な教科をとりあえず集中的に勉強する。

  →1教科+15点で5教科偏差値約1.5UP! 2教科+30点で5教科偏差値約3.0UP!

ただし偏差値というものは「周りの受験生との勝負」ですから、自分の点数が上がっても他の受験生がそれ以上に上がってしまえば、数値は下がってしまいます(過去の中3生の例で、2学期の北辰偏差値がどんどん下がってしまったというのはこのようなケースがほとんどです)。前回の記事で詳しく説明をしましたが、勝負は7月北辰、9月北辰の2回平均で皆さんが希望している併願私立の合格目安をクリアーしてしまうことです。ですから次回北辰6月は7月につなげる成績を取らなくてはいけません。また北辰テストは、いわゆる「実力テスト」ですので、一般に既習分野全般から試験範囲は設定されます。「これまでに学習したことがどれだけ定着しているか」「これまで学習したことをどれだけ活用できるか」、このような力が試されます。また何年か前に学習したことも問われます。この点が中学校の定期テストや塾の確認テスト、単元テスト等と大きく異なる点です。このような実力テストに対する対応にはいくつものポイントがあります。このポイントを押さえて確実に対策することで、偏差値の大幅アップも可能となります。このポイントを、テスト前の事前準備(いわゆるテスト対策)、テスト中のポイント、テスト後の行動の3つの場面に分けてまとめていきます。

1.前回の反省点・改善点の再確認・次回目標の再確認 
前回、目標に達しなかった教科、失点の内容等をあらためて確認してください。同じ過ちを繰り返さないように強く意識すべきですし、前回の反省点をもとに、フォロー学習や解き直し、見直しが完了していないようであれば至急おこなってください。その上で、前回の結果をふまえ目標を決めてください。
★チェックポイント
◇ミスによって失点した問題(どのようなミスをしたか)の再確認
◇知識不足により失点した問題(その知識事項及び周辺事項は覚えたか)
◇弱点分野のフォロー学習は完了したか
◇次回の目標(3科偏差値・5科偏差値・特に強化する教科)
※数値的な目安は次回の5/30の社会の授業中に宇津木から説明をいたします。

2.試験範囲の確認
北辰テストは実力テストですが、出題範囲は既習分野に限定されています。そして、回を追うごとに少しずつ試験範囲は広がっていきます。注目点は、その回に新しく試験範囲に加わった内容です。これは出題される可能性が極めて高い内容です。6月北辰で新たに加わる内容は以下となります。
◆6月北辰で新たに加わる内容
国語…なし
数学…式の展開と因数分解
英語…教科書によって異なりますが、中3の内容はほぼ出題されません。
社会…日清・日露戦争から世界恐慌の手前まで
理科…なし
理科は前回同様、中1・中2の全範囲が出題されます。自分が苦手としている単元・分野は確実に対策をしておきましょう。

3.学習計画の策定
次に行うべきことは具体的な学習計画の策定です。教科ごとに優先順位を決めて、効果的な計画を策定する必要があります。とにかく今回は「短期間で得点を上げられそうな内容」を優先し、教科ごとに学習計画を立ててください。計画する上でのポイントは以下となります。
★チェックポイント
◇追加される試験範囲に対応する練習(知識事項・考え方)
◇教科ごとの弱点分野の演習
◇時間配分の練習
対策学習といっても、何も特別なことを行うわけではありません。日頃学習している事柄の精度を上げることと、実力テスト特有の応用問題に対する対応力を磨くことです。それらを実施するための対策教材の一例を来週中にまとめますので、月例テスト終了後から確実に進めていってください。またこの北辰テスト向けの対策学習のチェツクも、中間期末向けのファイルシステムを使用してください。

なお「試験当日の注意」と「試験直後の対応」に関する諸注意は次回以降の記事に回します。先生方は、みなさんの「浦高・大宮・一女にいきたい」「できれば国立附属もチャレンジしたい」という夢をぜひとも叶えてあげたいですし、やれることは今後も何でもやっていく覚悟です。残された時間はそう多くはありません。ここまでの文章を読んで「何とかガンバロウ」と思ってくれた方は、残り3週間やれるだけのことをやってください。

いよいよ来週より6月に入ります。3月から始まったこの県立御三家合格専門教室・北浦和校での授業も早いもので4か月目となり、前回5月21日の記事で説明をした「勝負の6月」を迎えます。特に中3の皆さんは前回の記事を読んでもらって、その重要性を痛感してくれたはずです。よろしいですね、この6月を徹底的に頑張らないと、早ければ1か月後に「残念な結果」が次々と現れます。この6月の皆さんへの対応は、今までの宇津木と違って、かなり厳しいものになるということだけはお知らせしておきます。それでは前回の続きです。

①来週実施される6月月例テストできちんと得点を取れるかどうか。
試験範囲を含む詳細は来週30日に発行予定の教室通信で再度まとめますが、全学年来週6月1日(水)2日(木)で6月月例テストが実施されます。すでに中3以外の学年は、授業およびトレーニングジムで月例テスト対策を1回または2回以上実施しています。過去問を見れば、次回の6月月例前に何を事前に勉強してくればよいかは明確です。間違ったところ、できなかったところは大丈夫ですか? 月例テスト本番で似たような問題が出題されても解けるようになっていますか? 必要であればさらに過去問も用意しますので、宇津木や担当の先生に直接声をかけてください。また中3生には先週20日(金)に過去問一年分を配布いたしました。テスト本番まであまり時間はありませんが、とにかくやれるだけの準備をして、テスト本番に臨んでください。クリアーすべき目標最低偏差値は4月、5月は65以上、6月、7月は66以上です。ちなみに4月月例で5科65以上をクリアーしてくれた方は在籍8名中7名で、おひとりの方以外は全員クリアーしています。月例テストの偏差値は北辰テストとは異なりますが、この数値はスクール21の卒塾生の御三家合格者の平均です。とにかくやれるだけ頑張りましょう。
ポイントは、全学年とも新出単元がきちんとできるかどうかです。とうとう中1数学は小学生の復習単元よりも中1内容のほうが配点が高くなりますし、中3数学ではいよいよ因数分解が出題されます。過去問をやってみて、出来が完璧でなければ、テキストやワークなどを月例テスト前に解き直しましょう。

②中間テスト結果を冷静に分析し、期末テストで同じ失敗を繰り返さない。
来週5月30日発行予定の教室通信でここまでに判明している1学期中間テスト結果をまとめます。5教科すべての結果が判明した方は8割程度ですが、中3生はほぼ全員が450点以上をクリアーしています。

前回の記事で細かくご説明しましたが、今回得点が低かった方は「なぜこのような結果となったのか」、至急分析と次回の期末テストに向けての「対策」が必要です。厳しい言い方になりますが、自分なりに取り組んだものの、勉強不足だったと思える方は勉強量を増やすしかありませんし、「最後は何とかなる」と甘く考えていた方がいるとすれば、そう簡単ではなかったということを認識していただくしかありません。宇津木としては全員450点以上、問題の難易度も考慮して少なくとも440点以上は全員に取ってほしいと思っています。とにかく不振者の奮起に期待しますが、次回の期末テストに向けて、再度個人ファイルでのチェックのやり方を説明します。まず塾に来た時は必ず個人ファイルを取り出し、中間期末テストに向けた勉強の進捗状態が一目でわかるような印をつけていってください。たとえば、マーカーを3色用意し、1回目の勉強が終わった単元が黄色、2回目の勉強が終わった単元は緑色、3回目の勉強が終わった単元は赤色のように、試験範囲表を塗っていくというやり方です。試験範囲表が出ていない段階であれば、「いつ、何の教科の、どの単元を」勉強したのかを記入するあのフォーマットに学習内容を記入していきます。ここで重要なことは、自分の勉強を自分で把握する「見える化」です。次回の高速トレーニング大会に参加をする方も前回同様、始める前にファイルを取り出し、終了した際には宇津木にそのファイルを見せチェツクを受けてから帰宅するようにしてください。当然このマーカーチェックには自宅で勉強をした分も含めますので、ファイルは教室に置いておくようにしてください。また近日中に、次回の期末テストに向けた目標点も記入する用紙を配布をします。今回の中間テストの結果の反省と合わせて、自分なりに立てるようにしてください。その後、その目標点に問題があるようであれば、宇津木や担当の先生からいろいろと指導をおこないます。

③6月19日実施の中3第2回北辰テストでは確実に目標偏差値をクリアーしよう。
3月新学期開講後、約3ヶ月が経過しようとしています。ここまで順調に成績を伸ばしてきてくれた方や安定している方が多いなか、なかなか思うような結果を残せていない方もいます。残り2ヶ月足らずでもう夏休みに突入しますし、これから体育祭や部活の大会などの各種行事も続き、落ち着いて勉強に集中するのが難しい時期を迎えます。ただ他の中3生も状況はまったく同じですから、確実に成績を伸ばすためにはこの非常に慌ただしい2ヶ月をどう乗り切り、夏および9月につなげるかにかかってきます。成績を伸ばすポイントはいくつかありますが、北辰テストを例にとると、方法は以下の2つしかありません。

①全教科少しずつ点数をUPさせる。

        →1教科+5点で合計25点UP、すると5科偏差値は約2.5UP!
②苦手な教科をとりあえず集中的に勉強する。

  →1教科+15点で5教科偏差値約1.5UP! 2教科+30点で5教科偏差値約3.0UP!

ただし偏差値というものは「周りの受験生との勝負」ですから、自分の点数が上がっても他の受験生がそれ以上に上がってしまえば、数値は下がってしまいます(過去の中3生の例で、2学期の北辰偏差値がどんどん下がってしまったというのはこのようなケースがほとんどです)。前回の記事で詳しく説明をしましたが、勝負は7月北辰、9月北辰の2回平均で皆さんが希望している併願私立の合格目安をクリアーしてしまうことです。ですから次回北辰6月は7月につなげる成績を取らなくてはいけません。また北辰テストは、いわゆる「実力テスト」ですので、一般に既習分野全般から試験範囲は設定されます。「これまでに学習したことがどれだけ定着しているか」「これまで学習したことをどれだけ活用できるか」、このような力が試されます。また何年か前に学習したことも問われます。この点が中学校の定期テストや塾の確認テスト、単元テスト等と大きく異なる点です。このような実力テストに対する対応にはいくつものポイントがあります。このポイントを押さえて確実に対策することで、偏差値の大幅アップも可能となります。このポイントを、テスト前の事前準備(いわゆるテスト対策)、テスト中のポイント、テスト後の行動の3つの場面に分けてまとめていきます。

1.前回の反省点・改善点の再確認・次回目標の再確認 
前回、目標に達しなかった教科、失点の内容等をあらためて確認してください。同じ過ちを繰り返さないように強く意識すべきですし、前回の反省点をもとに、フォロー学習や解き直し、見直しが完了していないようであれば至急おこなってください。その上で、前回の結果をふまえ目標を決めてください。
★チェックポイント
◇ミスによって失点した問題(どのようなミスをしたか)の再確認
◇知識不足により失点した問題(その知識事項及び周辺事項は覚えたか)
◇弱点分野のフォロー学習は完了したか
◇次回の目標(3科偏差値・5科偏差値・特に強化する教科)
※数値的な目安は次回の5/30の社会の授業中に宇津木から説明をいたします。

2.試験範囲の確認
北辰テストは実力テストですが、出題範囲は既習分野に限定されています。そして、回を追うごとに少しずつ試験範囲は広がっていきます。注目点は、その回に新しく試験範囲に加わった内容です。これは出題される可能性が極めて高い内容です。6月北辰で新たに加わる内容は以下となります。
◆6月北辰で新たに加わる内容
国語…なし
数学…式の展開と因数分解
英語…教科書によって異なりますが、中3の内容はほぼ出題されません。
社会…日清・日露戦争から世界恐慌の手前まで
理科…なし
理科は前回同様、中1・中2の全範囲が出題されます。自分が苦手としている単元・分野は確実に対策をしておきましょう。

3.学習計画の策定
次に行うべきことは具体的な学習計画の策定です。教科ごとに優先順位を決めて、効果的な計画を策定する必要があります。とにかく今回は「短期間で得点を上げられそうな内容」を優先し、教科ごとに学習計画を立ててください。計画する上でのポイントは以下となります。
★チェックポイント
◇追加される試験範囲に対応する練習(知識事項・考え方)
◇教科ごとの弱点分野の演習
◇時間配分の練習
対策学習といっても、何も特別なことを行うわけではありません。日頃学習している事柄の精度を上げることと、実力テスト特有の応用問題に対する対応力を磨くことです。それらを実施するための対策教材の一例を来週中にまとめますので、月例テスト終了後から確実に進めていってください。またこの北辰テスト向けの対策学習のチェツクも、中間期末向けのファイルシステムを使用してください。

