School21

0120-024-774

埼玉県立御三家を知ろう!

県立浦和高校の気になる評判!校風や進学実績について

浦和高校の気になる評判! その校風、進学実績について

浦和高校とはどのような高校なのでしょう。まずは概要を知りたいという方のために、浦和高校の評判や校風、そして大学の合格実績についてまとめます。

浦和高校のプロフィール

浦和高校はさいたま市浦和区に所在する県立高校です。全国でも有数の進学校であり、特に公立高校の中で東京大学合格実績がトップクラスであることで知られています。

1895年(明治28年)、旧制浦和中学校として開設され、戦後に新学制により埼玉県立浦和高等学校に改称されました。120年余りという長い歴史を有し、有名人を含む多くの卒業生を各界に送り出しています。

開学以来の男子校であり、略称の「浦高」は浦高生にも、地域の人たちにもそう呼ばれて親しまれています。また、進学校でありながら、部活動や学校行事にも全力で取り組む、“熱さ”を感じさせる校風です。

浦和高校には、4つの教育方針を表す言葉があります。

1つ目は「『守・破・離』の3年間」。浦高生となり、最初の1年は型を知って身に付け(守)、次にその型を破り(破)、最後の年には浦高生として自走して独り立ちし、自身の道を歩み始める(離)という意味が込められています。

2つ目は「世界のどこかで支える人材を育てる」。浦和高校はグローバル社会における真のリーダーの育成を“本気で”目指している、ということを表す言葉です。

3つ目は「尚文昌武」。浦高の教育の精神を象徴する造語で、文武両道の意味です。卒業生である宇宙飛行士・若田光一氏が2009年、国際宇宙ステーションで、この「尚文昌武」と書かれた旗を掲げたこともあります。

4つ目は「無理難題に挑戦」。これは飽くなき挑戦心を表す言葉と言えるでしょう。浦和高校には生徒の自主性を重んじるという伝統があり、常に自分たちで判断し行動することが求められます。自由闊達な精神と個性が重んじられているのです。

県立浦和高校の大学合格実績

東京大学への進学率が高いと言われている浦和高校の2017年度・東京大学合格者数は現役13人・既卒19人でした。過去に遡ってみると、2016年の同大学の合格者数は現役4人・既卒18人、2015年は現役12人・既卒15人、2014年は現役17人・既卒16人、2013年は現役20人・既卒26人となっています。

毎年、平均すると20人以上、多い年にはなんと40人以上もの東大合格者を出しています。これは、埼玉県だけでなく、その範囲を全国に広げたとしてもトップクラスの合格者数だと言えるでしょう。

他にも、一橋大学は現役5人・既卒6人、京都大学は現役7人・既卒9人、など、国公立大学への合格者は現役100人・既卒163人の合計263人もいます。

国公立大学への合格者をこれだけ出している要因としては、浦和高校の教育方針にあると言えるでしょう。生徒を勉強だけでなく部活動や行事にも全力で参加させることは、受験という大きな壁に真っ向から立ち向かう強い精神力を養わせ、合格への道へと繋がっていくのです。

医学部、有名私立大学への合格率も高いのが特徴です。

東北大(医)既卒2人、京都大(医)既卒1人、千葉大(医)既卒1人、筑波大(医)既卒2人、旭川医科(医)既卒1人、山形大(医)現役2人、群馬大(医)現役1人・既卒1人、新潟大(医)既卒2人、信州大(医)既卒1人、山梨大(医)現役1人、山口大(医)既卒1人、鳥取大(医)既卒2人、徳島大(医)現役1人、宮崎大(医)現役1人、福島県立大(医)現役2人・既卒1人、慶應義塾大(医)既卒1人、順天堂大(医)既卒1人、日本医科大(医)既卒1人、昭和大(医)既卒1人……と医学部へは多数合格者を出しています。そのほか早稲田大、現役66人・既卒92人、慶應義塾大、現役20人・既卒61人……と早慶上理に現役121人・既卒319人の合格者を出しています。

浦和高校についてもっと知りたい方は、

県立浦和高校の難易度と入試対策
県立浦和高校の校風を学校説明会や学校行事で確かめよう!
県立浦和高校の最近の部活動レポート

などのコンテンツもぜひご覧ください。

トップへ戻る