School21

0120-024-774

埼玉県立御三家を知ろう!

大宮高校の気になる評判!校風や進学実績について

大宮高校の気になる評判! その校風、進学実績について

大宮高校はどのような高校なのか、まずは基本的知識を押さえておきましょう。ここでは、大宮高校の評判や校風、そして大学の合格実績など、大宮高校の概要についてご紹介します。

大宮高校のプロフィール

大宮高校はさいたま市大宮区に所在する男女共学の県立高校です。教育方針に、進学校として躍進することを明確に掲げている学校であり、「チーム大宮」というスローガンがそれを象徴しています。
指導の基本方針は「授業中心」、「難関大学に現役で合格」、「勉強と部活動の両立」。普通科と理数科があり、通称は大高(おおこう)です。

入学するとまもなく、新入生たちは「オリエンテーション・キャンプ」に参加します。ビブリオバトル(知的書評合戦)、バーベキュー、クラス対抗校歌合戦、スポーツレクリエーションなどを通じて「チーム」としての結束を固める1泊2日の合宿で、これに参加して初めて大高生になると言われます。

大宮高校の職員室前の廊下には蛍光灯の付いた机が置いてあり、放課後にそこで生徒たちが先生に質問する姿がよく見られます。休み時間、昼休みも生徒の質問時間となっているほどで、こうした姿勢は予備校などに頼らず大学進学を果たすという同校の方針に沿ったものです。
実際に3年生の中で予備校に通う生徒はわずかのようです。また、生徒による授業評価や公開授業、研究授業にも意欲的に取り組んでいて、「わかる授業、確かな学力育成」を目標とした授業のクオリティーアップが図られています。

一方、部活動も活発。運動部・文化部合わせて47の部活動・同好会があり、ほとんどの生徒がこれらに加入しています。甲子園出場7回の野球部をはじめ、ボート部や水泳部も全国大会に出場。文化部では音楽部、棋道部などが全国大会、関東大会で活躍を続けています。

大宮高校の合格実績

大宮高校は以前から有名私立大学の合格実績に定評があり、ここ数年は東京大学など国公立大の合格者、進学者が増えていることで注目を浴びています。
2017年度の実績を見ると、東京大学に現役7人・既卒4人が合格、遡って2016年度の実績を見ると、同大学に現役6人・既卒7人が合格を果たしています。さらに遡ると、2015年の東大合格者数は現役7人・既卒3人、2014年は現役6人・既卒7人となり、コンスタントに10名以上の合格者が出ていることがわかります。京都大学も見てみると、2017年度は、現役1人・既卒6人合格、2016年度では、現役3人が合格、2015年は現役1人・既卒1人の合格実績を残しています。

他にも、2017年度は筑波大学15人、埼玉大学20人、千葉大学23人、東京工業大学9人の合格者を出しており、国公立大合格者数は合計でなんと185名(うち現役133名)に達しています。
国公立大の合格者がこれほど多い理由は、大宮高校が学校全体で積極的に国公立大への進学を推奨・推進し、生徒もまたそれに応えるための努力を続けていることの現れでしょう。埼玉県内、そして全国レベルでもトップの進学校になろうという意欲が結果につながっているものと思われます。
一方、有名私立大学の合格者数が非常に多いことも見逃せません。2017年の早稲田大学の合格実績では、現役67人・既卒35人合格し、慶應義塾大学では、現役18人・既卒13人合格という実績となっています。そのほかにも上智大学に現役24人・既卒6人、東京理科大学に現役85人・既卒50人合格、明治大学に現役105人・既卒30人合格、青山学院大学に現役23人・既卒2人合格、立教大学に現役50人・既卒13人合格、中央大学に現役45人・既卒22人合格、法政大学に現役51人・既卒20人が合格しています。

大宮高校についてもっと知りたい方は、

大宮高校の入試対策! その難易度(偏差値、倍率)と対策方針
大宮高校の校風を学校説明会や学校行事(文化祭)で確かめよう!
入学前に知っておきたい! 大宮高校の部活動とその実績とは

などのコンテンツもぜひご覧ください。

トップへ戻る