なお「試験当日の注意」と「試験直後の対応」に関する諸注意は次回以降の記事に回します。先生方は、みなさんの「浦高・大宮・一女にいきたい」「できれば国立附属もチャレンジしたい」という夢をぜひとも叶えてあげたいですし、やれることは今後も何でもやっていく覚悟です。残された時間はそう多くはありません。ここまでの文章を読んで「何とかガンバロウ」と思ってくれた方は、残り3週間やれるだけのことをやってください。

塾生の皆様へ

2022.05.25

2022年度夏期講習

すでに教室通信の5月16日号からご案内を始めておりますが、夏期講習の概要が固まりました。今春の埼玉県公立入試の数学のさらなる難化を受けて、今年の夏は「数学(算数)中心の夏」「数学(算数)を徹底的に鍛える夏」となります。ここで宇津木が「徹底的」という言葉を使う以上、冗談ではすまないことは塾生の皆さんはもうお分かりですよね(笑) 脅すつもりは毛頭ありませんが、「徹底的にやります(笑)」。

すでに夏期講習の時間割予定版も完成しましたので、まずは時間割をじっくりと見てみてください。はいこれです。

 

2022夏期講習時間割予定版_embed

 

中学生の皆さんは気づきましたか? 「あれ?中1・中2は毎日数学があるじゃん!」「うん?中3は数学の授業回数が多いぞ」、そうです。その通りです(笑)。そして、さらに、何事にも頑張る御三家北浦和校の皆さんは、これで終わらないことくらい想像していますよね(笑)

「あれ?早朝特訓以外に午前特訓がある!」、そうです。その通りです(笑) 御三家北浦和校の恒例の名物特訓となった早朝特訓以外に、今年は朝8時半からやる「午前特訓」を複数回実施します。そしてその「午前特訓」です。いちおう希望制とする予定ですが、当然事情があって参加できない方を除いて皆さん参加をしてくれますよね?(ちょっと脅迫めいてますが。。笑) 詳細はこれから決めますが、今までの早朝特訓のような自習メインの形式ではなく、この日とこの日はこれというふうに、数学(算数)の計算特訓、名付けて「数学(算数)1000題特訓」なるひたすら計算をやる特訓を計画しています。「なんていうことを宇津木先生は計画しているのよ」と思い切り嘆いているみんなの顔が目に浮かびます(笑) やるといったらやります(笑) 「ホントに1000題やるんだろうか。。」と心配している子も多いと思います。ホントにやります(笑)

詳細は順次お知らせしていきます。とにかくこの夏は徹底的に頑張りましょう。頑張るぞ~おー

追伸、明日宇津木はお休みです。よってホームページの更新はありません。ごめんね。じゃあまた金曜日に。

すでに教室通信の5月16日号からご案内を始めておりますが、夏期講習の概要が固まりました。今春の埼玉県公立入試の数学のさらなる難化を受けて、今年の夏は「数学(算数)中心の夏」「数学(算数)を徹底的に鍛える夏」となります。ここで宇津木が「徹底的」という言葉を使う以上、冗談ではすまないことは塾生の皆さんはもうお分かりですよね(笑) 脅すつもりは毛頭ありませんが、「徹底的にやります(笑)」。

すでに夏期講習の時間割予定版も完成しましたので、まずは時間割をじっくりと見てみてください。はいこれです。

 

2022夏期講習時間割予定版_embed

 

中学生の皆さんは気づきましたか? 「あれ?中1・中2は毎日数学があるじゃん!」「うん?中3は数学の授業回数が多いぞ」、そうです。その通りです(笑)。そして、さらに、何事にも頑張る御三家北浦和校の皆さんは、これで終わらないことくらい想像していますよね(笑)

「あれ?早朝特訓以外に午前特訓がある!」、そうです。その通りです(笑) 御三家北浦和校の恒例の名物特訓となった早朝特訓以外に、今年は朝8時半からやる「午前特訓」を複数回実施します。そしてその「午前特訓」です。いちおう希望制とする予定ですが、当然事情があって参加できない方を除いて皆さん参加をしてくれますよね?(ちょっと脅迫めいてますが。。笑) 詳細はこれから決めますが、今までの早朝特訓のような自習メインの形式ではなく、この日とこの日はこれというふうに、数学(算数)の計算特訓、名付けて「数学(算数)1000題特訓」なるひたすら計算をやる特訓を計画しています。「なんていうことを宇津木先生は計画しているのよ」と思い切り嘆いているみんなの顔が目に浮かびます(笑) やるといったらやります(笑) 「ホントに1000題やるんだろうか。。」と心配している子も多いと思います。ホントにやります(笑)

詳細は順次お知らせしていきます。とにかくこの夏は徹底的に頑張りましょう。頑張るぞ~おー

追伸、明日宇津木はお休みです。よってホームページの更新はありません。ごめんね。じゃあまた金曜日に。

教室の取り組み

2022.05.24

宿題指示書

御三家北浦和校では、塾生の皆さんに確実に宿題・課題をやってもらうために、それぞれの授業教室に宿題指示書が貼ってあります。中3の現物は以下。

 

ですから「何が宿題かわかりませんでした」「どこをやってくればいいかわかりませんでした」という宿題忘れの方が普通言う弁解ができないようになっています(笑) 実際、昨年度も宿題課題の消化状況はほぼ完璧でした。

ところがこの「宿題から逃さない(笑)」体制を引いているにもかかわらず、スクパスで各自おこなう課題をちょこちょこ忘れる勇敢な塾生(笑)がいるのも事実です。ね、〇〇くん!

皆さん、この宿題はメモ帳に書いたり、テキストの宿題記入欄に書いたりしている方が多いのですが、スマホを持っている方の中には、この指示書を「写メっている」方もいます。我々が小学生、中学生の頃はこんな便利な代物はありませんでしたから、「時代は変わったものだ」としみじみ感慨にふけっています(笑)

そしてこの宿題指示書ですが、先生方の中には、単に宿題の連絡だけではなく、生徒の皆さんへいろいろなメッセージを書き込んでくれている先生もいます。

その大半が「熱いメッセージ」で、そういうメッセージを見るたびに、「なんてこの教室はすばらしい教室なんだろう」とひとりで悦に入っている宇津木先生がいます(笑)

宇津木が目指す、「みんなが、明るく、元気いっぱいな、そして抜群に仲の良い教室」「みんなで同じ目標に向かって、徹底的に頑張る教室」。毎回活発な授業が展開され、生徒の皆さんの笑いが絶えない教室を見ると、逆に宇津木自身が皆さんからパワーをもらっています。そういう一体感のある教室が、この御三家北浦和校なのです。さあ今日も明るく、楽しく、やるよ!

御三家北浦和校では、塾生の皆さんに確実に宿題・課題をやってもらうために、それぞれの授業教室に宿題指示書が貼ってあります。中3の現物は以下。

 

ですから「何が宿題かわかりませんでした」「どこをやってくればいいかわかりませんでした」という宿題忘れの方が普通言う弁解ができないようになっています(笑) 実際、昨年度も宿題課題の消化状況はほぼ完璧でした。

ところがこの「宿題から逃さない(笑)」体制を引いているにもかかわらず、スクパスで各自おこなう課題をちょこちょこ忘れる勇敢な塾生(笑)がいるのも事実です。ね、〇〇くん!

皆さん、この宿題はメモ帳に書いたり、テキストの宿題記入欄に書いたりしている方が多いのですが、スマホを持っている方の中には、この指示書を「写メっている」方もいます。我々が小学生、中学生の頃はこんな便利な代物はありませんでしたから、「時代は変わったものだ」としみじみ感慨にふけっています(笑)

そしてこの宿題指示書ですが、先生方の中には、単に宿題の連絡だけではなく、生徒の皆さんへいろいろなメッセージを書き込んでくれている先生もいます。

その大半が「熱いメッセージ」で、そういうメッセージを見るたびに、「なんてこの教室はすばらしい教室なんだろう」とひとりで悦に入っている宇津木先生がいます(笑)

宇津木が目指す、「みんなが、明るく、元気いっぱいな、そして抜群に仲の良い教室」「みんなで同じ目標に向かって、徹底的に頑張る教室」。毎回活発な授業が展開され、生徒の皆さんの笑いが絶えない教室を見ると、逆に宇津木自身が皆さんからパワーをもらっています。そういう一体感のある教室が、この御三家北浦和校なのです。さあ今日も明るく、楽しく、やるよ!

塾生の皆様へ

2022.05.23

教室通信

御三家北浦和校の皆さんにとっておなじみの教室通信です。入試情報やら成績情報やら、とにかく毎回毎回内容が盛りだくさんの教室通信ですが、当然作成にはものすごい時間がかかります。。でも毎回楽しみにしていらっしゃる保護者の皆様は多いですし、塾生のなかには「愛読してます」と言ってくれる子(笑)やきちんとファイリングしてくれている子もいるので、今後も毎回頑張って作成していこうと思っています。

さて現在三者面談が進行中ですが、先週土日で合計9組の皆様との面談がまず終了いたしました。そこでこの教室通信に関するある事実が2件判明。。。

まずは中2の〇〇くん。何と前回の5月16日号をお父様、お母様にお渡ししていなかったことが判明! 宇津木が直近の5月月例の状況報告を始めた時に、「前回の教室通信でもご案内いたしました通り」と切り出すと、お父様が「うん?」と怪訝な表情。で現物を見せながら話を続けようとすると、「これ見ていません」とのこと。三者面談という場で、きちんと配布物を渡していなかったことが判明してしまった〇〇くんでした。。

次に中1の〇〇くん。こちらはちゃんとお母様に渡してくれていたのですが、本人が教室通信をきちんと読んでいなかったことが判明! この教室通信を配布する際には、全館放送で教室通信の注意点を放送するのですが、あまりにも記載内容が多いので、大事なポイントしか宇津木は放送しません。そして「あとはちゃんと読んでおくように」と注意を促すのですが、〇〇くんはそれをさらっとしか読まず、家に帰ったらすぐにお母様に渡してしまっていたとのこと。お母様からも「大事なことがたくさん書いてあるんだから、あなたもきちんと読みなさい」と言われる始末。。

とまあ教室通信2つの判明事件でした(笑)

他のみんなは大丈夫だよね?(笑)

御三家北浦和校の皆さんにとっておなじみの教室通信です。入試情報やら成績情報やら、とにかく毎回毎回内容が盛りだくさんの教室通信ですが、当然作成にはものすごい時間がかかります。。でも毎回楽しみにしていらっしゃる保護者の皆様は多いですし、塾生のなかには「愛読してます」と言ってくれる子(笑)やきちんとファイリングしてくれている子もいるので、今後も毎回頑張って作成していこうと思っています。

さて現在三者面談が進行中ですが、先週土日で合計9組の皆様との面談がまず終了いたしました。そこでこの教室通信に関するある事実が2件判明。。。

まずは中2の〇〇くん。何と前回の5月16日号をお父様、お母様にお渡ししていなかったことが判明! 宇津木が直近の5月月例の状況報告を始めた時に、「前回の教室通信でもご案内いたしました通り」と切り出すと、お父様が「うん?」と怪訝な表情。で現物を見せながら話を続けようとすると、「これ見ていません」とのこと。三者面談という場で、きちんと配布物を渡していなかったことが判明してしまった〇〇くんでした。。

次に中1の〇〇くん。こちらはちゃんとお母様に渡してくれていたのですが、本人が教室通信をきちんと読んでいなかったことが判明! この教室通信を配布する際には、全館放送で教室通信の注意点を放送するのですが、あまりにも記載内容が多いので、大事なポイントしか宇津木は放送しません。そして「あとはちゃんと読んでおくように」と注意を促すのですが、〇〇くんはそれをさらっとしか読まず、家に帰ったらすぐにお母様に渡してしまっていたとのこと。お母様からも「大事なことがたくさん書いてあるんだから、あなたもきちんと読みなさい」と言われる始末。。

とまあ教室通信2つの判明事件でした(笑)

他のみんなは大丈夫だよね?(笑)

教室の取り組み

2022.05.22

お子さまをやる気にさせる接し方

現在全学年対象の三者面談が進行中です。宇津木から、ここまでの状況報告や今後の注意点やお願いなど多数のご案内をしておりますが、同時に保護者の皆様からいろいろなご相談をいただいています。特に、小学生の頃と生活が激変した中1の皆様や今後いろいろな意味で難しい時期を迎える中2の皆様から、「具体的に我々保護者は我が子にどのように接すべきか」というご質問を多くいただきます。

前回の小5~中2の保護者会の資料の一部として、「お子さまをやる気にさせる接し方」についてのポイントご案内いたしました。今回はそれに一部加筆をして、再度掲載いたします。

中1・中2という学年は、前学年に比べて、学習内容が格段にレベルアップしますし、加えて部活動も活発になり、かなりあわただしい毎日を送ることになります。またいろいろな意味において、お子さまたちは実に大きく「成長」してくれる時期でもあります。このお子さまたちの「成長」にはあらゆる要素がからんでくるものですが、保護者の皆様の「ほめる」・「励ます」ということが実に大きな影響を与えます。

