School21

0120-024-774

私たちはスクール21で県立御三家に合格しました!

  • 県立浦和高校に合格した皆さんの体験記
  • 県立大宮高校に合格した皆さんの体験記
  • 県立浦和第一女子高校に合格した皆さんの体験記

2017年度入試で県立浦和高校に合格した皆さんの体験記

※2017年度入試で県立浦和高校に合格した112人の皆さんの中から一部の体験記を掲載しています。

I中学校 SDさん
「スクール21LOVE」
私はこの塾に入って沢山のことを学びました。その1つとして国語が凄く得意になりました。本番の入試では古文が自分の知っている内容だったのでとても解きやすかったです。これも塾で沢山の古文に触れることができたからだと思います。
また、理社については理科の先生の予想が全て的中、社会の先生が苦手だった公民を完璧にしてくださったおかげで本番では高得点を取ることができました。私の受検した浦高では、今年から学校選択問題が導入され、数学、英語はとても難しくなりました。
ですが、この塾で学べば大丈夫です。私は特別これらの2教科が得意なわけではありませんでしたが、数学、英語の先生のおかげで対応することができました。スクール21は私を子供のように大切に考え、様々なアドバイスをしてくださいます。先生方、とても愛しています。ありがとうございました。
N中学校 STさん
「奇跡の成績向上、そして感謝」
僕は、中学校入学前の春休みに入塾しました。小学生の頃は真面目に勉強しておらず、入塾テストの偏差値は56と浦高合格にはほど遠い成績でした。RクラスかVクラスかどちらを選んでもよいと言われ、親と相談して1Vクラスに入ることを決めました。そこでRクラスを選んでいたら、今の自分はなかったと思います。
その後、春期講習での40時間特訓を始め、通常授業やテスト対策授業を通して徐々に学力が向上し、1年の初めての定期テストでは学年1位を、また1年の終わりの北辰テストでは、偏差値72を取ることができました。2年になってもVクラスで授業を受けることができ、
1年の頃は天の上の存在だった周りの人たちもだんだんと手が届くようになっていきました。そして、3年の選抜テストではなんとZクラスに合格してしまいました。悔しい思いをしたこともありましたが、最後には念願の浦高に合格することができました。ここまで成績を上げ、
第一志望校に合格することができたのは、今まで支えてくれた家族や先生方のおかげです。本当にありがとうございました。
山尾 俊介さん(宮内中)
「確実に苦手をなくせた」
私がスクール21に入塾したのは中学校一年生のときでした。当時は、志望校について明確に考えておらず、なんとなく県立の高校に行きたいと思っていました。ところが一年生のときは成績が伸び悩み、
受験に関しての知識も無かったので、漠然と御三家は無理そうだと感じていました。
成績が安定し始めたのは二年生の二学期頃からでした。様々な問題を解くことで確実に苦手を無くしていき、得意な教科についてはより伸ばすことができました。志望校についても具体的な目標ができ、自分に合った方法で偏差値を上げられるようになりました。
今回受験という体験を通して、自分がすべきことを計画的にこなすということを学びました。高校でも沢山の目標を見つけ、自分のしたいことを見つけていきたいです。
<教室長より>
山尾くんは、とても真面目な生徒で、いつもコツコツと努力を続けてきました。中1でRコースからのスタートでしたが、見事最難関の浦高へ合格を果たした事は、後輩達の良い見本となると思います。高校でもしっかり頑張ってくださいね。
竹井 理久さん(宮内中
「2つの「良かった」」
僕がスクール21に入塾したきっかけは、姉が高校受験の際にお世話になっており、その姉に勧められたことです。入塾する前までは通信教材で勉強していましたが、受験のことを考え、2年の後半に通うようになりました。
僕はこの塾に入ってよかったと思うことが2つあります。1つはとても良い環境で勉強できたということです。1つの教科の担当の先生が2~3人いるので、疑問に思ったことをすぐに聞くことができ、また丁寧に解説してくれるので、しっかりと理解することができました。おかげで「分からない」「できない」ということを恐れずに学ぶことができました。
2つ目は志望校に合格できたということです。今年から始まった学校選択問題のための教材や模試なども充実しており、スクール21で身に付けた力を本番で存分に発揮することができました。この塾で学び、合格することができ、本当によかったです。
<教室長より>
竹井くん、合格おめでとう。苦手な教科が伸びず、苦労した時期もありましたが、最後まで浦和を目指し努力をし続けた事が、今回の合格につながったと思います。高校ではさらに大変な競争になると思いますが、頑張ってくださいね。
豊川 雄大さん(北本中)
「ツラいけど夢のようだった一年。」
私がスクール21に入塾したのは、三年生の初めでした。そのころは自分が浦和高校に合格することは全く考えられませんでした。でも、スクール21の御三家合同説明会や塾内での雰囲気を通して、自分は浦和高校に行くんだという気持ちが芽生えてきました。
夏期講習や冬期講習では、本当に信じられないくらい勉強しました。その中で学力はもちろん、受験という壁を乗り越えるために必要な強靭な精神力やメンタルを身につけることも出来ました。特に夏期講習では偏差値を63から71まで上げることが出来ました。本当に先生方に感謝の気持ちしかありません。
また、SUの仲間にも感謝の気持ちでいっぱいです。苦しい時もいつも一緒に頑張っている仲間がいたから合格を勝ち取ることが出来ました。