1.「自信・やる気」を伸ばす

我が子の「自信・やる気」を伸ばすつもりで話をしていても、ついつい叱ってしまう。また冷静にしているつもりがつい感情的になってしまう。ときどきそういうことがございませんでしょうか?実はそこが第一のポイントだと宇津木は思います。実はお子さまの「自信・やる気」を伸ばすためには、何といっても「ほめる」ということが大切な要素であり、お子さま側の立場からすれば、その「ほめられる」要素をたくさん作るように頑張っていくというところがポイントです。我が子のだらしない姿を見てしまうと、ついつい叱ってしまうという皆様のお気持ちは十分に分かりますし、私もそういう場面になればつい叱ってしまうということもあります。ただしこの「叱る」ということを今回は少し別な角度から見ていただけないでしょうか。人間誰でも叱られて気持ちのいいわけはありません。結局のところ、なぜ自分が悪いのか理解できないと、その「説教」はまったく意味を持ちません。
ですからご家庭でも、何かあった場合には、「叱る」のではなく、「注意する」「気をつける」にとどめ、「自信・やる気」を損なわないように、ぜひ言葉を選んでいただけないでしょうか。また「叱る」まではいかなくとも、皮肉を言ったり、お子様をけなすような言い方をしてしまうと、お子様も気持ちがいいわけはありませんし、モロに感情をぶつけあってしまうとなかなかそのしこりは消えないものです。ほんの少し、ほんの一歩でもお子さまが自らの力で前進できたとき、ぜひ「ほめて」いただきたいと思います。

2.「考える力」を伸ばす

次に、「ああしなさい」「こうしなさい」でなく、「どうしたらいいと思う?」と提案型の言い方をしてみてはいかがでしょうか。日常生活の中で、お子さまたちは実に多くの「体験学習」を積み重ねています。問題に出会った際に自力で解決の道を考える、その積み重ねがお子さまたちの「成長」の糧となります。当然のことながら成功することもあれば、失敗することもあるわけです。そういう「体験学習」の積み重ねのなかで、ひとつひとつ成功体験を重ねていくことによって、だんだんと自信もついていきますし、「知恵」もついていきます。思春期のお子さまたちですから、お父様、お母様とじっくりと話をすることを毛嫌いする方もいらっしゃるかもしれません。そういう場合には、私たちが中に入り、仲介役を果たすことで相談しやすい環境を作ります。今後も何かございましたら、ご遠慮なく宇津木までお声をかけていただけないでしょうか。

3.「積極性・行動力」を伸ばす

また引っ込み思案・内気のお子さまに、ハキハキと何をするにも自分から進んでやってほしい。そういう思いの保護者の皆様もけして少なくないと思います。上記1でご説明いたしましたように、決して「叱って」もさほど効果はありせん。では、どうすればいいのでしょうか?
ポイントは「叱る」ではなく、「励ます」ことだと考えます。どんなことでもいいですから、積極的な行動があれば、すかさず「ほめる」。「やったね」「すごいぞ」といった調子です。はじめのうち、お子さま方の反応はにぶく、しっくりかみ合わないかもしれません。しかし何回も何回も言っているうちに、繰り返しているうちに、「やればできるんだ」と思うようになっていってくれるものです。この「ほめる」「励ます」というふたつの要素は、我々も普段から特に留意をしている点です。人間、誰でもほめられればやはりうれしいものです。今まで引っ込み思案気味だったお子さまが、一気に変わったというケースもけして少なくありません。少々時間がかかるお子さまもいらっしゃるかもしれませんが、ぜひ実行してみてください。

4.お子さまを「ひとり立ち」させる

これも重要なポイントのひとつです。どうしてもお子様が低学年の場合、すべてにおいて、お父様やお母様が管理をされるご家庭もあります。なかなかきちんとできない我が子を目の前にすれば、当然いろいろと口出しをしたくなるお父様やお母様のお気持ちもわかります。ところが学年が上になってもずっとこのやり方を続けていくと、必ずどこかで衝突をしたり、かみあわなくなったりしていきます。お子さまの性格も千差万別ですし、小さい時には素直に従ってくれていたものが、反抗期を迎えればなかなかそうはいかなくなるものです。お子さまたちは好きなものは夢中になってやってくれます。それはいろいろな理由が考えられますが、やはり自分で決めたもの、考えたものだからということではないでしょうか。どんなお子さまでも押し付けられたものはやはり気が進みません。少しずつお子さま自身に自分で決めて行動させる、自分で考えて行動する習慣をつけさせることは、この時期とても重要なことのひとつです。その上でお子さまが困っているようであれば、ぜひ一緒にどうしたらよいかを考えていただけたらと思いますし、そういう場合はご遠慮なく宇津木までお申し出いただけたらと思います。宇津木はよく「何かあれば先生のところに話をしに来なさい」という言い方をします。結果、現状たくさんの皆さんが宇津木に声をかけてくれます。たわいもない話で終わってしまう方もいれば、ちょっとした勉強の悩みを相談にきてくれる方もたくさんいます。保護者の皆様も、「何かあれば宇津木先生に相談しなさい」と言っていただいているようです。まずは、自分で考え、行動をし、次に誰かを頼るという習慣をぜひ身につけていただけたらと願っています。

5.「社会性」を身につける

そして最後に重要な要素が、この「社会のルール」を身に付けることだと考えます。塾というところは生徒の皆さんにとって生活の一部でしかありませんが、我々はここをお子さま方が置かれている社会の典型的な場所と考えています。やはり塾のルールを守れない、いい加減な方は、学校でも、ご家庭でもきちんといろいろな約束ごとを守れないのではないでしょうか。ですから宇津木は勉強以外の点でも厳しく注意を与えることがあります。昨年の保護者会で「授業が終わったあとの自分の机の上にたまった消しゴムのカスをどうしているか」という話をしました。ぱあ~と周囲にはらってしまう子もいれば、そのままの子もいます。ところがきちんとカスを集め、ゴミ箱に捨ててから帰る子もいます。実はこの消しゴムのカスのように、周りの人のことを考える、自分の行動に責任を持つ、これらひとりの人間として当たり前のことをきちんとできなければ、思うように成績は伸びません。そこで我々大人としては模範を見せなければいけませんし、お子さま方が間違っていればきちんと話をしなければいけないと思うのです。例えば、横断歩道をきちんと渡る、電車・バスでは降りる人が終わってから乗るなど、当たり前のことができないお子さま方を外では多く見かけます。やはり我々大人が率先して行動することが、お子さま方にとって最大最善の「社会性」を身に付けることになるのではないでしょうか。

 

いかがでしょうか。何を当たり前のことを今さらとお感じになった方もいらっしゃるかもしれません。宇津木もこれが100%絶対だと思って指導しているわけではありませんから、日々お子さま方を塾という特殊な環境でお預かりしながら、試行錯誤しながらやっている部分も多数あります。ただし上記の内容の多くは、過去の卒業生や現在の塾生の中で非常に素晴らしい結果を残してくれた、または残してくれている方に共通する特徴でもあります。宇津木はよく保護者会や三者面談で、卒業生の実例を紹介します。やはり成功した方の体験談は参考になりますし、ぜひやってみる、まねてみる価値はあるのではないでしょうか。

 

とにかく教室では、今後も明るく楽しい塾を目指します。我々担当者全員おしゃべり好きですから、授業中脱線することもしばしばです。県立御三家合格専門教室・北浦和校も開校して2年目を迎え、本当にたくさんの皆さんにお通いただいておりますし、生徒の皆さんは明るく、元気いっぱいに授業に、宿題課題にと取り組んでくれています。とにかくこれから夏が明けるまでどれだけ頑張ってもらえるか、生徒の皆さんの気持ちに我々授業担当者がどれだけこたえてあげられるかがポイントだと思っています。再度気持ちを引き締め、全スタッフ、今後の授業に臨みます。何かございましたら、ご遠慮なく宇津木までお声をかけてください。

現在全学年対象の三者面談が進行中です。宇津木から、ここまでの状況報告や今後の注意点やお願いなど多数のご案内をしておりますが、同時に保護者の皆様からいろいろなご相談をいただいています。特に、小学生の頃と生活が激変した中1の皆様や今後いろいろな意味で難しい時期を迎える中2の皆様から、「具体的に我々保護者は我が子にどのように接すべきか」というご質問を多くいただきます。

前回の小5~中2の保護者会の資料の一部として、「お子さまをやる気にさせる接し方」についてのポイントご案内いたしました。今回はそれに一部加筆をして、再度掲載いたします。

中1・中2という学年は、前学年に比べて、学習内容が格段にレベルアップしますし、加えて部活動も活発になり、かなりあわただしい毎日を送ることになります。またいろいろな意味において、お子さまたちは実に大きく「成長」してくれる時期でもあります。このお子さまたちの「成長」にはあらゆる要素がからんでくるものですが、保護者の皆様の「ほめる」・「励ます」ということが実に大きな影響を与えます。

1.「自信・やる気」を伸ばす

我が子の「自信・やる気」を伸ばすつもりで話をしていても、ついつい叱ってしまう。また冷静にしているつもりがつい感情的になってしまう。ときどきそういうことがございませんでしょうか?実はそこが第一のポイントだと宇津木は思います。実はお子さまの「自信・やる気」を伸ばすためには、何といっても「ほめる」ということが大切な要素であり、お子さま側の立場からすれば、その「ほめられる」要素をたくさん作るように頑張っていくというところがポイントです。我が子のだらしない姿を見てしまうと、ついつい叱ってしまうという皆様のお気持ちは十分に分かりますし、私もそういう場面になればつい叱ってしまうということもあります。ただしこの「叱る」ということを今回は少し別な角度から見ていただけないでしょうか。人間誰でも叱られて気持ちのいいわけはありません。結局のところ、なぜ自分が悪いのか理解できないと、その「説教」はまったく意味を持ちません。
ですからご家庭でも、何かあった場合には、「叱る」のではなく、「注意する」「気をつける」にとどめ、「自信・やる気」を損なわないように、ぜひ言葉を選んでいただけないでしょうか。また「叱る」まではいかなくとも、皮肉を言ったり、お子様をけなすような言い方をしてしまうと、お子様も気持ちがいいわけはありませんし、モロに感情をぶつけあってしまうとなかなかそのしこりは消えないものです。ほんの少し、ほんの一歩でもお子さまが自らの力で前進できたとき、ぜひ「ほめて」いただきたいと思います。

2.「考える力」を伸ばす

次に、「ああしなさい」「こうしなさい」でなく、「どうしたらいいと思う?」と提案型の言い方をしてみてはいかがでしょうか。日常生活の中で、お子さまたちは実に多くの「体験学習」を積み重ねています。問題に出会った際に自力で解決の道を考える、その積み重ねがお子さまたちの「成長」の糧となります。当然のことながら成功することもあれば、失敗することもあるわけです。そういう「体験学習」の積み重ねのなかで、ひとつひとつ成功体験を重ねていくことによって、だんだんと自信もついていきますし、「知恵」もついていきます。思春期のお子さまたちですから、お父様、お母様とじっくりと話をすることを毛嫌いする方もいらっしゃるかもしれません。そういう場合には、私たちが中に入り、仲介役を果たすことで相談しやすい環境を作ります。今後も何かございましたら、ご遠慮なく宇津木までお声をかけていただけないでしょうか。

3.「積極性・行動力」を伸ばす

また引っ込み思案・内気のお子さまに、ハキハキと何をするにも自分から進んでやってほしい。そういう思いの保護者の皆様もけして少なくないと思います。上記1でご説明いたしましたように、決して「叱って」もさほど効果はありせん。では、どうすればいいのでしょうか?
ポイントは「叱る」ではなく、「励ます」ことだと考えます。どんなことでもいいですから、積極的な行動があれば、すかさず「ほめる」。「やったね」「すごいぞ」といった調子です。はじめのうち、お子さま方の反応はにぶく、しっくりかみ合わないかもしれません。しかし何回も何回も言っているうちに、繰り返しているうちに、「やればできるんだ」と思うようになっていってくれるものです。この「ほめる」「励ます」というふたつの要素は、我々も普段から特に留意をしている点です。人間、誰でもほめられればやはりうれしいものです。今まで引っ込み思案気味だったお子さまが、一気に変わったというケースもけして少なくありません。少々時間がかかるお子さまもいらっしゃるかもしれませんが、ぜひ実行してみてください。

4.お子さまを「ひとり立ち」させる

これも重要なポイントのひとつです。どうしてもお子様が低学年の場合、すべてにおいて、お父様やお母様が管理をされるご家庭もあります。なかなかきちんとできない我が子を目の前にすれば、当然いろいろと口出しをしたくなるお父様やお母様のお気持ちもわかります。ところが学年が上になってもずっとこのやり方を続けていくと、必ずどこかで衝突をしたり、かみあわなくなったりしていきます。お子さまの性格も千差万別ですし、小さい時には素直に従ってくれていたものが、反抗期を迎えればなかなかそうはいかなくなるものです。お子さまたちは好きなものは夢中になってやってくれます。それはいろいろな理由が考えられますが、やはり自分で決めたもの、考えたものだからということではないでしょうか。どんなお子さまでも押し付けられたものはやはり気が進みません。少しずつお子さま自身に自分で決めて行動させる、自分で考えて行動する習慣をつけさせることは、この時期とても重要なことのひとつです。その上でお子さまが困っているようであれば、ぜひ一緒にどうしたらよいかを考えていただけたらと思いますし、そういう場合はご遠慮なく宇津木までお申し出いただけたらと思います。宇津木はよく「何かあれば先生のところに話をしに来なさい」という言い方をします。結果、現状たくさんの皆さんが宇津木に声をかけてくれます。たわいもない話で終わってしまう方もいれば、ちょっとした勉強の悩みを相談にきてくれる方もたくさんいます。保護者の皆様も、「何かあれば宇津木先生に相談しなさい」と言っていただいているようです。まずは、自分で考え、行動をし、次に誰かを頼るという習慣をぜひ身につけていただけたらと願っています。

5.「社会性」を身につける

そして最後に重要な要素が、この「社会のルール」を身に付けることだと考えます。塾というところは生徒の皆さんにとって生活の一部でしかありませんが、我々はここをお子さま方が置かれている社会の典型的な場所と考えています。やはり塾のルールを守れない、いい加減な方は、学校でも、ご家庭でもきちんといろいろな約束ごとを守れないのではないでしょうか。ですから宇津木は勉強以外の点でも厳しく注意を与えることがあります。昨年の保護者会で「授業が終わったあとの自分の机の上にたまった消しゴムのカスをどうしているか」という話をしました。ぱあ~と周囲にはらってしまう子もいれば、そのままの子もいます。ところがきちんとカスを集め、ゴミ箱に捨ててから帰る子もいます。実はこの消しゴムのカスのように、周りの人のことを考える、自分の行動に責任を持つ、これらひとりの人間として当たり前のことをきちんとできなければ、思うように成績は伸びません。そこで我々大人としては模範を見せなければいけませんし、お子さま方が間違っていればきちんと話をしなければいけないと思うのです。例えば、横断歩道をきちんと渡る、電車・バスでは降りる人が終わってから乗るなど、当たり前のことができないお子さま方を外では多く見かけます。やはり我々大人が率先して行動することが、お子さま方にとって最大最善の「社会性」を身に付けることになるのではないでしょうか。

 

いかがでしょうか。何を当たり前のことを今さらとお感じになった方もいらっしゃるかもしれません。宇津木もこれが100%絶対だと思って指導しているわけではありませんから、日々お子さま方を塾という特殊な環境でお預かりしながら、試行錯誤しながらやっている部分も多数あります。ただし上記の内容の多くは、過去の卒業生や現在の塾生の中で非常に素晴らしい結果を残してくれた、または残してくれている方に共通する特徴でもあります。宇津木はよく保護者会や三者面談で、卒業生の実例を紹介します。やはり成功した方の体験談は参考になりますし、ぜひやってみる、まねてみる価値はあるのではないでしょうか。

 

とにかく教室では、今後も明るく楽しい塾を目指します。我々担当者全員おしゃべり好きですから、授業中脱線することもしばしばです。県立御三家合格専門教室・北浦和校も開校して2年目を迎え、本当にたくさんの皆さんにお通いただいておりますし、生徒の皆さんは明るく、元気いっぱいに授業に、宿題課題にと取り組んでくれています。とにかくこれから夏が明けるまでどれだけ頑張ってもらえるか、生徒の皆さんの気持ちに我々授業担当者がどれだけこたえてあげられるかがポイントだと思っています。再度気持ちを引き締め、全スタッフ、今後の授業に臨みます。何かございましたら、ご遠慮なく宇津木までお声をかけてください。

塾生の皆様へ

2022.05.21

いよいよ「勝負の6月」が近づいてきました! さあ頑張りましょう!

3月から始まった今年度の学習も残り1週間で3か月が経過します。その間、春期講習会があり、月例テストは2回、中3生のみ北辰会場テストが4月にあり、そして中学生の皆さんは今週金曜日に全中学で中間テストが終わりました。中間テストを実施しない中学も一部あったものの、とりあえず大半の皆さんがここまでにいくつかの大きな「関門」や「試練」を経験し、それらを乗り越えつつあります。皆さんにとっての最終目標は、『埼玉県公立入試において、浦和・大宮・浦和一女の県立御三家に余裕をもって合格していただく』ことですが、その最大の関門である入試本番に向けて、教室でしっかりと授業を受け、担当の先生の指示にしたがって自宅で宿題・課題をこなし、その上で皆さんなりにいろいろと工夫しながらここまで勉強を続けてきてくれました。そしてあと1週間でいよいよ6月を迎えます。皆さんを脅すつもりは毛頭ありませんが、「勝負の6月」です。昨年もこの時期に同様のことを申し上げましたが、特に中3の皆さんにとっては、今年度上半期の最大の勝負の月、頑張りどころの月となります。今年3月の新学期開講から、教室ではいろいろな取り組みを続けてきました。この6月を無事に乗り切ることができれば、7月、そしていよいよ夏期講習となります。それではなぜこの6月が「勝負の月」となるのかをご説明します。

塾での月例テストはいよいよ3回目となります。

小5・小6の皆さんは今年度3回目の月例テストとなります。全体的に良好であった前回の5月からどれだけ点数を上げられるかですが、皆さんはすでにある程度の点数に達しています。ですから言い方を変えると、いかに凡ミスをなくし、同じような点数をキープし続けることができるかどうかです。6月月例で小6算数には、いよいよ小6内容(対称な図形)が出題され、オール復習内容ではなくなります。3月からの授業内容の定着がどの程度のものなのかがポイントとなりそうです。

次に中学生の皆さんの月例テストでは、英語・数学では全学年とも新出単元が出題されます。すでに中1数学は4月から正負の数が出題されていますし、中2数学の6月はまだ式の計算ですが、中3数学はいよいよ因数分解が出題されます。まさか公式や解き方を忘れてしまったなんてことはありませんよね? 小6算数と同様に、3月から塾で学習した範囲が続々と出題され始めるわけです。5月までの大半が復習内容であった月であれば「今までの貯金」で何とかなっていたものが、いよいよ直近の皆さんの勉強の頑張りが試される出題に変化していくわけです。確実に全問正解できるかどうか。4月、5月と何とか高得点をキープし続けていたものが、一気に差が出るのが例年この6月あたりです。さてどうなるか。

②各中学での中間テスト結果を受けて、いよいよ1学期の通知表を決める期末テストがあります。

次に6月末から一斉に各中学で期末テストが実施されます。本記事を書いている段階では一部の皆さんしか中間テストの結果は判明していないため、その他大半の皆さんの得点がどの程度であったか気になるところではあります。初めて中間テストを受けた中1の皆さん。とにかく、どういう問題が出るのか、どのような準備をすればよいのか。手探りな状態でここまで最大限のことをやって、テストに臨んでくれたはずです。そして近日中にその結果が出ます。良好な結果であれば、次回も同じような準備をした上で、さらにいろいろ工夫をしてもらえばよいわけです。しかし逆に結果が思わしくなかった場合、今回のやり方を分析し、何かを変えなくてはいけません。また答案も細かくチェックする必要もあります。ひとつの目安は450点を超えられたかどうかです。

そして中2・中3の皆さんです。皆さんはすでに昨年何回も中間・期末テストを経験し、この塾で勉強をしながら、テスト勉強をやってきました。少なくとも「こうすれば点数は取れる」というポイントややり方も何となくはわかっていたはずで、今回もそれを実践してくれたはずです。また宇津木がしつこくなるほど言った「問題を解くだけではダメ」という指示にしたがい、今回もテスト本番に臨んでくれたはずです。中1生と同様、過去の得点状況と比べて、出来はよかった、またはまあまあであれば問題はありません。もうちょっと点数は取れたなと思える教科があれば、次回はちょっとやり方を工夫してもらって、その目標点を取ってもらえばよいわけです。しかし、思うような得点を取れていない場合は問題です。ちょっと言い方は厳しくなりますが、この教室で県立御三家合格を目指していく場合に、この中間・期末テストの勉強を最上位に持ってくることはできませんし、教室方針として今後もその予定はありません。ある程度の勉強をこなせば、まあまあの得点を残してくれる。これがひとつの目安です。誤解してほしくないのは、宇津木は中間期末テストの点数はどうでもよいと考えているわけではないということです。毎回毎回中間期末テストの前に、他の勉強をすべてあと回しにして、中間期末テストの点数のみを上げていくというやり方では、皆さんが希望している県立御三家合格は望めません。また今までの中間期末テストに向けた勉強の半分程度の勉強しかできなくても、いろいろとやり方を工夫し、得点をキープまたは上げていかなければいけないという例え話もしたはずです。夢みたいな話に聞こえたかもしれませんが、かつて先輩方はそうやって頑張ってきたわけです。ふだんから少しずつ勉強を進め、テスト直前には集中的に暗記をしたり、練習を積んだりしてテスト本番に臨み、目標点やそれに近い点数をキープし続けてくれました。話を戻します。よってまずは今回のやり方を「分析・反省」してもらいます。当然その作業には、宇津木を始め、各学年の担当者がともに加わります。同様に答案の分析もおこないます。その上で、「新しいやり方」で次回の期末テストに臨んでもらいます。次回の期末テストまでそう時間はありません。急ぎます。

③この各種テストが続く6月に中3生は北辰会場テストがあります。

そしていよいよ最後です。中3生はそのうえ6月19日(日)に第2回北辰テストがあります。つまり通常の授業の宿題・課題、月例テスト向けの事前準備、期末テスト向けの勉強、そしてこの北辰会場テストと息つく間もないほどテストや各種関門が続きます。そのひとつひとつをいい加減に過ごしてしまえば、絶対に成績は下がっていきます。皆さんの現状の成績はここまでの皆さんの頑張りがあって取れた点数であって、すべてにおいて「何もしないで取れた点数」ではありません。ですから何の準備もしないでテストを受けた場合、試験範囲がどんどん広がっていることもあり、ガクンと下がってしまう可能性が強いと宇津木は考えています。教室通信の先週号で中3の北辰テスト第1回の総括をしましたが、現状成績は皆さんバラバラです。高いレベルで安定してくれている方もいれば、いくつかの教科で点数が足りずもう一歩という方もいます。また全教科的に得点が足りずこのあと猛烈に追い上げる必要のある方もいます。勝負は7月、そして9月の北辰と位置付けていますが、そこで皆さん確実に目標偏差値をクリアーできますか。7月、9月のどちらかをミスってしまえば北辰10月まで私立の抑え探しで苦しむことになります。ですから次回北辰6月は7月につなげる成績を取らなくてはいけません。ところが、上記①②でご説明したように、この6月はとにかくやるべきことが山ほどあるわけです。その一つ一つをしっかりとこなさないと必ずあとで成績は下がります。とにかく無駄な時間はありませんし、ひとつも手を抜けません。皆さんそれぞれの優先順位にしたがって着実にこなさないといけません。宇津木が5月の最後から6月の頭に中3の皆さんとの三者面談を組もうとしているのはそういう時期だからなのです。先日の北辰第1回結果を受けて、各先生方は皆さんに確実に点数を取ってもらうために、宿題・課題や各種特訓を計画してくれています。とにかく頑張りましょう。あの時大変だったけれど、頑張って本当に良かったと言える日が必ず来ます。皆さんの猛烈な頑張りを期待しています。

3月から始まった今年度の学習も残り1週間で3か月が経過します。その間、春期講習会があり、月例テストは2回、中3生のみ北辰会場テストが4月にあり、そして中学生の皆さんは今週金曜日に全中学で中間テストが終わりました。中間テストを実施しない中学も一部あったものの、とりあえず大半の皆さんがここまでにいくつかの大きな「関門」や「試練」を経験し、それらを乗り越えつつあります。皆さんにとっての最終目標は、『埼玉県公立入試において、浦和・大宮・浦和一女の県立御三家に余裕をもって合格していただく』ことですが、その最大の関門である入試本番に向けて、教室でしっかりと授業を受け、担当の先生の指示にしたがって自宅で宿題・課題をこなし、その上で皆さんなりにいろいろと工夫しながらここまで勉強を続けてきてくれました。そしてあと1週間でいよいよ6月を迎えます。皆さんを脅すつもりは毛頭ありませんが、「勝負の6月」です。昨年もこの時期に同様のことを申し上げましたが、特に中3の皆さんにとっては、今年度上半期の最大の勝負の月、頑張りどころの月となります。今年3月の新学期開講から、教室ではいろいろな取り組みを続けてきました。この6月を無事に乗り切ることができれば、7月、そしていよいよ夏期講習となります。それではなぜこの6月が「勝負の月」となるのかをご説明します。