私はこの塾に入って本当に良かったです。この塾の先生方に感謝を伝えるためにも、浦和高校でどんなことにも全力で取り組みたいです。
<教室長より>
豊川くんは、塾に来た当初は、浦和高校も「行けたらいいなー」といった憧れの学校だったように思います。しかし、塾で浦和を目指す生徒たちとものすごい学習量をこなすうちに「浦和高校へ行く」と強く思えるようになったと思います。豊川くん、よく頑張った。これからもしっかり頑張ろう。
沼上 優太さん(富士見中)
「楽しい時間・辛い時間」
私は、第一志望校に受かるためだけに、スクール21に入塾しました。夏休みが終わったころからという短い期間でしたが、密度の濃い生活を送ることができたと思います。第一志望校に合格した今、私の心は希望で満ちています。しかし、その希望と共に緊張の気持ちもこみあげてきました。第一志望校へと導いてくれた熊谷教室の先生方に全力で感謝したいと思います。
スクール21での日々を振り返ると、個性的で面白くて、わかりやすい授業をしてくださった先生方が頭から離れません。自然と誰もが笑顔になるトーク術に驚いたことがあります。また、国語が不得意な私は、塾のテストで最低な点数を取ったこともあります。しかし、スクール21のテキストだけをしっかりと理解しきることだけを考えて学習したことで、基礎が確立されていきました。学校や塾の授業、テストの復習をするだけで、自然と点数が上がりました。
スクール21で学習した時間を忘れず、高校ではより高い目標を持って学びを深めたいと思います。素晴らしい経験を本当にありがとうございました。
青木 颯汰さん(富士中)
「本気で勉強すれば結果はついてくる」
僕は浦和高校に合格することができました。その要因は、やはりスクール21で勉強したことだと思います。僕は夏期講習からスクール21に入りました。初めの方は、受験生だという自覚がなく、あまり真剣に勉強をしていませんでした。しかし、夏休みの終わりにあった高校の説明会に行ったことで、「この高校へ行きたい」と思うようになり、真剣に勉強するようになっていきました。
習い事の空手に行く回数を減らし、塾のグループ指導を5教科受けることにしました。宿題は多くて大変だったけれど、それをこなすことによって力がつきました。家での勉強時間も増え、北辰テストや月例テストの結果も良くなっていきました。冬期講習では、1日に10時間以上勉強し、休み時間には同じ教室の人と楽しく過ごせました。入試当日は緊張もしたけれど、今まで勉強してきた自分を信じて問題を解くことができました。
本当にスクール21で仲間たちと一緒に勉強できてよかったです。
橋本 悠平さん(武蔵野中)
「合格の鍵は間違い直しノート」
私が志望校に合格することができたのは、間違い直しノートをつくったからだと思います。私は4月に入塾してから、北辰テストや月例テストなどたくさんの模試を受けました。そして、その度にたくさん間違えました。でも、初めのころは、間違えた問題をそのままにしていたので、同じミスを何回もすることがありました。
それを反省して、どうしようか悩んでいたときに、塾の先生から間違い直しノートをつくるように言われました。それから私は間違い直しノートをつくるようになりました。つくるだけではく、模試を受ける度にそのノートを見返すようにしました。結果としてミスを減らすことができるようになりました。受験本番の日もノートを見ました。
すると今までの自分の努力を感じて、「これだけやったから大丈夫」と自信をもつことができました。私にとって間違い直しノートは一生の宝物です。
山中 智貴さん(富士中)
「諦めなかったからこその合格」
僕は中学2年生からスクール21に入りました。3年生に進級しSUコースに入りました。夏休みまで部活動が続いていたため、塾との両立が大変でした。宿題もとても多かったけれど、それを乗り越えた2学期に学力が大きく伸びました。夏休みまでの頑張りが受験を左右させると思います。冬期講習でも1日10時間を目標として勉強しました。
3学期はおもに過去問を解いてその直しをしました。また先生に間違った問題のノートをつくると良いと教わったので、その通り間違い直しノートをつくりました。それを入試前に確認することで不安が消えたので、間違い直しノートをつくることは大事だと思います。北辰の結果が思うように出ず、志望校の選択に悩んだ時期もありました。
しかし、1年間勉強してきたことを信じて志望校に合格することができました。1年間スクール21で頑張れてよかったです。
井上 晃さん(富士中)
「私の転機」
それは中学2年の夏でした。私は通信教育をやめ、スクール21に入りました。そして半年間数学の個別授業を受けて、中学3年になって集団授業を受け始めました。
 北越谷教室の良いところは、先生方が面白く、授業が苦ではないところです。また、一見受験には関係なさそうなことでも、実はそれを覚えておくと、必要な知識の暗記に役立つというようなことも教えてくれました。おかげで暗記教科が苦手だった私も、逆に得意になりました。また、北越谷教室は少人数で面倒見がよく、一人ひとり細かく指導してくれるところも良いところだと思います。
 先生方が一人ひとりの弱点を本当に理解してくれていたので、本当に助かりました。ありがとうございました。
<担当より>
 入塾当初から、「好奇心」「向学心」が旺盛で、難しいことほど一生懸命取り組む姿勢が印象的です。かえって簡単なところでミスをしてしまうこともありましたが、入試本番ではきっちり実力を発揮して見事合格を掴み取ることができました。4月から念願の「浦高生」ですね。これからも難しい勉強に対して「ワクワク」する気持ちを忘れずに頑張ってください!合格おめでとう!
▲ページの先頭へ戻る
トップへ戻る