塾での月例テストはいよいよ3回目となります。

小5・小6の皆さんは今年度3回目の月例テストとなります。全体的に良好であった前回の5月からどれだけ点数を上げられるかですが、皆さんはすでにある程度の点数に達しています。ですから言い方を変えると、いかに凡ミスをなくし、同じような点数をキープし続けることができるかどうかです。6月月例で小6算数には、いよいよ小6内容(対称な図形)が出題され、オール復習内容ではなくなります。3月からの授業内容の定着がどの程度のものなのかがポイントとなりそうです。

次に中学生の皆さんの月例テストでは、英語・数学では全学年とも新出単元が出題されます。すでに中1数学は4月から正負の数が出題されていますし、中2数学の6月はまだ式の計算ですが、中3数学はいよいよ因数分解が出題されます。まさか公式や解き方を忘れてしまったなんてことはありませんよね? 小6算数と同様に、3月から塾で学習した範囲が続々と出題され始めるわけです。5月までの大半が復習内容であった月であれば「今までの貯金」で何とかなっていたものが、いよいよ直近の皆さんの勉強の頑張りが試される出題に変化していくわけです。確実に全問正解できるかどうか。4月、5月と何とか高得点をキープし続けていたものが、一気に差が出るのが例年この6月あたりです。さてどうなるか。

②各中学での中間テスト結果を受けて、いよいよ1学期の通知表を決める期末テストがあります。

次に6月末から一斉に各中学で期末テストが実施されます。本記事を書いている段階では一部の皆さんしか中間テストの結果は判明していないため、その他大半の皆さんの得点がどの程度であったか気になるところではあります。初めて中間テストを受けた中1の皆さん。とにかく、どういう問題が出るのか、どのような準備をすればよいのか。手探りな状態でここまで最大限のことをやって、テストに臨んでくれたはずです。そして近日中にその結果が出ます。良好な結果であれば、次回も同じような準備をした上で、さらにいろいろ工夫をしてもらえばよいわけです。しかし逆に結果が思わしくなかった場合、今回のやり方を分析し、何かを変えなくてはいけません。また答案も細かくチェックする必要もあります。ひとつの目安は450点を超えられたかどうかです。

そして中2・中3の皆さんです。皆さんはすでに昨年何回も中間・期末テストを経験し、この塾で勉強をしながら、テスト勉強をやってきました。少なくとも「こうすれば点数は取れる」というポイントややり方も何となくはわかっていたはずで、今回もそれを実践してくれたはずです。また宇津木がしつこくなるほど言った「問題を解くだけではダメ」という指示にしたがい、今回もテスト本番に臨んでくれたはずです。中1生と同様、過去の得点状況と比べて、出来はよかった、またはまあまあであれば問題はありません。もうちょっと点数は取れたなと思える教科があれば、次回はちょっとやり方を工夫してもらって、その目標点を取ってもらえばよいわけです。しかし、思うような得点を取れていない場合は問題です。ちょっと言い方は厳しくなりますが、この教室で県立御三家合格を目指していく場合に、この中間・期末テストの勉強を最上位に持ってくることはできませんし、教室方針として今後もその予定はありません。ある程度の勉強をこなせば、まあまあの得点を残してくれる。これがひとつの目安です。誤解してほしくないのは、宇津木は中間期末テストの点数はどうでもよいと考えているわけではないということです。毎回毎回中間期末テストの前に、他の勉強をすべてあと回しにして、中間期末テストの点数のみを上げていくというやり方では、皆さんが希望している県立御三家合格は望めません。また今までの中間期末テストに向けた勉強の半分程度の勉強しかできなくても、いろいろとやり方を工夫し、得点をキープまたは上げていかなければいけないという例え話もしたはずです。夢みたいな話に聞こえたかもしれませんが、かつて先輩方はそうやって頑張ってきたわけです。ふだんから少しずつ勉強を進め、テスト直前には集中的に暗記をしたり、練習を積んだりしてテスト本番に臨み、目標点やそれに近い点数をキープし続けてくれました。話を戻します。よってまずは今回のやり方を「分析・反省」してもらいます。当然その作業には、宇津木を始め、各学年の担当者がともに加わります。同様に答案の分析もおこないます。その上で、「新しいやり方」で次回の期末テストに臨んでもらいます。次回の期末テストまでそう時間はありません。急ぎます。

③この各種テストが続く6月に中3生は北辰会場テストがあります。

そしていよいよ最後です。中3生はそのうえ6月19日(日)に第2回北辰テストがあります。つまり通常の授業の宿題・課題、月例テスト向けの事前準備、期末テスト向けの勉強、そしてこの北辰会場テストと息つく間もないほどテストや各種関門が続きます。そのひとつひとつをいい加減に過ごしてしまえば、絶対に成績は下がっていきます。皆さんの現状の成績はここまでの皆さんの頑張りがあって取れた点数であって、すべてにおいて「何もしないで取れた点数」ではありません。ですから何の準備もしないでテストを受けた場合、試験範囲がどんどん広がっていることもあり、ガクンと下がってしまう可能性が強いと宇津木は考えています。教室通信の先週号で中3の北辰テスト第1回の総括をしましたが、現状成績は皆さんバラバラです。高いレベルで安定してくれている方もいれば、いくつかの教科で点数が足りずもう一歩という方もいます。また全教科的に得点が足りずこのあと猛烈に追い上げる必要のある方もいます。勝負は7月、そして9月の北辰と位置付けていますが、そこで皆さん確実に目標偏差値をクリアーできますか。7月、9月のどちらかをミスってしまえば北辰10月まで私立の抑え探しで苦しむことになります。ですから次回北辰6月は7月につなげる成績を取らなくてはいけません。ところが、上記①②でご説明したように、この6月はとにかくやるべきことが山ほどあるわけです。その一つ一つをしっかりとこなさないと必ずあとで成績は下がります。とにかく無駄な時間はありませんし、ひとつも手を抜けません。皆さんそれぞれの優先順位にしたがって着実にこなさないといけません。宇津木が5月の最後から6月の頭に中3の皆さんとの三者面談を組もうとしているのはそういう時期だからなのです。先日の北辰第1回結果を受けて、各先生方は皆さんに確実に点数を取ってもらうために、宿題・課題や各種特訓を計画してくれています。とにかく頑張りましょう。あの時大変だったけれど、頑張って本当に良かったと言える日が必ず来ます。皆さんの猛烈な頑張りを期待しています。

塾生の皆様へ

2022.05.20

1学期中間テストの結果が少しずつ判明しています。

1学期の中間テストの結果が少しずつ判明しています。

おとといの18日(水)には、中1生で5科485点、中3生で462点という高得点を取ってくれた方が判明しました。大変よく頑張りました!

本日20日(金)ですべての中学の中間テストが終わります。さてどんな得点を取ってくれるか。

御三家北浦和校の皆さんの最終目標は、『高校入試で浦高一女大宮に全員合格していただく』ことですが、直近の中間、期末テストの点数でもぜひとも高得点を取って欲しいですし、学年順位は学年1位や最低でもベスト10を狙っていただきたいところです。

来週半ばから教室全体として得点調査を開始いたします。

たくさんのうれしいご報告をできますように。。

1学期の中間テストの結果が少しずつ判明しています。

おとといの18日(水)には、中1生で5科485点、中3生で462点という高得点を取ってくれた方が判明しました。大変よく頑張りました!

本日20日(金)ですべての中学の中間テストが終わります。さてどんな得点を取ってくれるか。

御三家北浦和校の皆さんの最終目標は、『高校入試で浦高一女大宮に全員合格していただく』ことですが、直近の中間、期末テストの点数でもぜひとも高得点を取って欲しいですし、学年順位は学年1位や最低でもベスト10を狙っていただきたいところです。

来週半ばから教室全体として得点調査を開始いたします。

たくさんのうれしいご報告をできますように。。

教室の取り組み

2022.05.20

御三家北浦和校の自習室および生徒の皆さんの自習

御三家北浦和校では、生徒の皆さんに積極的に空き教室や自習スペースでの自習をお勧めています。の自習に関して、生徒の皆さんに案内している内容は下記。

平日および土曜は午後2時以降、日曜・祝日は、教室オープン時間内にて各自の授業教室や空き教室、3階の自習スペースなどを自習でご利用いただけます。

昨年度も現高1生であるⅠ期生のなかには、教室クローズ日という物理的に自習ができない日や授業日を除いて、9月から受験直前の日曜まで1日も欠かさず、塾で勉強を続けてくれた方が何名もいました。当然、日曜日もすべて教室はオープンしていましたので、宇津木も休みは1日もなかったのですが。。笑

今年もすでにたくさんの皆さんが自習で教室を利用しています。先日は小5や小6の皆さんも利用してくれていました(宇津木自身ちょっと感心してしまいました笑)。また卒塾をした現高1生も現在もよく利用しています。また御三家北浦和校では、それぞれの授業教室を他の学年が使用することがないため「置き勉」も許可をしています。皆さん、それぞれの都合に合わせて、上手に活用しているようです。

宇津木はこの教室で学ぶ皆さんによく「勉強のやり方、工夫」の話をします。やはり強制的にやらされる勉強よりも、「自分で考え、実行する」勉強のほうがはるかに学習効果が高いことは皆さんご承知のことと思います。「自ら考え、動く」「いろいろな工夫ができる」。宇津木がかつて指導した教室の皆さんがそうであったように、ぜひそういう行動の取れる皆さんになっていただきたいと考えております。

御三家北浦和校では、生徒の皆さんに積極的に空き教室や自習スペースでの自習をお勧めています。の自習に関して、生徒の皆さんに案内している内容は下記。

平日および土曜は午後2時以降、日曜・祝日は、教室オープン時間内にて各自の授業教室や空き教室、3階の自習スペースなどを自習でご利用いただけます。

昨年度も現高1生であるⅠ期生のなかには、教室クローズ日という物理的に自習ができない日や授業日を除いて、9月から受験直前の日曜まで1日も欠かさず、塾で勉強を続けてくれた方が何名もいました。当然、日曜日もすべて教室はオープンしていましたので、宇津木も休みは1日もなかったのですが。。笑

今年もすでにたくさんの皆さんが自習で教室を利用しています。先日は小5や小6の皆さんも利用してくれていました(宇津木自身ちょっと感心してしまいました笑)。また卒塾をした現高1生も現在もよく利用しています。また御三家北浦和校では、それぞれの授業教室を他の学年が使用することがないため「置き勉」も許可をしています。皆さん、それぞれの都合に合わせて、上手に活用しているようです。

宇津木はこの教室で学ぶ皆さんによく「勉強のやり方、工夫」の話をします。やはり強制的にやらされる勉強よりも、「自分で考え、実行する」勉強のほうがはるかに学習効果が高いことは皆さんご承知のことと思います。「自ら考え、動く」「いろいろな工夫ができる」。宇津木がかつて指導した教室の皆さんがそうであったように、ぜひそういう行動の取れる皆さんになっていただきたいと考えております。

教室の取り組み

2022.05.16

教室ホームページをリニューアルいたしました。

皆様、このたび教室ホームページをリニューアルいたしました。今後も、教室での取り組みのご報告やお知らせ、塾生の皆さんや保護者の皆様へのご連絡などを定期的におこないます。ホームページを開くたびに、何か新しい記事や写真が掲載されている、そんなホームページにいたします。ご期待ください。

2022年5月16日 教室長 宇津木和彦

皆様、このたび教室ホームページをリニューアルいたしました。今後も、教室での取り組みのご報告やお知らせ、塾生の皆さんや保護者の皆様へのご連絡などを定期的におこないます。ホームページを開くたびに、何か新しい記事や写真が掲載されている、そんなホームページにいたします。ご期待ください。

2022年5月16日 教室長 宇津木和彦

教室の取り組み

2022.05.16

旧中3SUGクラス、塾内表彰で優秀クラス賞を受賞!

今年の高校受験結果により塾内表彰があり、Ⅰ期生である現高1生は県立御三家入試部門で優秀クラス賞に表彰されました。最優秀クラスが該当なしなので実質№1SUクラスです。「何が何でも県立御三家に合格するんだ」「みんなで一緒に同じ高校にいくんだ」という強い思いをずっと持ち続け、受験直前の1~2ヶ月も不安と戦いながら、受験を迎え、見事合格を勝ち取ってくれました。とにかく、明るく、元気いっぱいな、そして抜群に仲の良い、非常にまとまったⅠ期生でした。本当に合格おめでとう。

(追伸)Ⅰ期生のみんなへ

表彰状のコピーを欲しい子は宇津木まで(笑)

今年の高校受験結果により塾内表彰があり、Ⅰ期生である現高1生は県立御三家入試部門で優秀クラス賞に表彰されました。最優秀クラスが該当なしなので実質№1SUクラスです。「何が何でも県立御三家に合格するんだ」「みんなで一緒に同じ高校にいくんだ」という強い思いをずっと持ち続け、受験直前の1~2ヶ月も不安と戦いながら、受験を迎え、見事合格を勝ち取ってくれました。とにかく、明るく、元気いっぱいな、そして抜群に仲の良い、非常にまとまったⅠ期生でした。本当に合格おめでとう。

(追伸)Ⅰ期生のみんなへ

表彰状のコピーを欲しい子は宇津木まで(笑)

教室の取り組み

2022.05.16

5月21日(土)から全学年三者面談を開始します。

5月21日(土)から全学年三者面談を開始いたします。順次お知らせの書面を配布いたしますので、よろしくお願いいたします。
①三者面談の希望日時を第1希望~第3希望まで選んでいただき、宇津木まで提出してください。提出が早かった方から、面談日時が確定していきます。確定した面談日時は、コミルのタブレットの上にあるホワイトボードに 掲示されていますので、希望した日時が空いているかどうかを確認をした上で、提出をするようにしてください。
②三者面談は、まず小5~中2生から開始し、その後中3という順番で実施いたします。大まかな実施予定は以下となります。中3の皆様は今しばらくお待ちください。

★小5~中2生…原則5/21(土)・22(日)・28(土)・29(日)

★中3生…原則6/4(土)・5日(日)

③三者面談は原則土日に実施をいたしますが、平日の実施も可能です。ただし原則お子様も参加できる時間帯での実施とさせてください。

その他、ご不明な点は宇津木までお願いいたします。それではよろしくお願いいたします。

5月21日(土)から全学年三者面談を開始いたします。順次お知らせの書面を配布いたしますので、よろしくお願いいたします。
①三者面談の希望日時を第1希望~第3希望まで選んでいただき、宇津木まで提出してください。提出が早かった方から、面談日時が確定していきます。確定した面談日時は、コミルのタブレットの上にあるホワイトボードに 掲示されていますので、希望した日時が空いているかどうかを確認をした上で、提出をするようにしてください。
②三者面談は、まず小5~中2生から開始し、その後中3という順番で実施いたします。大まかな実施予定は以下となります。中3の皆様は今しばらくお待ちください。

★小5~中2生…原則5/21(土)・22(日)・28(土)・29(日)

★中3生…原則6/4(土)・5日(日)

③三者面談は原則土日に実施をいたしますが、平日の実施も可能です。ただし原則お子様も参加できる時間帯での実施とさせてください。

その他、ご不明な点は宇津木までお願いいたします。それではよろしくお願いいたします。

教室の取り組み

2022.05.16

御三家専門教室通信5月16日号を発行いたしました。

今回の巻頭記事は今春の埼玉県公立入試の受験者平均の分析と県立御三家各校の説明会および授業公開の案内です。とにかく今年の数学の問題は難しかったです。また本編には、4月月例結果報告、5月月例途中経過報告、中3北辰第1回結果を含め、内容が満載です。また夏期講習の概要もまとまっています。塾生の皆さんは熟読を!

今回の巻頭記事は今春の埼玉県公立入試の受験者平均の分析と県立御三家各校の説明会および授業公開の案内です。とにかく今年の数学の問題は難しかったです。また本編には、4月月例結果報告、5月月例途中経過報告、中3北辰第1回結果を含め、内容が満載です。また夏期講習の概要もまとまっています。塾生の皆さんは熟読を!

教室の取り組み

2022.05.16

第1回保護者会にご出席いただき大変ありがとうございました。

4月17日、24日で実施をいたしました第1回・生徒保護者・合同保護者会に、大変お忙しいなか、全員の保護者の皆様にご出席をいただきました。大変ありがとうございました。また一緒に参加をしてくれた生徒の皆さんも大変おつかれさまでした。今回は第1回ということもあり、極力宇津木からの説明を少なくし、担当者の挨拶やクラスの状況報告、そして初の卒塾生となった高1生の体験談をメインにおこないました。特に好評であったのが卒塾生の体験談で、かえってこちらをメインにしたほうがいいのではないかと思えるくらいでした(笑)。その卒塾生の体験談でもお分かりの通り、今後皆さんがやるべきこと、目指すべきものは明確です。

特に、第1回の北辰会場テストを受け終わった後に参加をしていただいた中3の皆さんに宇津木がご説明した以下の8つのポイントのうちの最重要ポイントは下記の太文字の4つです。
①来春の県立入試システムについて、正確に内容を掴んでほしいこと。
②自分たちの現状を正確につかんでほしいこと。
③内申点を上げるためには、いいかげんなこと、中途半端なことは一切しないこと。
④早めに苦手教科を克服し、5科の目標偏差値に1日も早く到達すること。
⑤合格するためには、最終的にはワンランク上の問題も解けるようにすること。
⑥特に合否のポイントとなるのは数学であると肝に銘じること。
⑦「絶対第一志望校に合格するんだ」という強い気持ちを持つこと。
⑧「確実に第一志望校に合格するためには」、「確実に成績を伸ばすためには」
とにかくこの1学期をどう乗り切るかが勝負であること。

すでに今週から「行動を開始」していただいているかと思いますが、とにかく「動きましょう」。クラス一丸となって、みんなで励ましあいながら、あのⅠ期生である高校一年生のように、明るく元気いっぱい、頑張っていきましょう。保護者会後の最初の登塾日である25日の皆さんの明るさは今まででいちばんでした(笑)。皆さんの頑張り、宇津木は本当に期待していますし、最後までやり続けてくれると信じています。

生徒の皆さんもいろいろと不安はあろうかとは思いますが、私たち担当者もやれることはこれからもすべてやっていく覚悟ですので、何かあれば遠慮せず、各先生方に相談をしてください。これからも各種テストが続きます。ひとつひとつのことがらを正確に、そして確実にこなしつつ、直近の目標+長期の目標の両方を見据えて、頑張っていきましょう。

また今回、たくさんの皆様から心温まるアンケートを多数いただきました。大変ありがとうございました。皆様方のご了承を得て、いずれかの機会にぜひ発表させてください。

スタッフ一同、生徒の皆さんの気持ちや保護者の皆様のご期待に応えるべく、本日より再スタートを切ります。今後ともよろしくお願いいたします。

4月17日、24日で実施をいたしました第1回・生徒保護者・合同保護者会に、大変お忙しいなか、全員の保護者の皆様にご出席をいただきました。大変ありがとうございました。また一緒に参加をしてくれた生徒の皆さんも大変おつかれさまでした。今回は第1回ということもあり、極力宇津木からの説明を少なくし、担当者の挨拶やクラスの状況報告、そして初の卒塾生となった高1生の体験談をメインにおこないました。特に好評であったのが卒塾生の体験談で、かえってこちらをメインにしたほうがいいのではないかと思えるくらいでした(笑)。その卒塾生の体験談でもお分かりの通り、今後皆さんがやるべきこと、目指すべきものは明確です。

特に、第1回の北辰会場テストを受け終わった後に参加をしていただいた中3の皆さんに宇津木がご説明した以下の8つのポイントのうちの最重要ポイントは下記の太文字の4つです。
①来春の県立入試システムについて、正確に内容を掴んでほしいこと。
②自分たちの現状を正確につかんでほしいこと。
③内申点を上げるためには、いいかげんなこと、中途半端なことは一切しないこと。
④早めに苦手教科を克服し、5科の目標偏差値に1日も早く到達すること。
⑤合格するためには、最終的にはワンランク上の問題も解けるようにすること。
⑥特に合否のポイントとなるのは数学であると肝に銘じること。
⑦「絶対第一志望校に合格するんだ」という強い気持ちを持つこと。
⑧「確実に第一志望校に合格するためには」、「確実に成績を伸ばすためには」
とにかくこの1学期をどう乗り切るかが勝負であること。

すでに今週から「行動を開始」していただいているかと思いますが、とにかく「動きましょう」。クラス一丸となって、みんなで励ましあいながら、あのⅠ期生である高校一年生のように、明るく元気いっぱい、頑張っていきましょう。保護者会後の最初の登塾日である25日の皆さんの明るさは今まででいちばんでした(笑)。皆さんの頑張り、宇津木は本当に期待していますし、最後までやり続けてくれると信じています。

生徒の皆さんもいろいろと不安はあろうかとは思いますが、私たち担当者もやれることはこれからもすべてやっていく覚悟ですので、何かあれば遠慮せず、各先生方に相談をしてください。これからも各種テストが続きます。ひとつひとつのことがらを正確に、そして確実にこなしつつ、直近の目標+長期の目標の両方を見据えて、頑張っていきましょう。

また今回、たくさんの皆様から心温まるアンケートを多数いただきました。大変ありがとうございました。皆様方のご了承を得て、いずれかの機会にぜひ発表させてください。

スタッフ一同、生徒の皆さんの気持ちや保護者の皆様のご期待に応えるべく、本日より再スタートを切ります。今後ともよろしくお願いいたします。

合格実績

2022.05.16

2022年度 高校入試合格結果

開校初年度、たった一教室だけからこんなにがんばりました!

県立御三家11名合格! 浦高4名、浦和一女5名、大宮2名

3月4日午前9時、埼玉県公立入試の合格発表があり、たくさんの皆さんがそれぞれの第一志望校、県立御三家に見事合格を果たしてくれました。
本当におめでとうございます。
4日午後、卒塾式を兼ねた「入試慰労会」を実施し、生徒の皆さんと楽しい時間を過ごしたのですが、皆さんの顔は本当にあふれんばかりの笑顔でした。
受験の重圧から解放され、伸びやかで、そして合格を勝ち取った達成感に満ち満ちていました。

途中成績が伸び悩んだ時期もあり、けして一年間順風満帆であったわけではありません。
それでも「何が何でも合格するんだ」「みんなで一緒に同じ高校にいくんだ」という強い思いを変わらず持ち続け、受験直前の1~2ヶ月も不安と戦いながら、受験を迎え、見事合格を勝ち取ってくれたわけです。
とにかく、明るく、元気いっぱいな、そして抜群に仲の良い、非常にまとまったⅠ期生でした。
お一人おひとりの合格には、本当に語り尽くせぬほどのドラマがたくさんありますし、我々担当スタッフにとっても、思い入れのある、これからも記憶に残り続けるであろう、県立御三家合格専門教室の記念すべきⅠ期生でした。

合格の喜び、一年間の苦労、友人や先生方との楽しい思い出を胸に抱き、4月からは真新しい高校の制服を着て、また新たな生活、挑戦が始まります。
この教室で学んだこと、経験したことを糧にしていただき、ぜひとも有意義な高校生活を送ってくださることを切に願っておりますし、いろいろな形で高校3年間応援し続けていきたいと考えております。

最後に保護者の皆様の厚いご支援、ご協力がなければこの結果も叶わなかったわけで、保護者の皆様への感謝の思いは、一言二言で言い表すことはできません。
本当にここまでいろいろとありがとうございました。

 

開校初年度、たった一教室だけからこんなにがんばりました!

県立御三家11名合格! 浦高4名、浦和一女5名、大宮2名

3月4日午前9時、埼玉県公立入試の合格発表があり、たくさんの皆さんがそれぞれの第一志望校、県立御三家に見事合格を果たしてくれました。
本当におめでとうございます。
4日午後、卒塾式を兼ねた「入試慰労会」を実施し、生徒の皆さんと楽しい時間を過ごしたのですが、皆さんの顔は本当にあふれんばかりの笑顔でした。
受験の重圧から解放され、伸びやかで、そして合格を勝ち取った達成感に満ち満ちていました。

途中成績が伸び悩んだ時期もあり、けして一年間順風満帆であったわけではありません。
それでも「何が何でも合格するんだ」「みんなで一緒に同じ高校にいくんだ」という強い思いを変わらず持ち続け、受験直前の1~2ヶ月も不安と戦いながら、受験を迎え、見事合格を勝ち取ってくれたわけです。
とにかく、明るく、元気いっぱいな、そして抜群に仲の良い、非常にまとまったⅠ期生でした。
お一人おひとりの合格には、本当に語り尽くせぬほどのドラマがたくさんありますし、我々担当スタッフにとっても、思い入れのある、これからも記憶に残り続けるであろう、県立御三家合格専門教室の記念すべきⅠ期生でした。

合格の喜び、一年間の苦労、友人や先生方との楽しい思い出を胸に抱き、4月からは真新しい高校の制服を着て、また新たな生活、挑戦が始まります。
この教室で学んだこと、経験したことを糧にしていただき、ぜひとも有意義な高校生活を送ってくださることを切に願っておりますし、いろいろな形で高校3年間応援し続けていきたいと考えております。

最後に保護者の皆様の厚いご支援、ご協力がなければこの結果も叶わなかったわけで、保護者の皆様への感謝の思いは、一言二言で言い表すことはできません。
本当にここまでいろいろとありがとうございました。

 

教室の取り組み

2022.05.16

御三家専門教室独自のサポートを多数ご用意しています。

■ 全員が「浦和・浦和一女・大宮(普通・理数)」を狙っています。

小5から受験学年である中3生まで全員が県立御三家を狙っています。他の教室ではありえない教室の一体感、通常カリキュラムをこなしつつ、入試本番で確実に合格点を取るための応用力や発展力の深さを身につけるため、日々活発な授業や特訓がおこなわれています。

■特待生制度を実施しています。

学業優秀者には授業料が半額となる特待生制度を実施しています。基準となる成績データーの詳細は教室までお問い合わせください。

■中途入塾者がプログラムに追いつくためのキャッチアップ講座を実施しています。

未消化の学習内容があっても安心してください。先行している内容(プログラム)に追いつけるように、「特別な講座+映像授業」を随時実施しています。

■効率の高い学習を実践するために、反転学習法を取り入れています。

県立御三家合格専門教室・北浦和校では、英語、数学、算数の指導に反転学習(授業動画による予習)を取り入れ、学習効果を最大限に高めます。事前に基礎事項を予習してくることで、授業ではより発展的な内容を、深く追及し学習します。また、授業内でハイレベルな問題演習及び解法テクニックの修得も可能となり、県立御三家合格に必要な応用力の養成をお約束します。

■提出型の課題の添削講座を行います。

どれだけ優秀な受験生でも、記述の添削は自分一人では誤りも多く非効率です。しかしその記述こそが、浦高・一女・大宮の合否を左右すると言っても過言ではありません。個別に添削指導を行い、強力な記述力が身につきます。

■完璧な一人ひとり対応・個別弱点補強プログラムを実施します。

弱点のカタチは一人ひとり違いますから、弱点を克服するための学習内容も一人ひとり異なってきます。完璧な一人ひとり対応で個別に対応しますから、弱点克服のスピードが違います。

■自学型トレーニングジムを設置しています。

時期に応じて目的を明確にした「自学自習枠」を設けています。通常期はもちろんのこと、定期テスト前はテスト内容を対象とした高速トレーニングジム、また北辰テスト前には過去問演習トレーニングジムなどを開催しています。

■常に保護者の皆様とコミュニケーションをとっています。

学期ごとに実施をしている生徒の皆さん同伴の合同保護者会、年に2回~3回実施の三者面談を実施し、保護者の皆様とのコミュニケーションをとっています。また定期的に教室通信を発行し、教室から情報提供に努めています。

■ 全員が「浦和・浦和一女・大宮(普通・理数)」を狙っています。

小5から受験学年である中3生まで全員が県立御三家を狙っています。他の教室ではありえない教室の一体感、通常カリキュラムをこなしつつ、入試本番で確実に合格点を取るための応用力や発展力の深さを身につけるため、日々活発な授業や特訓がおこなわれています。

■特待生制度を実施しています。

学業優秀者には授業料が半額となる特待生制度を実施しています。基準となる成績データーの詳細は教室までお問い合わせください。

■中途入塾者がプログラムに追いつくためのキャッチアップ講座を実施しています。

未消化の学習内容があっても安心してください。先行している内容(プログラム)に追いつけるように、「特別な講座+映像授業」を随時実施しています。

■効率の高い学習を実践するために、反転学習法を取り入れています。

県立御三家合格専門教室・北浦和校では、英語、数学、算数の指導に反転学習(授業動画による予習)を取り入れ、学習効果を最大限に高めます。事前に基礎事項を予習してくることで、授業ではより発展的な内容を、深く追及し学習します。また、授業内でハイレベルな問題演習及び解法テクニックの修得も可能となり、県立御三家合格に必要な応用力の養成をお約束します。

■提出型の課題の添削講座を行います。

どれだけ優秀な受験生でも、記述の添削は自分一人では誤りも多く非効率です。しかしその記述こそが、浦高・一女・大宮の合否を左右すると言っても過言ではありません。個別に添削指導を行い、強力な記述力が身につきます。

■完璧な一人ひとり対応・個別弱点補強プログラムを実施します。

弱点のカタチは一人ひとり違いますから、弱点を克服するための学習内容も一人ひとり異なってきます。完璧な一人ひとり対応で個別に対応しますから、弱点克服のスピードが違います。

■自学型トレーニングジムを設置しています。

時期に応じて目的を明確にした「自学自習枠」を設けています。通常期はもちろんのこと、定期テスト前はテスト内容を対象とした高速トレーニングジム、また北辰テスト前には過去問演習トレーニングジムなどを開催しています。

■常に保護者の皆様とコミュニケーションをとっています。

学期ごとに実施をしている生徒の皆さん同伴の合同保護者会、年に2回~3回実施の三者面談を実施し、保護者の皆様とのコミュニケーションをとっています。また定期的に教室通信を発行し、教室から情報提供に努めています。

指導のしくみ

2022.05.16

【 4つの保証制度❶】志望校合格を確実にする合格保証制度(中3生対象)

塾で勉強する最大の目標は何と言っても志望校合格です。 ですからスクール21では志望校合格に強くこだわって授業を行っています。 そのこだわりの集大成が合格保証制度です。

中3生は入塾後の4月~7月の成績資料等(会場テスト結果・内申・志望校状況)を元に設定します。 合格保証の対象は県立浦和高校・大宮高校・浦和一女になります。) 圧倒的な情報力を誇る入試情報センターによる入試情報の分析データによって、入試合格率をグーンと上げる綿密なカリキュラムを作成、実践。

その結果、スクール21で勉強していると自然に受験に強い学力を身につけることができるようになります。 また、中3の2学期以降は入試に即した、スクール21独自に研究開発した相当量の模擬試験を受験することで、 志望校合格に必要な学力を明確にし、個別フォローによって徹底的に合格力を鍛え上げていきます。

また、第一志望校の私立高、併願の私立高に対しても当然ながら万全の合格対策を行いますので安心です。 もし万が一合格保証校に合格できなかった場合には、中3の9月から2月までの通常月授業料を全額返金いたします。

※9月入塾までの生徒が対象となります。

塾で勉強する最大の目標は何と言っても志望校合格です。 ですからスクール21では志望校合格に強くこだわって授業を行っています。 そのこだわりの集大成が合格保証制度です。

中3生は入塾後の4月~7月の成績資料等(会場テスト結果・内申・志望校状況)を元に設定します。 合格保証の対象は県立浦和高校・大宮高校・浦和一女になります。) 圧倒的な情報力を誇る入試情報センターによる入試情報の分析データによって、入試合格率をグーンと上げる綿密なカリキュラムを作成、実践。

その結果、スクール21で勉強していると自然に受験に強い学力を身につけることができるようになります。 また、中3の2学期以降は入試に即した、スクール21独自に研究開発した相当量の模擬試験を受験することで、 志望校合格に必要な学力を明確にし、個別フォローによって徹底的に合格力を鍛え上げていきます。

また、第一志望校の私立高、併願の私立高に対しても当然ながら万全の合格対策を行いますので安心です。 もし万が一合格保証校に合格できなかった場合には、中3の9月から2月までの通常月授業料を全額返金いたします。

※9月入塾までの生徒が対象となります。

指導のしくみ

2022.05.16

【 4つの保証制度❷】偏差値を確実に上げる成績向上保証制度(中1・2・3生対象)

「成績向上保証制度」はスクール21に通う生徒の成績を確実に向上させることで、将来の志望校選択の幅を広げ、塾生一人ひとりが志望校に合格することを目的にしています。たとえば中1の4月から入塾する生徒が偏差値56の場合、保証値は64になります。

もし保証値の達成ができなかった場合は無料の無制限個別フォローを実施し、保証値達成まで責任を持って指導いたします。

入塾時または進級時の学力認定後、その数値に基づいて「向上保証値」を設定します。向上保証値は、入塾時の学力診断とあわせて、偏差値で「成績向上保証書」に記載されます。向上保証値の設定後、「成績向上保証書」をご家庭に郵送します。

<向上保証値の設定>

3科偏差値の向上保証値を設定します。

<向上保証値の達成>

中3の2学期末までに達成を保証する数値(偏差値)です。

「成績向上保証制度」はスクール21に通う生徒の成績を確実に向上させることで、将来の志望校選択の幅を広げ、塾生一人ひとりが志望校に合格することを目的にしています。たとえば中1の4月から入塾する生徒が偏差値56の場合、保証値は64になります。

もし保証値の達成ができなかった場合は無料の無制限個別フォローを実施し、保証値達成まで責任を持って指導いたします。

入塾時または進級時の学力認定後、その数値に基づいて「向上保証値」を設定します。向上保証値は、入塾時の学力診断とあわせて、偏差値で「成績向上保証書」に記載されます。向上保証値の設定後、「成績向上保証書」をご家庭に郵送します。

<向上保証値の設定>

3科偏差値の向上保証値を設定します。

<向上保証値の達成>

中3の2学期末までに達成を保証する数値(偏差値)です。

指導のしくみ

2022.05.16

【 4つの保証制度❸】点数を確実に上げる定期テスト保証制度(中1・2生対象)

スクール21は埼玉で生まれ埼玉で育った塾ですから、地域のそれぞれの中学校の定期テストデータを分析し、効果的な定期テスト対策を実施しています。

その成果としてスクール21では、中学校の定期テストに対して、「定期テスト点数アップ保証制度」で塾生の成績向上を保証しています。

「定期テスト点数アップ保証制度」では、5教科の定期テストの総合点を前回に比べ確実に上回ることをお約束しています。 (ただし前回の定期テストで5科450点以上の得点をとっている場合は5科450点以上を継続することを保証します。) 一人別に学習計画を作成し、講師・生徒とが二人三脚で苦手箇所を徹底的に克服していくことで学校の勉強内容をしっかり身につけ、定期テストでの点数アップを可能にしていきます。

前回テストに比べ成績が下回った場合、または前回5科450点以上から450点未満になった場合は、プロの目で課題ある箇所への適確なフォローを行います。

スクール21は埼玉で生まれ埼玉で育った塾ですから、地域のそれぞれの中学校の定期テストデータを分析し、効果的な定期テスト対策を実施しています。

その成果としてスクール21では、中学校の定期テストに対して、「定期テスト点数アップ保証制度」で塾生の成績向上を保証しています。

「定期テスト点数アップ保証制度」では、5教科の定期テストの総合点を前回に比べ確実に上回ることをお約束しています。 (ただし前回の定期テストで5科450点以上の得点をとっている場合は5科450点以上を継続することを保証します。) 一人別に学習計画を作成し、講師・生徒とが二人三脚で苦手箇所を徹底的に克服していくことで学校の勉強内容をしっかり身につけ、定期テストでの点数アップを可能にしていきます。

前回テストに比べ成績が下回った場合、または前回5科450点以上から450点未満になった場合は、プロの目で課題ある箇所への適確なフォローを行います。

指導のしくみ

2022.05.16

【 4つの保証制度❹】わからないを確実になくす授業内容満足保証制度(小・中学生対象)

授業で「わからない」をそのままにすることは非常に危険です。

それがちょっとのわからないでも、将来「苦手」にまで成長してしまうかもしれません。

スクール21では毎日の授業アンケートで「わからない」「理解できない」箇所があった場合は、原則授業翌週までに速やかにフォローを行います。 しっかりした理解を積み重ねることが最も確実な成績向上の方法です。

授業で「わからない」をそのままにすることは非常に危険です。

それがちょっとのわからないでも、将来「苦手」にまで成長してしまうかもしれません。

スクール21では毎日の授業アンケートで「わからない」「理解できない」箇所があった場合は、原則授業翌週までに速やかにフォローを行います。 しっかりした理解を積み重ねることが最も確実な成績向上の方法です。

指導のしくみ

2022.05.16

学習を科学したスクール21の偏差値10UP指導メソッド

指導のしくみ

2022.05.16

公立小▶公立中から難関高校合格のための5つの柱

戻る

教室を写真で紹介

  • 御三家北浦和教室の電飾看板、駅のホームからよく見えます。ものすごい迫力です(笑)

  • 北浦和東口駅前、ファミリーマートの上にあります。横の階段から2階へ。

  • NEW!  夏イベント第1弾! 七夕イベント用ツリー! さあこれから豪華にするよ~笑

  • NEW!  夏イベント第1弾! 七夕イベント応募台紙! たくさんの応募待ってます!

  • 現高1山口画伯作、中3担当の先生方の似顔絵①   うまし!

  • 現高1山口画伯作、中3担当の先生方の似顔絵② うまし!

  • Ⅰ期生である現高1生のイベント風景① 変なカツラをかぶってるのは誰?(笑)

  • Ⅰ期生である現高1生のイベント風景② 48時間特訓終了イベント&ハロウィンイベント!

  • Ⅰ期生である現高1生の入試慰労会後の寄せ書き① 高校に行っても頑張るんだぞ~

  • 今年の高校受験結果により塾内表彰があり、Ⅰ期生である現高1生は優秀クラス賞に表彰されました。最優秀クラスが該当なしなので実質№1クラス!

  • 入室してすぐ入室メールをおこなうタブレット周辺の掲示、次回6月月例はいつ?

  • ご存じ、毎日の授業アンケート。タイトルが気合いが入ってます(笑)

  • Ⅱ期生である現中3生が使用している教室の掲示物。先輩に負けずに頑張ろう!

  • 御三家北浦和教室自慢の3階の自習スぺ-ス! 広いです! 自習は自分たちの授業教室でもできます!

     

  • 去年の「目指せ!夏の総勉強時間500時間超!」今年もやります!

  • Ⅰ期生である現高1生が使用していた302教室のたくさんの掲示。まだ外していません。。笑

教室の写真をもっと見る

教室スタッフ紹介

宇津木 和彦教室長

 

(教室長経歴)
20代の頃より教室長として活躍後、その後本部へ。
川口地区、浦和地区、大宮地区など多数の新規教室開設を担当し、業務推進本部副本部長、西部統括ブロック長等々の教室運営部門の責任者を歴任。また教務部門の責任者として国語科・社会科教科主任も担当、数多くの教材作成にも携わる。

直近では南浦和で「浦高一女合格専門教室」を立ち上げ、毎年20数名の県立御三家合格者を輩出、現在に至る。初年度のテレビ埼玉の特別番組「埼玉県公立高校入試の傾向と対策」の国語を担当。

 

20数年ぶりにこの懐かしい北浦和の地に戻ってまいりました。当時スクール21本部内にて新規教室の開設を担当していた私が、川口、大宮に続いて新教室として立ち上げたのが旧北浦和教室です。昨年3月に県立浦和、浦和一女、大宮の県立御三家を目指す皆さんのために開校した選抜制&定員制の私ども県立御三家合格専門教室北浦和校も開校二年目を迎えました。やる気に満ちたたくさんの皆さんにお通いいただき、地元地域だけではなく、遠方の皆様からも絶大な信頼を得るスクール21№1の進学教室です。

従来のスクール21の指導システムや膨大なオリジナル教材群に加えて、この教室独自の完全成績向上システム、オール本部スタッフからなる授業担当者も揃え、 現在も毎日塾生の皆さんと共に、成績向上、志望校全員合格を目指して、頑張っています。

今春、教室初のⅠ期生が埼玉県公立入試に挑戦、見事合計11名の皆さんが県立御三家に合格してくれました。宿題・課題等も非常に多く、勉強も大変な教室ですが、どうかこの機会に、私ども県立御三家合格専門教室北浦和校へのご入塾をご検討ください。

松坂 直樹中3数学担当

「数学」という教科は、「考える」教科です。「覚える」ことはまったくない!とはいえませんが、基本は考えて答えを出す教科ですよね。数学を苦手と思ってしまう人は、どうしても解き方を覚えて、その通りやって答えを出そうとしてしまいます。真面目な人ほど特にそうです。

でも,そんな学習って楽しくないですよね?

みなさんは、「正解を出す」ことよりも「わかった!」を大事にしてください。「なぜ?」が出てきたときに、それをどう解決していくか、それが数学の学習です。この教室で、一緒に「なぜ?」を解決していきましょう。

「なぜ?」を解決することは簡単ではありません。時間もかかります。ただ、解決したときの「わかった!」の瞬間って、とてもうれしいですよね。そんな「わかった!」のうれしさをいっぱい味わえるような、そんな学習をしていきましょう!楽しい学習を!

安場 真中3国語担当

中3国語では、以下の3点を重視した学習指導を行います。

①論理的に考えること

「国語はセンスが必要」「文章内容の受け止め方によって答えが変わってしまう」などとよく耳にします。しかし、少なくとも入試をはじめとする「テスト」においては、そうではありません。「センス」や「受け止め方」に〇×をつけることはできないからです。

「〇×の判定ができる」ということは、「論理的に考えれば必ず正解できる(=〇がつく)ように作問されている」ということです。授業では「どう考えればよいのか」「なぜその答えになるのか」「どうしてこの答えでは○がつかないのか」といった「論理的に考えるトレーニング」を徹底して行い、実戦的な国語力を高めていきます。

②言葉の世界を広げること

論理的思考を支える最も重要な要素は「言葉」です。言葉を知らなければ、それに応じて思考も貧弱なものになってしまいますね。漢字練習ひとつとっても、「自分の言葉の世界を広げる」という意識を持って取り組むかどうかで、成果が大きく違ってきます。「言葉の世界を広げるために、言葉にこだわること」を促しながら、指導を進めます。

③楽しむこと

学ぶことは、楽しいことです。クラスの仲間と刺激し合いながら自分を高めていくことは、楽しいことです。そして、「より深く考える力が身につく」「自分の言葉の世界が広がる」ことは、楽しいことです。

トップ校合格への道のりは決して平坦なものではありません。しかし、だからこそ「楽しい」のです。安易な道を選んだのでは得られない「楽しさ」をみなさんと常に共有しながら、全力で指導していきます。ぜひ、楽しみにしていてください。

舞木 紀人中3理科担当

「理科は暗記科目だ」と思っている人も多いと思います。しかし、近年の入試問題は暗記しているだけでは対応できない問題が多く出題されています。

例えば、問題を読んで、その場で考える問題です。もちろん、知識を身につけておくことは必要ですが、その知識をどのように使うのか、という練習を積んだ人と、そうでない人で差がつきます。問題の条件や指示をくみ取って、自分がもっている知識と問題のかかれている内容を照らし合わせて、解答をつくります。知識だけで答えると、不正解になるような条件が問題に課してあるのです。

また、見たことのない実験や観察、知らない知識が問題に現れることもあります。こういう場合、問題文に解答の手がかりとなる情報が必ず書かれています。それを読みとって、自分の身につけた知識を加えて解答をつくらなければなりません。高校以上で学習する内容が、説明付きで出題されたこともあります。このときも、どのように考えるのかということが問題文中に書かれていました。

知識偏重になりすぎると、知らないことに対して思考が止まってしまいます。そうならないために、必要な知識はしっかり身につけた上で、問題に合わせて考える習慣をこの1年間の授業で身につけていきます。

「なぜなんだろう?」「何と同じなんだろう?」「○○が△△になったら,結果はどうなるんだろう?」こういった疑問をたくさんもってください。簡単なことでも、高度なことでも、くだらないことでも、なんでも構いません。その積み重ねで、考える習慣が自然に身についていきます。

中島 修中2英語担当

私が授業で大切にしていることは2つあります。一つは『分かりやすい』ということ、そしてもう一つは『楽しい』ということ。みなさんに『分かりやすくて楽しい』授業を受けてもらうために、全力でがんばりますので、よろしくお願いします。
次に先生がみなさんに大切にしてほしいことが3つあります。それは・・・

①毎日、英語に触れる。

時間を決めて、英語に触れる時間を毎日作ってください。宿題をやる、英語の本を読む、英語の音楽を聴く、英検の勉強をする、、、なんでも構いません。言葉を身につけるうえで、毎日言葉に触れることは非常に大切だということを覚えておいてください。

②宿題を必ずやる。

せっかく学習した内容を定着させるために、宿題をやることは必須です。まだ授業の記憶が残っているうちに復習として取り組んでください。そしてもう一つ。次の授業の予習ですね。授業動画を見て次の単元の予習に取り組むことで、みなさんは授業に能動的に参加することができます。そして、深い領域にも踏み込むことができます。頑張ってください。

③分からないことは必ず解決する。

先生がみんなに大切にしてほしい最後の項目は『分からないことを必ず解決する』ということです。学習を進めるうえで、『間違える』『分からない』という経験は何度もやってます。そのときに、放置するのはもちろんNG。自分で考えずにすぐに質問して終わりというのも少し物足りません。まずは自分の力で解決を試みる、そしてその上で『分からない』ときには質問して解決する。そんな学習姿勢を身につけてほしいと思います。

阿部 力也中3英語担当

私が英語の授業で心がけていることは生徒のみなさんが授業を楽しいと感じてもらえることです。語学を学習することは本来とても楽しいことであるはずです。しかし残念ながら英語を学び始めてわずか数年で英語嫌いになっている生徒さんも少なくありません。それは授業が楽しくないからです。私は生徒のみなさんの知的好奇心が刺激される授業を心がけています。
しかし学習塾ですから成績を上げ、志望校に合格する力をつけることももちろん大切です。そのために私は以下の3つの能力をみなさんに身につけてもらえる授業を意識しています。
①正確な文法知識
文法というと「不定詞」「動名詞」のような文法単元を思い浮かべると思います。もちろんそれも大切ですがそれ以上に大切なのは英文がどういうルールで成り立っているかを知ることです。それをより深く知ることで正答率の低い問題を解く力を身につけることが出来ます。
②正確な文法知識に基づいた長文読解力
長文読解には語彙力は必要ですが、①で身につけた文法知識を使って長文を読み進めている力を身につけます。
③リスニング力
県公立高校のリスニング問題の配点は28点です。満点が取れれば、合格に必要な得点を取ることが容易になります。それだけでなく長文読解力や英作文力の育成にも役に立ちます。

トップ校の合格目指して Let’s enjoy studying English!

教室スタッフをもっと見る

合格&向上体験記

2022年

山口 滉介さん(本太中) 浦和・栄東・大宮開成 合格

学生アイコン

あきらめないこと

僕は中三の春期講習から御三家北浦和教室に入りました。それまでは某通信教材のみで塾に通っていなかったので、周りの子たちに差がつけられているのだろうと不安に思うばかりでした。この教室に入ってからも、知らないことばかりで追いついていくのに大変で、学校のこととの両立もしなければいけなかったので睡眠時間を削って取り組んでいました。そんな中で、いろんな模試やテストを受けて、結果はイマイチで先生方を悩ませることもありました。でも僕は決してあきらめませんでした。何がなんでも浦高に合格するんだと思って、日々努力しました。そんな自分を見て、いろんな先生方が応援してくださって、塾に早くから行って勉強したり、自分から先生方にたくさん質問をして、分からないものがなくなるようにしました。そんな勉強を続けていると年明けぐらいから成績もよくなってきて、最後の北辰テストでは自己最高の偏差値を取ることができました。そして浦高に合格をすることができました。僕は今回の経験を通して、あきらめないことが一番大事なんだということを学びました。今から受験する人にはこのことを忘れないでほしいです。最後は気持ちで受かるんだと思います。これまで頑張ってきて本当に良かったし、これからも理想の自分に一歩でも近づけるように頑張っていきます。努力は裏切らない!!

矢内 日向さん(木崎中) 浦和一女・栄東・大宮開成 合格

辰見 奈緒さん(木崎中) 浦和一女・栄東・大宮開成 合格

小林 みのりさん(大久保中) 浦和一女・大宮開成・星野 合格

石井 優真さん(吉川中央中) 浦和一女・栄東・淑徳与野 合格

坂本 一花さん(木崎中) 大宮・栄東・淑徳与野 合格

笹山 聖太さん(指扇中) 浦和・川越東・大宮開成 合格

笹山 滉太さん(指扇中) 浦和・川越東・大宮開成 合格

山本 虎ノ輔さん(大原中) 浦和・慶應志木・栄東 合格

合格&向上体験記をもっと見る

スクール21のよくある質問

よくある質問詳細ページ»
Q

入塾金や授業料について教えてください。

スクール21では、入塾金や講習入会金をいただいておりません。 授業料は、学年・コースにより異なりますので、資料請求いただくか、お近くの教室までお問い合わせください。BE studio等、入会金が必要になるコースがあります。 費用について詳しい資料を請求する 最寄りの教室を探す
Q

授業は何時から始まりますか?

クラス指導コースでは、小学生は17:00から、中学生は19:30(時期によって19:00)からの授業スタートになります。 個別指導コースでは、14:20スタートの回から20:40スタートの回まで6時限あります。 通塾曜日は教室により異なりますので、最寄りの教室にお問い合わせください。※玉井式学習プログラム、BE studio等、前述の授業開始時間と異なるコースもあります。 最寄りの教室の詳しい時間帯が知りたい方は、教室ごとのページをご覧ください 費用・時間帯について詳しい資料を請求する
Q

体験学習(体験授業)について教えてください。

クラス指導コースでは、お子様に一番適した実際のクラスで1週間分(週1~3日)の無料体験授業を受けることができます。 授業やクラスの雰囲気を実際に体感していただき、大切な塾選びの参考にしてください。 ※各教室の設置コース・時間帯、全教科で実施します。 ※季節講習期間中は実施いたしません。 ※体験クラスを決めるために、事前に無料の学力診断テストを受けていただきます。 ※個別指導は、1教科かつ1回分の指導を無料で体験できます。 無料体験学習について 無料体験学習を申し込む

お近くにある教室を探す

教室詳細の一覧ページ»
さいたま市にある教室
川口市にある教室
戸田市にある教室
蓮田市にある教室
久喜市にある教室
幸手市にある教室
北葛飾郡杉戸町にある教室
春日部市にある教室
越谷市にある教室
吉川市にある教室
草加市にある教室
八潮市にある教室
熊谷市にある教室
北本市にある教室
桶川市にある教室
上尾市にある教室
川越市にある教室
富士見市にある教室
朝霞市にある教室
所沢市にある教室
進学塾 
スクール21県立御三家合格専門教室  
北浦和校
048-789-7521
体験授業・資料請求・問合せ